« 瑞牆山(みずがきやま)(6/9山行) | トップページ | 尾瀬ケ原(6/27山行) »

2013年6月23日 (日)

甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳(6/16-17山行)

これは先週ですが、日・月と(会社を1日休んで)南アルプスの甲斐駒、そして仙丈ヶ岳へ1泊で行ってきました。

私は北アルプスばかり行っているので、南アルプスへ足を向けるのは実は初めて。中央線からもその勇姿がよく見える甲斐駒ケ岳と、南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳へ行く事にしました。

入山は中央道の伊那ICからマイカーで入れる最奥部の仙流荘。ここからバスに乗り換えて登山口まで入ります。ところがここの始発バスに乗らねばならないところ、計算違いで8時に着きませんでした。10時のバスまでゆっくり待つことに。
20130616senryusou

バスに乗り遅れたことで今日の予定は少し変わり、いったん山小屋へ行き一息つくことに。バスで北沢峠まで行きます。ここが甲斐駒と仙丈の入り口です。
20130616kaikama1

山小屋は前日オープンしたばかりの駒仙小屋。新築なのでピカピカでした。荷物だけデポして、甲斐駒ケ岳へ。でもバスを乗り遅れた分、出発が2時間遅れ、すでに11時過ぎだったので今日は山頂まで行けません。往復最低でも7時間はかかりますから。

途中の峠まで行くことにして出かけました。ここはあの南アルプス天然水の水源ですから、清流が流れていて湧き水はたくさんあります。前日も雨でしたので、川の水量は豊富。
20130616kaikoma2
20130616kaikoma


山小屋に1泊して2日目。この日は朝ご飯をお弁当にしておいてもらって5時ちょうどに出発。仙丈ヶ岳へ向かいます。甲斐駒ケ岳と相対している場所なので、登山道はすぐ近く。登山道はよく整備されていて、1合目から9合目まできちんと看板が立っているので、とてもわかりやすく歩きやすい道でした。登りは約4時間半。写真を撮りながらだから5時間くらいはかかりますかね。
仙丈ヶ岳の美しい姿です。この日はご覧の天気で、青い空に残雪がよく映えます。アイゼンを付ける程ではないですが、まだ少し雪は残っていますね。そして左側の窪地は氷河によって削られたカールです。
20130617senjogatake3

左手には南アルプスの盟主、日本第二位の標高を誇る北岳がそびえています!
20130617senjogatake2

そして仙丈ヶ岳山頂へ着きました。約10時頃です。最高の展望、南アルプスの北岳、間ノ岳、農鳥岳、木曽の御嶽山、北アルプスの槍穂高、そして富士山といろいろな高山が一望でした。
20130617senjogatake

下りはらくちんですが、降りて行くときに眼前に見えるのは昨日登れなかった甲斐駒ケ岳の勇姿です。白っぽい花崗岩を山頂に乗せ雪を被ったように見えますが、こちらはほとんど残雪もなくなっています。
20130616kaikoma3

仙丈ヶ岳には雷鳥がいるのですが、このような天気のよい日にはなかなか姿をあらわしてくれません。この日はハイマツの中から飛び立つほんの一瞬と、上から舞い降りてくる瞬間、計3回をちょっとの間見ただけで、写真に収めることはできませんでした。代わりにたくさんいるイワヒバリの写真です。

20130617iwahibari

そうそう、最後にシカとばったり会いました。2mくらい前だったのでちょっとびっくり。
20130623senjogatake4

今日見た鳥:ライチョウ、イワヒバリ、コガラ、カワガラス
(声だけ):ホトトギス、アカゲラ、コマドリ、ヒガラ、メボソムシクイ
今日見た動物:サル、ニホンジカ
今日の山食:山小屋のお弁当(おにぎり)

|

« 瑞牆山(みずがきやま)(6/9山行) | トップページ | 尾瀬ケ原(6/27山行) »

コメント

本当に羨ましい素敵な休日ですね。
南アルプス天然水!
我が家で飲んでいるお水なので感動しました!

さて、私は本日、秋川渓谷へ行きます!
久しぶりの自然なのでとても楽しみ。
今からわくわくしております(笑)

投稿: みっこ | 2013年6月24日 (月) 04時25分

>みっこさん
そう、ここから天然水と、ウイスキー「白州」が作られていますよ。

秋川ですか。いいですね。あいにくのお天気ですが楽しんできてください。

投稿: ぼーちゃん | 2013年6月24日 (月) 06時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瑞牆山(みずがきやま)(6/9山行) | トップページ | 尾瀬ケ原(6/27山行) »