2014年2月22日 (土)

新たな家族

今日はニャンコの日ですね。うちにもこないだ青い目のちっちゃい子が来ました。名前はルルです。時々プルルルって鳴いてるのでルル。シャムっぽい雑種です。久々に遊び盛りな子が来て、毎日忙しいです。(遊んだり、追っ払ったり、叱ったり。)

20140222ruru2

20140211cat

20140222ruru1

| | コメント (5)

2012年7月23日 (月)

ハナの旅立ち

わが家で約17年間連れ添った猫のハナが7月22日夕方亡くなりました。

20120722hana


大阪に住んでいた頃に飼い始め、東京に引っ越し、さらにいまの家と、2回の引っ越しを共にしていた猫です。マンションなんで、外に出ることもなくいつもいっしょにいたわけで、既にいないのがなんか不思議でもあります。

うちに来たのは1995年の10月。私が家に帰った時、そのとき家のあったちゃぶ台の下で神妙な顔をして座っていたのをいまでもはっきり憶えています。嫁が昼間に連れてきてたわけですが、顔がかわいくって、すぐに好きになりました。

小さい頃は運動神経抜群で、ジャンプ力なんか他の猫よりも飛び抜けていました。ふすまと壁を囲んでくるっと回れる形の家だったので、かくれんぼしながらよく遊んであげたものです。その分、家を破壊することも多かったので、ふすまや壁やソファ、どれだけお金を使ったか…、なんていうのももう思い出になってしまいましたね。

2ヶ月くらい前までは普通に元気だったのですが、最近は食が細くなったり、痩せてきていたので、もう年なのかなくらいにしか思ってなかったのですが、昨日出かけて家に帰ってみるとお風呂場で倒れていて、体も少しぬれた状態で、もはや息も絶え絶えの状態に。あわてて座布団に寝かせてあげて呼びかけてあげたのですが、けっきょくお医者に連れて行ってあげる間もなく息を引き取ってしまいました。

これほどまでにあっけなく、そして急なお別れをしなくてはならないとは思いもよらず、最初は呆然としてしまいました。何せこれまで医者に行ったのはうちにきた直後の最初の年と、つい1年くらい前に膀胱炎で1回だけ薬を飲んだ、2回だけだったんです。それくらい病気には無縁の猫だったので20年以上生きるだろうくらいに考えていました。なのに、こんな突然な別れになってしまうとは…。でも、最後に瀕死の状態でしたが、何とか生きていたのは、家族が帰ってくるのを待ってたんではないかと思うとほんとに偉かったねぇと言ってあげたいです。平日だったらもっと帰りが遅くて間に合わなかったかもしれません。それが日曜日だったのもきっと神様がそうさせてくれたに違いありません。


今日、午後火葬してあげました。焼くときには大好きだった海苔と缶のご飯(ふだんはカリカリだった)を入れてあげました。骨も真っ白でいかに健康だったかがうかがえました。

これを読んでいただいた方には実際にお会いいただいた方もいらっしゃると思いますが、ほんとに他人のお客様には姿を見せない臆病な子でした。反面、私がソファに座ると必ずひざに乗ったり、食事をしていると隣の椅子に座って来たり、家族とはいつも生活を共にしていたハナ。別れて先に旅立ってしまいましたが、私と家族の胸の中に生き続けてくれることと思います。


さようなら。

| | コメント (4)

2010年6月28日 (月)

ハナ・ボタンが来ました

20100627hana


20100627button


前にご紹介した佐山泰弘さんの個展で製作いただいたハナとボタンの人形が届きました。
粘土で製作されているのですが形も着色もとってもお上手で実にリアルです。それでいて可愛く作られているのでなんだか笑ってしまいます。
ハナのとなりにある招き猫達は私が送った写真がまさにそうなっていて、招き猫の横で鏡を見ているハナの写真を忠実に三次元化されています。ボタンはくつろいでいるところですが、現物より少しスリムに作られていてほっとしました。太ってる分、粘土代が高くつくって言われるかもと思っていたのですが…(笑)。

