2012年11月26日 (月)

ニコンFM2

久々にフィルムカメラの仲間が1台増えました。

ニコンNewFM2。マニュアル露出、機械シャッターの1台です。電池がなくともシャッター切れます。気象条件に関係なく撮れるので山のお供には頼もしい1台。
最近めっきり安くなっていて、かつての名機がお手軽に買えてしまいます。
20121125nikonfm2

| | コメント (8)

2011年6月19日 (日)

オリンパスE-5

20110619olympus


わが家のオリンパス率がどんどん高くなってきた。コンパクトにつづいて一眼レフもニコンD700からオリンパスE-5に買い替えた。
D700はフルサイズのセンサーを持つ最高のカメラだったんだけど、なにせ大きすぎて持って出るのも大変だったので。
オリンパスはアウトドア志向なのでサイズも小振りだし、防塵防滴性能も優れている。さらにいうと私の好きな岩合さんも使ってるという宣伝に左右された部分もあるのでした…。

レンズはいま震災後の影響で生産がショートしているらしく、欠品中。中古で売られていた35mmF3.5というマクロレンズを購入。入荷はいつになるかわからないらしく、当面これでいいか…。

20110618roppongi

さっそく新しいカメラで撮ってみた。
六本木ヒルズから見えた景色。他の会社の人との交流会でヒルズの52階へ行ったのでした。

| | コメント (0)

2011年1月11日 (火)

新しいカメラ リコーGXR

20110110gxr

ずっと使っていたリコーのGX200でしたが昨年CCDに塵が入ってしまい、写真にシミのようなゴミがうつってしまうようになったためリコーで修理見積をしました。レンズ交換をする必要があって何と2万円くらいかかるとのことで、それならと買い換えました。

新しいカメラは同じくリコーのGXRで、レンズ交換ができるコンパクトカメラです。正確にはレンズ交換ではなくユニット交換なので、レンズとイメージセンサーが一体となった部分が外せるようになっている。基本セットみたいな28-300mmというレンズユニットとのセットが安くなっていたので、それにしました。GR用のレンズなども交換用として発売されていて興味深いです。最初は大きいと思ってあまり関心がなかったんですが、持ってみると重量感があって、握った感じも私の手には馴染みやすいようです。


20110110cat

いま京橋でグループ展をやっているので、近くにいる猫で試し撮りです。1年に1度会う猫ですが、久々に行って元気にしてるとほっとします。

私の参加しているグループ展
有頂展(うちょうてん)
1月16日(日)まで開催中です。場所:京橋 ギャラリーくぼた

| | コメント (2)

2009年1月19日 (月)

ニコンD700

20090119d7001_2グループ展も終わって、この時期になると新たな写真の意欲が湧いてくるんですよね。ってことで、まずはカメラ買い替えちゃいました。
買い替えのためにデジカメ用のズームレンズは全部売り払っちゃったので、レンズはMFしかない。最新のデジカメと25年以上前に買った50mmレンズ。見た目のコンビネーションバランスは意外に似合ってます。

20090119d7002普通のデジカメのフォーマットサイズでは焦点距離がレンズの数値の1.5倍とか2倍とかになるんだけど、35mmフルサイズなら、焦点距離はそのまま。いちいち換算しなくていい。そしてD700なら、MFの古いニッコールレンズでも絞り値を設定すれば絞り優先AUTOで撮影できる。何より一番使い勝手のいいのは、ファインダーが大きいこと。ピント合わせが楽です。

ニコンEMとD700、並べてみました。D700は手にした時の大きさ・重量ともに約2倍の親子って感じですが、実はEM 1980年生まれ、D700 2008年生まれで人間の親子ほどの年の差があるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

リコーGX200

Gx2001GX200が入荷したという連絡が入り、新宿のカメラ屋に行った。
カウンターで予約票を提出すると隣でレジをしていた外人さんもGX200を購入中。売れてますねー。
http://www.ricoh.co.jp/dc/gx/gx200/


使い勝手はGRとほぼ同じ。ボタンの配置やメニューの構造もほとんどいっしょです。レンズ上のブランドネームのところがGX100のときは「CAPLIO」だったのが、GX200では「RICOH」になりました。この部分が飛び出ているのがあまり好きではないのですが、液晶ビューファインダーというのを取り付けられるのがこのモデルのいいところ。ファインダー内は小さくて見づらいですが、上向きにもできますので、ウエストレベル撮影もできる優れものです。

ビューファインダー以外にもアクセサリーが多数用意されているのがまた通好みなところ。今回、ワイドコンバータレンズも買いました。アダプターとともにこれを取り付けるとなんと19mmレンズになります。(標準は24-72mm)
このカメラ、一眼レフなみに多彩な機能を持ってます。歪み補正、白黒撮影時の色調整、カラーと白黒の同時撮影等々。それに1240万画素。小さいけど、使いこなせるかなぁ。

Gx2002Gx2003Gx2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月31日 (日)

さらばGR DIGITAL

Ginzalion2年ちょっと前に買ったリコーのGR DIGITALですが、一度赤みの強い不良は補正してもらったものの、どうもこのカメラの色調が好きになれず、売ることにしました。フィルムカメラでしたらフィルムの選択で色は決まるのですが、デジカメの場合はそのカメラの映像エンジンで決まってしまいますので(色調補正は画像ソフトでできるというものの)、カメラの中枢部の性能が気に入らなければあきらめるしかありません。さらに言うと、余分なモノを捨て去った単焦点28mmがやっぱり不便で、身近なものをさっと撮りたい時にやっぱり50mm程度の焦点距離が欲しかったんです。


