2013年9月29日 (日)

あの日の夕焼け

9月16日、台風一過。この日、いい夕焼けが出ましたね。

P9167928
P9167929
P9167931
P9167932
P9167933
P9167935

| | コメント (0)

2013年4月29日 (月)

零戦を見る

最近、百田尚樹氏の永遠の0を読んだので零戦に熱くなっています。
そしてさっそくですが、3月まで公開していてその後期間延長になった所沢航空発祥記念館での動態零戦展示に4/27に行ってきました。→航空技術100年展

初めて行ったのですが、うちから約1時間、こんなのあったんだという感じです。しかも所沢が日本で最初に飛行場ができた土地で、飛行機にゆかりのある土地だったなんて全く知りませんでした。
航空公園駅を降りると、いきなりYS11機がおもてに展示されていてびっくり。
20130427tokorozawa
駅から10分程歩くと航空発祥記念館があります。そこにもこんな飛行機の展示と石碑が。石碑には所沢に初の飛行場が設置された謂われなどが刻まれています。 
20130427tokorozawa2
20130427zero7

いよいよ中に入ると零戦の展示があります。戦時中サイパン島で接収された機体が本土に運ばれ、テスト飛行など研究され尽くしたのち、戦後アメリカのクラブが買い取ったそうです。ほとんどがオリジナル部品で、しかも世界で唯一飛行可能な状態で保存されている機体です。
20130427zero1
もちろん飛んでいるところが見てみたいですけどね、そんなことをしたら近隣諸国から何が飛んでくるかわからないですから…。3月にはエンジン始動のイベントがあったようですが、その時はまだこの展示のことすら知りませんでした。

この52型は零戦の中でも後期に作られた改良型です。全部でのべ10000機以上が生産されたそうです。当時の乏しい資源にしてはけっこう作ったんですね。後ろ姿も美しいです。特攻攻撃で多くが失われたと思うと残念ですね。
20130427zero2
20130427zero5
20130427zero9

風防は閉まっているのでコクピットの中は見えません。操縦席からどのように敵機が見えるかは別の手事物がありました。
20130427zero3
20130427zero4
20130427zero10

零戦乗りで撃墜王として有名だった坂井三郎さんのサインです。戦後は会社社長をされてたんですね。永遠の0にも名前が登場されます。
20130427zero6

展示されている姿勢の中で一番美しいと思われるのはこの辺でしょうか。駐機した状態では上を向いているので、真正面からの姿が確認できないんですよね。本当は飛行している状態を前から見たらかっこいいんですけどね。
20130427zero8

おまけ(所沢飛行場の歴史)
20130427tokorozawa3

| | コメント (6)

2013年4月10日 (水)

歌舞伎座

待望の歌舞伎座こけら落とし興行が始まりましたが、さっそく4/8(月)に行ってきました。 

この日は会社を午後半休し、第二部を見ました。演目は白波五人男で出演は菊五郎さん、吉右衛門さんなど、後半の演目は玉三郎さんなどです。私は勘三郎さんのファンだったので、団十郎さんとともに大御所が亡くなられたのが残念で仕方ありません。この場にいたかったでしょうね。。ご本人も。

建物も見るのがこの日がはじめて。昔そのままの形で建てられたんですね。ちょうど入れ替わりの時間なので人がすごいです。
20130408kabukiza2

館内の造りもほぼ以前の通りでビックリしました。違うのはイスの間隔が広くなったこと。少しは荷物尾を置いたり、足を伸ばしたりしやすくなりました。以前はエコノミー席かというほど前との間隔が小さかったですから。そういえば撮影で紀信氏が後ろに来ていましたね。大きなレンズで芝居を撮っていました。
20130408kabukiza

しばらくこけら落としの間はお値段がお高くて、なかなか見られたものじゃありませんが、なかなか楽しかったです。おみやげは歌舞伎座手拭い。
20130408kabukizatenugui

| | コメント (2)

2013年3月31日 (日)

