2011年11月20日 (日)

さよならベスパ

20111120vespa


パオに引き続きベスパも本日処分されていきました。
ずっと会社の先輩に借りてたものなんですが、動かなくなって久しく(つまりほったらかし)、ようやく踏ん切りをつけて廃車とすることにしました。
たしか80年頃に買ったと言っていたのでもう30年ですね。あまりに年季が入りすぎて最後は前ブレーキもほとんど効かない状態でした(いつもペダル式のリアブレーキだけ使っていた)。あとガソリンタンクの密閉性が悪いらしく、給油してもすぐ蒸発している状態。正直、危険物となっていたので、やむを得ないのですがね。パオ同様、何となく寂しい感じでしたが、あっという間にドナドナされて行きました…。

| | コメント (6)

2008年9月28日 (日)

MotoGP第15戦inツインリンクもてぎ

Twinringmotegi仕事の取引先から招待券をもらったので、MotoGP世界選手権シリーズの予選を見に行ってきました。場所はツインリンクもてぎ。一度だけいったことはありますが、レースは初めてです。
でもバイクレースの知識は全くなし。どこのチームがいま強いのかも知りません。

Motogpとりあえず仕事で関わりのあったKawasakiを応援したいところですが、パンフを見たところどうも強くないようで…。
席は自由なので、どこからも見られますが、私の望遠レンズではここが限界。通常の観覧席では写真には無理がありますね。

250ccクラスの後、MotoGPクラスを見ましたが、やっぱり800cc。サウンドの迫力、加速が全くの別物です。
けっきょくフィアットヤマハチームのロッシ選手がポールを獲得しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

ベスパに力つきる

Vespa070225今日はベスパに乗るために力つきた。
なぜなら、まず乗ろうとしたらガソリンがない。ガーン。一番近くのスタンドまで押して行くことになった。途中橋があり、橋の真ん中辺りまで、緩やかだが登っている。普段なら何のことはない500mくらいの道、えっちらおっちら押して行く。
給油後、無事エンジンがかかり、ホームセンターまで行く。買い物をして、帰ろうとしたらエンジンがかからない。さっきまで乗っていたのにー。何度キックをしてもあかんので、押し掛けしてみる。二度三度やってみたが、ダメ。でも近くにピアジオの看板を出している店があるのを知っていたので、また400mくらい押して行く。
スクーターとはいえ、金属をふんだんに使った200ccのバイク。かなりこたえた。
あとは店が閉まっていなければ良いが。と思いつつ、「あいてて、よかったー。」
プラグを交換してもらい、無事帰途につくことができました。

1週間分の体力を使い果たしてしまいました…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

ベスパP200E来る

Vespap2002
Vespap200ベスパP200Eが来た!そしてとうとうイタリア車6輪生活。
SRXを失ってから、次のバイクをずっと検討していました。ベスパを買おうといろいろショップの情報を見たりしていたのですが、どこにもない! 50ccならあるんですけど、150とか200とかはまず出て来ない。
そんな中、会社の人と飲みに行った時に「おれベスパ乗ってるんだよ。最近もう乗ってないからどう?」って、言われたんです。もちろん即OK。買い取るわけではなく、無期限レンタルで借りてきました。
年式は何と84年式。ボディもそうとう錆びてます。でもエンジンはキック一発でなかなか快調。2ストのいい音がしてます。今日は埼玉から私の自宅に乗って帰っただけですが、ベスパ特有のグリップシフトにはまだ慣れず、途中何度もエンストしては、キックでエンジンかけなおすことに。ブレーキはリアしか効かないし、慣れるのはまだちょっと時間がかかりそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

BIKE or BIKE?

Balenogbヴェスパのことをしばらく考えていたのだが、もう一案が浮かぶ。ロードバイク…。この手もあるか。
しばらく自転車にも乗っていないし。せっかくうちの裏は川だし、走り放題だ。
初めて自転車雑誌を手に取ってみると、イタリアン・バイクの中にはかなりカッコいいモデルがある。ビアンキくらいは知っていたが、コルナゴ、ピナレロ、デローザといったあたりがメジャーメーカーらしい。写真の鮮やかなブルーのジオスというのも伝統あるブランドのようだ。あとはあの、ピタっとしたウェアと、ちょこんとしたヘルメットが自分に似合うかどうかだな。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

これっきゃないでしょう。

Yusaku傷も癒えぬうちによからぬことを考えています。
次のバイクを何にするか、そんなことばかり浮かんできてしまう。

でも、答えは1つ、これっきゃない。
あんなんも、こんなんも気になるんだけど、やっぱり中学生の頃から乗りたかったこれだ。「ベスパPX」。

保険会社からの連絡によると、SRXの補償金額は私の購入価格以上。それ以外の保険金も入ればきっと買えるはず! 昔と違っていまのベスパは計量カップでオイルを計って給油の度に入れる必要もないし、ちゃんとディスクブレーキまで付いてる。ブレーキはやっぱりちゃんと効いてほしいしね。

ランチア+ベスパの超イタリアン6輪生活。
最大の難関は嫁さんを説得できるかどうか!?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

ウィンカーがもげてた

Srxwinker先日久々にバイクの様子を見てみると、夏の日差しにフロントウィンカーがもげてました(根っこがゴム製)。半年ほど前、リアウィカーがやはり両方もげていたので、ゴムの寿命がきているのでしょう。ハンドルロックをかけると、右フロント部分が若干駐輪場の日よけから外に出るので、直射日光が当たるためです。そのため、左ウィンカーの劣化は進んでいません。約5000円で新品と交換しました。
SRX400は90年式、デルタは93年式。バイクはデルタのように部品不足の状況にはなっていませんが、ともに10数年を迎えた車で、共にいろいろな箇所が入れ替わり立ち替わり劣化していく、今日この頃です…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

ひさびさに乗ったのですが

Srxデルタがない時くらい、バイクに乗らなくては…ということで、バイクで会社にでも行こう(休日ですがちょっと用事があったので)と思って、甲州街道をしばらく走ると、何とエンジンが止まってしまいました。バッテリー切れか!と思いきや、単なるガス欠でした。(> <)
ところが久々に乗ってリザーブタンクだったことをすっかり忘れており、実はまったくの空っぽ状態。幸い1kmも行かないところにスタンドがあったので助かりましたが、思わぬところで体力を消耗していまい、会社行きはあきらめ、近くにいたのでデルタの修理具合の様子を見に行くことにしたのでした。
次につづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

SRX日和

Srxrear近所のチョイ乗り専用と化しているSRXですが、それすら使われていなかったこの3ヶ月…。最近やっとクモの巣を取り除き、空気を入れて乗れるようになりました。心地よいシングルエンジン+アルミを多用した軽量車体+飽きのこないデザインで、10年以上経った今でも私の中では唯一無二のバイク。スペック上の馬力はありませんが、走らせるとなかなか速い車です。
シングルエンジンは後ろから見ると細いですねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

アキラのバイク

Akiraこちらはホンモノ…っていうか「アキラ」の方です。バンダイのポピニカ魂(要は超合金?)です。重量感はなかなか。20年前くらいにこのバイクを見た時から、カッコイイと思いましたが、いまだにそう思えるのはよく考えるとなかなかスゴイですね。こんなのを買っていると、ヨメに叱られます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