2013年5月 6日 (月)

長崎の旅(3日目)

長崎最後の日は再び市内観光。博物館などを訪れたりしました。

最初にいったのは龍馬の作った亀山社中資料館。本当に建物があったところに再び資料館を建てたそうです。風頭(かざがしら)山というところにあり、けっこう高台を登った上にあります。眺めはこんな感じ。(資料館の写真はなし)
20130503keshiki
周辺では龍馬風に写真を撮る場所がお決まりになっていて、こんな台を何度か見かけました。こちらは龍馬の写真をとった上野写真館のあった場所のようです。
20130503nagasaki2

つづいて向かったのは、長崎歴史文化博物館。最近建ったもののようで、施設も広さも立派です。昔長崎奉行所があった土地のようです。入り口では龍馬がお出迎え。
20130503nagasaki7

中では奉行所の間取りを図面通りに再現しており、おさばきの様子を寸劇で見る事ができます。地元のボランティアの方の出演だそうです。演劇経験のありそうな方と、そうでない方がいて面白い。
20130503nagasaki5

館内は長崎にまつわるいろいろな展示がけっこうお金をかけて作ってあり、興味深かったです。(ただし嫁が興味ないためゆっくり見られませんでしたが)
眼鏡橋の作り方(こんな模型が多い)。
20130503nagasaki6

お昼はトルコライスです。長崎名物ということになっていますが、こちらの友人は食べた事がないというので、真偽の程が…? こちらのお店ではカレーピラフ+スパゲッティ+トンカツ+カレールーになっていました。その辺の組み合わせはお店によってそれぞれという感じのようですね。
20130502torukorice

そしてアーケード街の中にある喫茶ウミノのミルクセーキ。こちらも地元の友人にお薦めされた店で、非常にレトロな感じに店内装飾とメニューでした。いま風なメニューは1つもない!でもお味は抜群でしたよ。そういえば長崎にはスタバ的な感じのコーヒーショップがほとんどありませんでした。昔ながらの純喫茶が多かったですね。
20130503milkseki

お次ぎは二十六聖人殉教地の碑。キリスト教弾圧で死罪となった方達が葬られているようです。
20130503nagasaki10

最後に眼鏡橋と、カステラ屋。3日間とも天気はよかったのですが、この日から4連休のため人通りも多かったです。この川の周りで皆さん休んでいました。カステラ屋さんは数あれど、どこにするか迷っていたら、先ほどの殉教地の碑の前でうろうろしてたおじさんがカステラ屋なら匠寛堂(しょうかんどう)がいいよとのこと。文明堂や福砂屋は東京でも売ってるからね、ということでなるほどと言ってご指示に従いました。なんなら車で乗せてくよと言われましたがそれはご遠慮させていただきました。(こちらでは観光案内したがる年配の方が多いようです)
20130503nagasaki8
20130503kasuteraya
20130503kasutera皇室献上品の商品は3990円でしたが、あまりに高いので五三焼きの小さいの(1370円)にしました。いくら日持ちすると言っても二人じゃそんな食べられないですからね。


そして電車で長崎駅へと戻りこの旅は終了。赤いチンチン電車もかわいいです。
20130503nagasaki9

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

長崎の旅(2日目)

長崎旅行の2日目は、今年初の島旅。五島列島の福江島へ行きました。福江島へは高速船かフェリーで行けるのですが、甘く見ていたら帰りの高速船は満席とのこと。とりあえず向こうでキャンセルが出る事を期待して、片道切符で行きました。

20130502nagasaki0

島の中では車で移動。レンタカーを借りました。目的地は島に点在する隠れキリシタンの教会です。そして海沿いの道を走っていると、美しい入り江。こんなところで一日本を読んでみたいですね。
20130502nagasaki1

ここで車をおいて教会まで歩きます。こんな看板が。
20130502nagasaki2

この先にあるのは、れんが造りの教会、堂島教会。長崎のこんな小さな島にヨーロッパからはるばる神父さんが来ていたんですね。神を信じる力ってすごいです。隠れキリシタンの人々を見つけ出し教会へ集めたそうです。いまは教会とともに資料館にもなっています。
20130502nagasaki3