千鳥ケ淵(2013春)

ほとんど毎年見に行ってますが、今年も仕事の途中で立ち寄り桜を観賞してきました。

桜は数あれど、やっぱりここで見る桜がいいです。下から仰ぎ見る桜ではなくて、対岸にあるからかな。

20130328sakura

しかし3月で終わってしまう年もあまりないですねぇ。

20130328sakura2

| | コメント (2)

2013年2月 9日 (土)

久しぶりの大阪

昨日は昨年夏以来の大阪出張。しかも大阪に住んでいた時も行ったことのない泉大津。前日入りした私は、せっかくなので大阪のチンチン電車に揺られに行きました。

ふつうなら泉大津へは、難波駅から南海電車に乗れば30分ちょいなんですが、あえて天王寺駅からこの電車。阪堺電車といいます。

20130208osaka1


空いているのかと思いきや、けっこう通勤通学に乗る人がいて混んでるんですねぇ。
20130208osaka

木造車両なので、車内ももちろんレトロ感満載。でも暖房は効いててあたたかい。なにせこの日の大阪、朝1℃で、小雪も舞ってるくらい寒かった!
20130208osaka4

チンチン電車には終点の浜寺駅前まで乗り、そこで南海電車に乗り換えます。
20130208osaka7_2

南海電車の浜寺公園駅もこの通りレトロな駅舎。聞くところによると東京駅を設計した辰野金吾が東京駅より前に設計した建物のようです。どうりで風格がありすぎます。20130208osaka2

待合室もごらんの通り、いい味わいがあります。ちょっとした旅行に出かけた気分。大阪市内からわずかなところにあるのですがね。出張とは言え、楽しませてもらいました。
20130208osaka5

| | コメント (6)

2012年11月27日 (火)

夜景で紅葉

山の方はもう終わりですが、都内では紅葉が見頃になっていますね。

私は紅葉のない屋久島から、一気に雪の立山へと移動していたので、紅葉写真は撮らずじまい。近所の高幡不動尊にて、ライトアップのもみじと五重塔を撮りました。もちろんデジカメです。
20121126takahatafudo
普段点いてない五重塔の行灯がいまなら灯っていて綺麗です。
20121126takahatafudo2
By OLYMPUS E-5

| | コメント (2)

2012年10月 2日 (火)

特撮博物館

9月30日に東京都現代美術館で開催中の(といってももうすぐ終わりですが)「館長庵野秀明 特撮博物館」へ行ってきました。10時の開館時間に行ったのにすでに入り口は長蛇の列。入場に30分くらいかかってしまいました。驚くべき人気。ほとんどが男性、しかも30代以上が多かったように思います。

残念ながら撮影可能箇所が限られているので、最後の特設ミニチュアセットの写真になりますが、展示物は昭和30年代頃の特撮宇宙ものに始まり、ウルトラマン、それに続くヒーローもの、ゴジラ、そして今回の目玉の巨神兵などです。撮影で使われたミニチュアを中心に、ラフやさまざまな原画などが展示されていて、懐かしさとともに当時の撮影の工夫に関心させられる展示でした。

立っているのは会場で上映中の「巨神兵東京に現わる」監督の樋口さん。この短篇映画のメイキング映像がまた面白かった。ホントに楽しそうな現場。

20120930tokusatsu3


30分くらい並びましたが、ミニチュアセットが撮り放題。

20120930tokusatsu


破壊された建物がまたリアル。

20120930tokusatsu2


撮影小物も素敵! あ、これホンモノじゃないですから。

20120930tokusatsu9


勝手に図録から拝借。ダントツはやっぱビートルですかね。かわいらしいのにかっこいいです。

20120930tokusatsu5


あ、これオスプレイじゃん、てのが展示物でいくつかありました。当時の創造力のクオリティの高さを感じます。

20120930tokusatsu6


この頃、こういうドリルものの地底掘削車、多かったですよね。何でですかね。たしかに少年の心を惹き付けるものがありました、このドリルには。

20120930tokusatsu7


小松崎先生の原画、超うまかったです。意外に小さくて驚きました。プラモデルの箱の大きさ程度です。

20120930tokusatsu8


けっきょく10時入場で、出たのは14時。くたくたになりましたが、かなり見応えのある展示でしたね。ホントはもう少し空いてる中で見たかったけど。

| | コメント (4)