その他に佐山さんの「うちの猫(コ)たち」コーナーで展示されていたのはこちらです。
http://sayamaneko.at.webry.info/201006/article_2.html

20100704hana_220100704button


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

猫の造形作家・佐山泰弘さん個展

20100609sayama

猫の造形作家、佐山泰弘さんの個展のご紹介です。
佐山さんは猫好き、招き猫好きの皆さんにはよく知られている作家さんですが、ご自身の猫みーちゃんがモデルの粘土作品がとってもかわいいです。
http://homepage2.nifty.com/workshop-tamaya/index.html


毎年開催されている銀座ボザール・ミューでの個展をご案内いたします。この個展の中で「ウチの猫(コ)プロジェクト」というのがありまして、何と今回、私の家のバカ猫2人の作品を作ってもらっています。
どんな作品になるかは作家さんにお任せなので、私もどんな風に仕上がっているかわかりません。でもかわいい猫の表情を美味くとらえる佐山さんのこと、きっと実物以上に素敵な仕上がりになっていることと思います。
お近くにお越しの際にはぜひ佐山泰弘さんの個展へお越しください。

20100609hanabottan

ハ「わてらの人形ができるらしいでぇ」
ボ「そうなにょ?猫なのに人形なの?」
ハ「・・・ん、ね、ねこ形や。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

京橋の猫

20100117kyobashiグループ展は無事に終了。本日は撤収をいたしました。
展覧会を毎年開催する京橋は隠れた猫の街。ビルとビルとの間の細い路地に、あちらこちらに猫がいます。首輪をつけている子もそうでない子も。おそらくこの界隈にお住まいの方か、お店の方がご飯をあげているものと思われます。週末は閉まっている店も多いので、猫の姿も若干減ります。どこかに入って寝ているんでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

午前2時の猫

Hana1231猫は夜どうしているのか、猫を飼っていない人にはわからないと思いますが、通常人間といっしょの時間に寝ています。(ときどきご飯食べたりしていますが)
Button1231

今日は私が起きているので、なぜかみんなも起きています。何時かと思ってふと時計の方を見ると、ハナがこちらを見据えています。一瞬置物かと思ってしまいました。
一方、ボタンは私の足下からこちらの顔を見上げています。パソコンに向かっていると何か気になるようです。
人が寝るといっしょに寝るんですけど、なんだかんだみんな起きてます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

むち打ちじゃないヨ

Button0821ロケット姉ちゃん(※)の真似して、梨についていたアミアミを巻いてみました。意外にやじゃないようです。

ハナも羨ましそう?

※実在の姉

Buttonhana0821

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

ご飯待ち

Hanabutton0713週末も会社←→うち←→スーパー程度の行動しかしていないのでネタがありません。こんなんでしばしおくつろぎください。

必要以上に丸い目で凝視しているのは、無理にカメラ方向に目線を引きつけているからに他なりません。
m(_ _)m

まったくと言っていい程、デルタには乗っていません。なぜなら暑いからです…。
まあ、毎年暑いですが、今年はいっさいクーラーが効きません。
一方、パオは普通にクーラーが入ってます。涼しいです。
近況と言えば、ユピテルのカーナビ予約しました。レーダーと一体になる最新版です。
K’s○ンキで特価でしたので駆け込んだんですが、商品はなくなってました。
来週あたり届きますので、久々に車ネタ行ける気がします!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

これ、ぬゎ〜んだ。

Button080603真っ黒で、まん丸で、しっぽがあって、耳があるもの、なーんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

あたいもすみません

Button080513いつもいつも寝るとき場所取っててすみません。
いつもいつもご飯ばかり食べてすみません。
いつもいつも遊びたくって、おもちゃ持って人のそばで待っててすみません。
いつもいつも毛づくろいするのに太っててあんまり舌が周りに届いてなくてすみません。


って、思ってますきっと。
でも本人は腹舐めてるだけです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