次なる教会はさらに車で20分程行った水ノ浦教会。こちらは木造の真っ白な教会です。
20130502nagasaki4_2

教会内は基本的に撮影禁止なんですが一枚だけ。貝といえば、昔はミサの合図に近所の人を集めるにホラ貝を吹いたとか。いまは使わないでしょうけど。
20130502nagasaki5

さらに海沿いに車を走らせると、突然真っ白な砂浜と真っ青な海。まるで沖縄かハワイに来たかのようです。白から群青へのグラデーションがとても美しい遠浅の海。こんなところで泳いでみたいですねぇ。もちろん夏は海水浴場ですよ。
20130502nagasaki7
20130502nagasaki6

つぎなる目的地は鬼岳。福江島にも山はいくつかありますが、どれも300〜400m程度の低い山。でもこの山も火口の残る元火山です。草が生えてて分かりにくいですが、くぼんだところは火口だったところです。このような形で噴火口の形状が残っている山は珍しいそうです。

20130502nagasaki8
20130502nagasaki82

やっぱり男の子が生まれると盛大なお祝いをするんですね。何匹連なっているんでしょう。特大から特小まで!
20130502nagasaki9_2

帰りはけっきょくキャンセルが出て、無事に高速船で帰ることができました。高速船なら1時間半で着くところ、フェリーだと3時間くらいかかるんです。夜は友人と待ち合わせがあったのでよかった…。
20130502nagasaki10_2

晩ご飯はお魚料理をリクエストしていたので、友人と嫁と三人で思案橋の繁華街の方へ。五島出身のご主人が切り盛りする小さい料理店で魚料理を堪能しました。上から、刺身盛り合わせ(水イカ、ヒラマサなど九州の特産)、うつぼの唐揚げ(とろけるような白身が美味!)、あげまき貝の焼きもの(味はしっかりしてる)、厚い皮のふぐがそのまま器になってる箱ふぐ焼き(肝と身をよく混ぜて食べる日本酒に最高な料理)、締めは五島うどん(細くてそうめんみたい)
20130502sashimi
20130502utsubo
20130502agemaki
20130502hakofugu
20130502gotoudon

| | コメント (2)

2013年5月 4日 (土)

長崎の旅(1日目)

5/1〜3まで初の長崎へ行ってきました。五島列島を含めて前から行きたかったのですが、なかなか機会もなく、やっと今回。そして長崎と言えば、教会。今回は五島列島の福江島で教会を見るのがメインです。

オランダ坂。この辺りは原爆投下場所から離れているので、昔のものも残っているそうです。
20130501nagasaki1

大浦天主堂。よく晴れた青空の日でした。

20130501nagasaki2

残念ながら堂内は撮影禁止。海外だったらミサ中でも撮らしてくれるのにね。でもこれは外からだからOKでしょう。
20130501nagasaki3

坂を登ると長崎港に停泊している大型客船。本当にデカイです。
20130501nagasaki4

ご存知グラバー邸。グラバーさんはキリンビールの前身の会社を創設した人でもあるんですね。龍馬も訪れた古い建物が今も残っています。
20130501nagasaki6
長崎は三菱の街。これも三菱の建物だったかな。
20130501nagasaki7

グラバー園から見える長崎造船所。自衛隊の船舶もありますね。
20130501nagasaki5

グラバー園のラストには長崎くんちの山車が展示されていました。秋のくんちも見てみたいですね。山車はユニークだし、勇壮なお祭りらしいです。
20130501nagasaki8

くんちには傘鉾というのも出るらしいです。これがまた町ごとに独自な形があって面白い。毎年出場する町が決められていて、7年に1度しか出られないそうですね。
20130501nagasaki9

グラバー園を見終わってからの早い夕飯。四海楼という大きいお店のちゃんぽんです。さっぱりしたお味で美味かったです。
20130501champon

初日の夜はホテルからの無料送迎バスで、稲佐山展望台へ。香港、マカオとならんで新三大夜景だそうですが、香港とは別格のような気が…。この日は好天でしたが、強風ですごく寒くあっという間に引き上げました。
20130501nagasaki10

2日目につづく…。

| | コメント (0)

2011年8月14日 (日)

