2013年4月14日 (日)

羽田プチサイクリング

しばらく乗っていなかったMy自転車。カバーはかけてあるけど外においてあるので黄砂が積もったままの車体を昨日久々に磨き、今日はちょこっとお出かけ。私の家のスタート地点は浅川ですが、すぐに多摩川に合流するので、そのまま多摩川べりを走って、東京湾の河口まで行こうと。

わが家出発 :10:00 

小田急線通過(狛江):10:37
う〜ん、出てまもなく、風が強くなる。けっこうな向かい風。

第三京浜通過(世田谷):11:00
この頃から風が海が近いのか、さらに風が強まる。
20130414tamagawa

丸子橋通過(大田区)11:35
この後、風が最大に。もう前進するのがやっと。時々、停止。平均時速5km程度。
20130414tamagawa1
第二京浜通過 :12:20
幸運にも、この後風向きが変わって背中からの方向になる。途端にスピードアップ!

大師橋付近 :12:35
かなり河口が近くなる。もう羽田空港も見えた。河原は干潟になっていてみんな何か取っている。
アサリかな?
20130414tamagawa2

羽田空港国際線ターミナル :13:00
もうあとちょっと!
ここから歩道がなくなり自転車がどこを走っていいのかよくわからなかった。
20130414haneda

羽田空港 13:15着 ゴール!
スターフライヤーと記念写真。 
20130414haneda2

羽田空港ターミナル 13:30
いつも帰りにバス乗るとこですけど、ここは自転車ダメだそうです。
お巡りさんに停められました。
20130414haneda3
電車で帰れるのが、折りたたみ自転車のよいところ。帰りは京急で帰りました。品川からは定期券もあるしね。
20130414haneda4_2

今日の昼食:あんぱん、カロリーメイト

今日のおまけ
羽田空港近くのビルにメルセデス190Eエボ2が!めったに見られんよ、これは。
20130414evo

| | コメント (2)

2010年10月17日 (日)

休日は自転車で美術館へ

20101017gyokudo


二日連続の美術館めぐり。
今日は奥多摩の玉堂美術館へ自転車で行ってきました。奥多摩にはわが家からちょうど30km。しかも行きはヒルクライムです。私のチャリは1速なのに。なかなかきつい道のり。

20101017gyokudo220101017okutama3
20101017okutama220101017okutama4


左上:川合玉堂は大正〜昭和期の日本画家。自然の風景や動植物などを主に描く。

でもやっぱり天才は天才。16才の時に描いたのがこの鳥です。やっぱり小さい時から抜きん出てますね。


右上:お昼は美術館に向かう途中の吉野街道で、蔵造りの店舗のおそば屋さん。新蕎麦のもりそば美味かった。


左下:奥多摩の人は旧車好き?いや、違う、きっとイベントがどこかであったんだ。箱スカGT-R、240Z、三菱GTO、ヨタ8なんかがいっぱい走ってる。

右下:村上春樹1Q84に出てくる「フタマタオ」駅の前。渋すぎる。出口しかない。


20101017okutama

奥多摩はまだ紅葉していない。きれいになるのは11月下旬かな?


20101017hino_2

帰りはけっきょく5時過ぎになった。きれいな夕日。


| | コメント (2)

2010年10月14日 (木)

休日は自転車で

20101013dahon


いま車がないので、休日はもっぱら山か自転車。パオもバッテリーあがりで動かないのです。
わが家から昭和記念公園まで自転車で20分程度。のんびりできて楽しい場所。
Myチャリは折りたたみでありながら高速走行の仕様なので充分満足なんですが、だんだんロードバイクが欲しくなってきました。
ロードで峠に登りたいっ!

| | コメント (4)

2010年9月12日 (日)