画質で言えばGRよりも、その前に使っていたコンタックスTVS DIGITALの画像が好きだった。PC画面でありながら、リアルな触感が伝わってきた。でもTVS DIGITALは進化を遂げぬままCONTAXブランドとともに消滅してしまったので、いまさら数年前のデジカメに戻るのもどうかと。もうスペックが古すぎて。

候補はいくつかあったが、機種変は同じリコーの新機種GX200にすることにした。
最終候補はシグマDP1か、GX200。シグマも捨てがたいが、ボディーの高級感の無さ、ズームなし単焦点(28mm)、焦点距離の長さ(30cm)という意味では、私の中でGXに軍配が。しかもGRIIに搭載しているスクエアフォーマットもあるし、最短焦点距離もリコー得意の1cm。ボディーはGRよりもちょっと格好悪いけど、スペックはなかなか。それに何と言ってもリコーのサービスセンターの人は親切なんです。それは何事にも替えられない。
でも…!。買いに行ったら在庫切れだったんです…。GRはもう売っちゃいましたが。GX200の入手情報はまた先になりそうです。

GR DIGITALの最後のショットは銀座7丁目のビアホールライオンです。
ここの雰囲気すごく好きです。もちろんビールもうまい。
GRの最初のショットも酒場でしたが、最後の1枚も奇しくも銀座の酒場でした…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

コンタックス月間(CONTAX G2とT3)

Contaxt3g2すっかり私の中では出番の少なくなったフィルムカメラ。
もともとたくさんある上に(推定13台?)、デジカメばっかり使っているので冗談抜きでカビが生えそうです。

Contaxg2t3そんなわけで、今月はコンタックスをたくさん使う月にしました。
コンタックス(&ヤシカ)での私のメイン機種はG2。スナップ写真には最高のカメラです。
私のこのブログ、解析で毎週上位に来る検索キーワードは「コンタックスG2」なんです。過去に1回書いただけなんですけど…。デルタ、ランチアで見に来る人はほとんどなし。まあ、ほんと車の記事書いてないですしね。

ところで以前の記事にも書いたんですが、とにかく使い勝手のいいこのG2、土曜日はこのカメラ片手に猫のスナップ写真撮りに出かけました。望遠はないので人が嫌いな猫ちゃんは撮れませんけど、45mmなら普通に猫スナップは撮れます。(まだフィルム残っているので未現像)
電源スイッチが非常に入・切しやすいところについているので、電源を入れてカメラを向けてシャッターを切るまでほんのわずかで撮ることができます。一眼じゃないからファインダー覗いてもピント合ってるか合ってないかなんてわからないし、気にせずばしばし撮れるところがいいところ。まあ、近くにピントがあってりゃいいってもんでしょう。
そうそう、21mmが欲しいんですけど、めったに売ってません。しかも売っていればいまだに高い。28mmと45mmの2本で当分がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

コンタックスT3

Cantaxt3以前から欲しかったコンタックス高級コンパクトシリーズ最後の機種、T3。
嫁の実家のお義父さんにいただいてしまいました!以前いっしょにこのカメラを買いに行って、しばらく使っておられたのですが、やはり時代の流れでデジカメになってしまい、出番がないとのこと。こうして私のコンパクトカメラ・ラインナップにまた1機種加わりました。

T3は大ヒットした元祖高級コンパクトカメラT2の後継機種で、いろんな面でT2の機能を改良したモデルです。当時としては評価も高いカメラだったのですが、ちょうどデジカメへと世の趨勢が移っていった時期なので、存在価値を失ってしまった悲劇の機種とも言えます。そしてコンタックスも京セラの決断により終焉を迎えてしまったのです。
このT3はT2に比べ短命だったこともあり、いまだに人気が根強く、当時10万円程度だった価格も、いま新品が売られていると18万くらいで売られていたりします。私のコンタックスはG2用の28mm(ビオゴン)、45mm(プラナー)にこのT3と、3タイプとなりました。厳しい光の状況の中でも粘り強く陰影を写し出すコンタックスレンズ(ゾナー)の力量をまたご次回紹介いたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

GRデジタルのアップデート

Gr080225リコーGRデジタルの良さは、その写りや本体の質感だけでなく、中味を最新のものに書き換えられるところにもある。リコーから追加機能が常に更新され、自身のカメラ本体にそれを入れることによって、カメラの機能が増えるのだ。つい先日も、GR DIGITALIIが発売されたことによって追加された機能を旧型GRにもインストールできるように新たなファームウェアが公開されていた。私のにもそれをダウンロードしてみた。
セピアで撮影するときの微妙な色調整や、ストロボ発光量の調整など4点くらいが機能アップされている。普通のコンパクトデジカメなら購入したときのスペックのままであるが、新たな機能や、不具合のあった機能などを調整してくれるところがこのカメラのすばらしく、そして良心的なところだ。
そんなところにリコーという会社の丁寧さがうかがえる。サービスセンターの窓口も親切だ。リコーはコピー機の会社だと思ってる皆さん、それだけではないですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

来た来た!

Nikond602予約していたニコンD60が発売予定日より1日早く出ました。さっそく中野フジヤカメラへ。まだ何も撮っていませんけどね。感想は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)