鳥取砂丘

20110811sakyu1


鳥取砂丘へも行きました。

ここへ行ったのは今回が初めて。でも植田正治美術館に行った後でかなり写真のテンションが高まっていたので、植田さん風な写真を撮ろうと気合いを込めて暑い中(ほんとに暑いというか熱い)、行ってきました。


「砂丘」というだけあって普通の砂浜と違い高低差がすごい。登るのもやっと。

20110811sakyu2


人はけっこう来ていました。みんな熱いのにご苦労さんです。

20110811sakyu320110811sakyu4

自画像。
20110811sakyu5


| | コメント (4)

2010年11月 5日 (金)

屋久島行(後編)

20101029yakushima

屋久島到着2日目は台風接近。激しい風と雨。
屋久島には屋久杉を見られる散策エリアが2つあって、その1つヤクスギランドに行きました。雨の装備は万全。上下レインスーツにレインハットという出で立ち。樹齢2000年や3000年ってのはざらにあります。

20101028yakushima2

午後から焼酎工場見学。米麹から手作りで焼酎作りをしている工場。麹と芋を混ぜて発酵させ最後に蒸留する機械がこれです。ここからできたてのイモ焼酎が流れ出てきます。工場の中は芋を炊く匂いがただよっています。芋は焼酎専用で普通のサツマイモではないんですけどね。
当然ながら焼酎とワインをお土産に買い、この日の予定は終了。

20101030yakushima2

3日目は雨も上がり、白谷雲水峡へ。ここも屋久杉や苔むした木々が見られるハイキングコースになっています。見所はこの写真のもののけ姫の舞台となったと言われる森です。木々が鬱蒼ととし、さらに苔が一面を覆っている森。苔むした森は他にもあれど、ここは木が何しろ大きいのがすごいところです。


20101030yakushima3_3


この木もたしかそうだったと思いますが、木の切り株の上から生えた木が巨木になっていることがよくあります。二代杉というそうです。杉の木に他の種類の木をたくさん宿していることもよくあり、何本の木が交錯しているようにも見えます。

| | コメント (2)

2010年11月 4日 (木)

屋久島行(前編)

20101028yakushima1

10/28〜31まで屋久島に行って来た。
癒しとか、パワースポットとか言われてますけど、私の一番の期待値は登山。実は屋久島、九州の最高峰なんです。1周100kmちょっとの島に海から突然せり上がる2000m弱の山々。雨が多いのもうなずけますが、何と先週は台風接近の天気。残念ながら登山はなりませんでした。
初日、鹿児島から高速船で屋久島に向かう。台風はこの時点で沖縄周辺だったのでまだ波もない。高速船で約2時間で屋久島に到着します。島ではレンタカーで移動。ついた日は何かする時間もないのでとりあえず一周。


20101028yakushima


20101028yakushima3

島の西側を走ると動物達がたくさん。走っていると、平気でシカとサルが歩いているのでびっくりします。ヤクシカは何やら増えすぎていて大変なようですね。13000〜16000頭いて、島民の数より多いらしいです。シカを保護して獲らないようにしていたのに木や希少な植物を食べてしまって自然破壊がおこっているらしい。何とも皮肉な。


20101028yakushima4_2


もう一つの名物は滝。大きな山から直接海まで下りますから、そりゃ滝になりますよね。ゆったりした川なんてほとんどない。有名な滝が3つほどありますが、その一つ大川の滝。間近まで行けるので迫力あり。滝ってなんか惹かれますね。じっと見ていても飽きないです。


20101031senpirotaki

千尋滝(せんぴろたき)。写真じゃ何だか小さく見えますけど、デカイです。となりの一枚岩がとてつもなくでかい。その迫力に圧倒されます。


20101031torokitaki

トローキの滝。高さは6mしかないそうですが、海に直接流れ込んでいる珍しい滝だそうな。近寄れないので、遠くの岸壁から見ます。後ろの山は登りたかったモッチョム岳。どれも個性的な滝の風景。


| | コメント (2)

2010年3月19日 (金)