シートポスト交換

20100912dahon

ダホンの標準仕様のシートポストはポンプ付き。便利なんでしょうが、出先でポンプを使うシーンはあまりない。出かける前にたいてい空気は入れてしまうし、パンクしてしまったらそもそもポンプだけじゃどうしようもない。ただこのシートポンプがちょっと重たいので、軽量化を考えてシートポストを変えてみました。
ネットで購入したゴールドのポスト。ダホン用の33.9mmという特殊なサイズです。マットブラックのボディに光沢のあるゴールドが映えて自分じゃいけてると思うんですがいかが?

| | コメント (2)

2009年10月 3日 (土)

パリの車

20091003parisパリは皆さんご存知のように小型車天国。みんないい車なんて乗っていません。何せキツキツの路上駐車ですからぶつけられても文句言えませんしね。日本車ではいまや希少種となっているハッチバック車ばかりです。
なかでも注目なのはこの笑い顔の車(トゥインゴ)がいまだ現役でたくさん走ってることです。トゥインゴはあまり好きじゃなかったんですが、パリでたくさん見ているうちになんだか好きになってきました。

20091003paris2そしてこの旧イプシロン。新型よりは多く見ます。この黒いのは泊まっていたホテルの近くに泊まっていたもの。サイドピラーにはエレファントのシールもきちんと貼られていました。ランチア好きなんですね。あ、ただ我らがインテグラーレは見ませんでした。現行の新型デルタは1度、私らのより1代あとの希少デルタは1度、それぞれ見ましたけど。というか、ラリーモデルの車なんて日本車含め1度も見ませんでしたね。WRCも人気ある国だと思うんですけど。自分が乗るかどうかは別なんですね。

20091003paris3あと、イタリアではないですが欧州の街並に似合うのはこのNEWチンクですね。これはパリでも人気あるようです。けっこう見ました。こんなカフェの前に停まってるとやっぱりかわいいです。このまたうぐいす色みたいなグリーン渋いっすねー。派手な色を好まないのもパリジャンですね。センスいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

ダホンUnoに乗り換え

20090913dahon先週、西荻窪の和田サイクルにて取り置きをしていたダホンUnoに乗り換えました。いままで乗っていたコルナゴとはお別れです。(知り合いのデザイナーの人へ譲りました)
西荻→わが家まで約20kmが初ツーリングとなりました。とはいえ、ほとんどが高校時代通学していた道。久々のチャリ通のような感じです。
途中、東京競馬場(今日はお休み)で記念写真。

200909131途中の道(調布市)には新撰組・近藤勇の生家(写真は近藤家の道場・撥雲館)があったりします。高校の時には新撰組なんて興味なかったので、見たこともなかったんですけどね。

200909132そのまま府中市に入ると、自衛隊府中基地があります。基地の前にはF-104(もう1機はわからない)があります。むかし戦闘機をイメージするとこんな感じの飛行機を思い浮かべましたね。

200909133そしてさらに府中市市内を多摩川まで走らせると、京王線の多摩川鉄橋に出てきます。1速しかないダホンのUno。さらにギアを高速寄りにセッティングしているので、ここまで走るともうクタクタです。
約2時間のツーリング、折りたたみながら20インチとタイヤサイズもあって、なかなか安定した走りでした。あとはコツコツと部品を変えつつ、軽量化を図っていきますか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

Uno購入予約

20090906wadacycleこの前、気に入っているとこのブログにも書いたダホンのUnoですが、今日嫁といっしょに杉並の和田サイクルにいったので、試乗してみました。リアのコースターブレーキもなかなか面白い。あとは1スピードしかないギア比がもう少し高速寄りならと思いましたが、そこは親切な和田サイクル、試乗車なのにすぐにリアのギアを交換してくれました。

20090906wadacycle2乗ってみると、乗り出しこそ多少重いものの、もともとのこの自転車の軽さと小径ホイールの軽さのおかげですっとペダルも出るのでなかなかじゃないかと思います。
ってことで、来週受け取りにくる約束で、さっそく購入予約。しかも試乗車だったので少し安くしてもらいました。これで私も小径車乗り!
\(^o^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