2012年6月10日 (日)

今日の空

20120610


何だか天気予報のタイトルのようですが、最近山その他に出かけていないので書き込む記事と写真がないんですよね。

今日はお昼前には積雲があって、東京でありながら南国のような空でした。積雲が発達して積乱雲になるようなので、夕方はお約束通り夕立が降りました。分かりやすい天気。もうそろそろ梅雨入りなのでしょうか。

20120610fukudaheihachiro

午後からは、山種美術館の「福田平八郎」展へ。このチラシの「雨」は後期の展示作品なので見られませんでしたが、私の好きなグラフィックデザイン的シンプルな日本画で、楽しめました。あまりストーリー的な絵よりも単純なものが好きなのです。

20120610shinjuku

久しぶりにコンタックスのデジカメを持って出たので、せっかくなので一枚だけ。

新宿ヨドバシカメラ前の工事現場のクレーンです。無機質的でかっこいい。

| | コメント (2)

2012年5月22日 (火)

奈良へ その2

明日香村では、一番人気の遺跡の1つ、石舞台古墳にも行きました。

20120518asuka4


石舞台の中は入れるようになっていて、その大きさが肌で感じ取れます。なんと使われている石の総重量は2300tとのこと。近くに大きな川もないこの地でどうやってどこから運んできたのかな?と思ってしまいます。昔の人はすごい!


20120518asuka5

昔はこの上に乗ったりしてみんな遊んでたようですけどね、いまは禁止です。
とにかくこの辺りの遺跡は普通にそこいらの家の庭先みたいなとこにあるので、地元の皆さんはほんとに身近にかんじてるようです。私を案内してくれた方もふだんボランティアでこの地域を案内されています。ちなみにこの遺跡は蘇我馬子の墓と言われてるそうです。そがのうまこ、懐かしいー。


20120518asuka6

その馬子の孫が蘇我入鹿ですが、大化の改新で入鹿が暗殺されたときに遥か遠くからここまで首が飛んで来たという伝説でこの首塚が建っています。飛鳥寺というお寺の裏で、田んぼの真ん中にある石塔です。まったく確証はないようですけどね。そう伝えられるからには何か理由があるのでしょうね。

この辺りは秋になるとヒガンバナが綺麗です。ずーっと昔、バイクのこの近所を散策したのが懐かしい。

この以外にも高松塚古墳に行きましたが撮影禁止のため写真がありません。もっとも壁画は現物が封印されているため見られるのは複製品ですが。

| | コメント (2)

2012年5月21日 (月)

奈良へ

5月18,19日と奈良へ行ったのでした。
金曜日はフリー、土曜日は仕事。

フリーの日に行ったのはもう15年以上前にお世話になった上司のいる橿原市。そしてそこから飛鳥へと連れて行ってもらったのでした。飛鳥に行ったのはまだ大阪に住んでいた20年くらい前。ほんとうに久しぶり。

20120518asuka1

まだ水が張られていないのが残念ですが、棚田で有名な明日香村。もう少しすると棚田を撮るカメラマンがたくさん来るそうです。まだ早かったですね。

20120518asuka2

比較的最近に見つかったという亀型石造物。亀の形をしています。何かの儀式に使われたということですが、実際なんに使ったんでしょうね。掘り出されたときは真っ白い石だったようですが、少し黒ずんでます。

20120518asuka3

こちらは亀石。大きいです。普通の家の横にあります。


20120518nara

帰りは京都までJR。これがけっこうなローカル線。いまもなお103系。なつかしい!

| | コメント (4)

より以前の記事一覧