町家の料理店

20100313kyoto6京都・烏丸駅近くでお昼を食べたのは「百足屋(むかでや)」という名前の料理屋さん。
京都の町家を改装した店舗です。テーブル席もありますし、お座敷もあります。安い方のランチで3150円。ボリュームはけっこうあって、写真のような黒豆入り蒸しご飯もたくさん入ってます。とっても京都らしいお店です。でもこういうお店、けっこういっぱいあるんですよね。どこにしようか迷います。ホント。

by GX200&iPhone3GS

20100313kyoto720100313kyoto820100313kyoto9


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

京都のお店

20100313kyoto3
京都には実に個性的な店がたくさんあります。
京都2日目にはいろいろな店に行きました(ほとんどが食べ物屋ですけど)。
昨年大阪に転勤したK西氏とともに、京都の有名茶舗「一保堂」へ。都内の百貨店にもたくさんテナントが出てますね。でも本店に行くとカフェがあってそれが大人気。ずい分待ってやっと入店できました。番茶、ほうじ茶といった庶民的なお茶がおいしいです。

20100313kyoto4その日の朝ご飯を食べたのは京大の隣にある進々堂。これがまたいいんです。写真撮影禁止って書いてあったので撮れませんでしたけど、図書館のような静かな店内で、古い大きな木のテーブルとベンチシート。場所柄インテリジェンス漂う客層の方々が本を読んでおられます。外の張り紙を見ると今年80周年だそう。メニューはカレーのモーニングか、サンドウィッチを中心にしたモーニング。どれも学生価格でリーズナブル。こんな店が東京にあったら…と思います。ちなみに私は80周年記念のモーニングセットを食べました。カフェオレに、チョコデニッシュとパン。シンプルで美味いです。

20100313kyoto5進々堂から自転車で15分くらい北上すると、そこには京都以外でも名の知られている一乗寺の恵文社さんがあります。東京で言えば青山ブックセンターのような品揃えと言ったらいいでしょうか。カルチャー系のこだわりのある本が、趣のある店内に並んでいます。また店の奥には文具雑貨コーナーもあり、ここもまたセンスのある品揃え。こちらでは猫のポストカード、外山滋比古氏の本を購入。

ん〜、どの店もいい感じです。

by GX200

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

京都の寺

20100313kyoto2
清水寺といえば、京都を代表するお寺。ちょうど京都にいる間に夜の特別拝観が始まりました。桜のライトアップを想定しているのですが、当然まだ桜は咲いていません。でも桜が咲いていたら大変な人出でしょうから、ちょっと空いているいまがちょうどいいかもしれません。清水の舞台が夜空に浮かび上がってきれいです。

20100314kyoto2また別の日には京都駅近くの東寺に行きました。シーズンオフの京都は普段開帳していないところを特別拝観できるようにしている寺が多くあります。新幹線からよく見える東寺の五重塔もそう。ここには何度も行ったことがありますが五重塔には初めて入りました。内部は撮影禁止なので写真はありませんが。四方の壁には弘法大師をはじめとする高僧の絵が壁画として描かれていました。他にも「イケメン仏像」なる仏像があったりして。東寺けっこう楽しめます。

20100314kyoto3京都みやげは六角堂の鳩みくじ。鳩がおみくじをかかえています。なんだかかわいい。ちなみに「吉」でした。


by GX200

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京の旅 withDAHON

20100312kyoto1
しばらくぶりの更新です。
週末はMy自転車ダホンを持って京都に行ってきましたよ。
自転車を持っての旅行、いやゆる輪行するのは初めて。私の自転車は10kg弱なので、軽い方ではありますが、それでもそれを担いで電車に乗るのは一苦労でした。
でも京都は碁盤の目で走りやすいのと、点々とある観光スポットを回るのに自転車は最適。京都の街を散策するにはもってこいです。
20100313kyoto1お昼を食べた町家のお店の前で。決してどの道も広くはないですが、自転車で生活している人も多いのか、そこら中に自転車は「路駐」されています。撤去されることがあるのかどうか?わかりませんが、駅前でも店の前でもけっこう平気におかれています。
サドルのポストにくくられているのは「ちび輪バッグ」。このバッグに自転車を詰めることができます。肩からも下げられますが、ひもが食い込んでいたいです。
20100314kyoto1東本願寺近くの路上にて。
ホテルとの行き帰りに何度となく通りました。普通なら地下鉄やバスを使って30分はかかるところも自転車なら、15分もあれば行ってしまいます。チョー快適!

京都で散策した場所はまた後日…。


by iPhone3GS

| | コメント (4) | トラックバック (0)