ストラトス(という名のチャリ)

20090817stratos_ll今日、Y's Road新宿で自転車をプラプラ見ていると、目に留まる自転車が…。
ん?フジサイクル? それにしちゃ、かっこいい。しかも名前が「ストラトス」。色は深いパープルと濃いグリーンの2色。クランクといくつかのパーツはゴールド。日本車の割にはセンスいいです。
http://www.fujibikes.jp/comfort2/stratos.html
20090817dahon_2でもクロスバイクって、レーサーとMTBのイイトコ取りって言ってますけど、要は中途半端なわけで、ライディングポジションにしてもスピード感にしても今ひとつなのです。スピードをもとめるならやっぱりドロップハンドルのレーサータイプにすればよかったと思うのです。
その反動でいま気になるのはダホンという折りたたみ自転車ばかり作っているメーカーのUnoというモデルです。ペダルを逆に回せばブレーキが効くコースターブレーキを採用しているので、余分なワイヤー配線がありません。いま流行のピストバイク風。1スピードという潔さ。その分軽量化もしていて、9.9kgという重量。つや消しのブラックフレーム。ん〜、いい感じ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

サイクリングとブロンプトン

20090816cycling夏休み最後の今日は、山に登らずにサイクリングへ。といっても、いつも漫画を借りているTSUTAYAまでの往復20kmの道ですが…。
途中多摩川にたくさんの川鵜が休んでいます。うちは近くに浅川と多摩川が流れているのですが、何しろ炎天下のため、真夏は暑すぎです。
20090816hiyake今日は最高潮にいい天気だったので、たった1時間ちょっと走っただけなのに、めちゃめちゃ焼けてしまいました。腕時計のあとがくっきり…。
20090816brompton1最近、嫁が折りたたみ自転車を買ったので、初めてのサイクリングでした。折りたたみ自転車はイギリスのブロンプトンというメーカーの自転車で、たたむとかなり小さくなります。私も一瞬だけ乗させてもらいました。コルナゴには全く乗っていないので、私も近々折りたたみ自転車に乗り換え予定です。折りたたみなら車にも積めるし、意外と行動範囲が広がるかも…ですね。コルナゴの引き取り手がいれば、なんですが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

コルナゴという自転車

Colnago1
Colnago2_1
Michelinついに自転車が来た。(来たっていうか、買ったんですけど)
11月に発注していたものが、ようやく今日届いたのだ。メーカーはコルナゴ。とうとうイタリア車8輪生活となった。自転車については予備知識がまったくなかったので、メーカーを一通り調べるところから始めたのだが、当初は一番メジャーなビアンキあたりにしようかと思っていた。でも自転車生産国イタリアには、ビアンキ以外に伝統的な工房がいろいろあるのがわかり、中でもこの存在感のあるクローバーの印を持つ「コルナゴ」に惹かれてしまった。これまでのレースの実績とかはよくわからないので、本当に直感的に感じただけなんだけど。

ペダルは別売りだったので、今日はまず一番近くの自転車のプロショップ的なところに行き、ノーマルシューズ用のペダルと、ケツパッド入りのパンツ、鍵をまず購入。
ペダルを取り付けるのは簡単なので、さっそくパンツを履き替え(最初からお尻が痛くなっては、気持ちがなえてしまうので)、夕方の川縁をならし運転に。ギアはバランスよく配置されているようだが、どちらかといえば、Low側主体になっているようだ。でもひとたびHi側にチェンジすれば、かなり高速ライディングも可能な感じがする(今日は抑え気味にしか乗らず)。
今回ロードレーサーにするべきか、街中を走ることも考えてクロスバイクにすべきか、迷ったのだが、日常生活に使うことを考えてクロスバイクにしてしまった。でも、乗ってみてこのフラットバーだと前傾の取り方とかちょっと物足りなくて、ロードレーサーにしとくべきだったかとちょっと後悔しています。まあ、その前にツーリング行く体力つけろよってとこですが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)