« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

キジのなわばり

最近はもはや野鳥観察からキジ観察になってきました。

うちの近くの橋一帯が、ここにお住まいのキジ君のなわばりなんですが、私が土手から少し下りるといちおう身を潜めようとしているのか、しゃがんでいました。

20130331kiji1

私もしゃがんでしばらくじっとしていると、安心したのかまた歩き始めます。写真は撮れませんでしたが、途中メスが飛んできて、完全につがいのようです。
20130331kiji

帰ろうとした時、橋の上から見たらオスが2羽いることがわかりました。もう1羽はこの2羽のなわばりに侵入してきたようです。もともといるオスはすかさず歩み寄り間合いを詰めます。
20130331kiji2
このあと侵入者を追い払うように走って追いかけて行き、2羽とも対岸の方へ飛び去ってしまいました。メスをめぐるオス同士の戦いがあるようです。さすがに2羽は目立つので、人間のギャラリーも今日は数名おりました。見ているとなかなか楽しいもんです。

| | コメント (0)

千鳥ケ淵(2013春)

ほとんど毎年見に行ってますが、今年も仕事の途中で立ち寄り桜を観賞してきました。

桜は数あれど、やっぱりここで見る桜がいいです。下から仰ぎ見る桜ではなくて、対岸にあるからかな。

20130328sakura

しかし3月で終わってしまう年もあまりないですねぇ。

20130328sakura2

| | コメント (2)

2013年3月27日 (水)

ディフェンダー@007

劇場でスカイフォールご覧の方はお気づきと思いますが、ディフェンダーかなり活躍しています。まだご覧になってない方はDVDで見てね。

20130326landroverdefenderskyfall

敵役のアウディとも張ってます。チョーかっこいい!
20130326landroverdefenderandaudicha

この写真もかっこいいすね。

20130326skyfalldanielcraigasjamesbo

| | コメント (0)

2013年3月26日 (火)

野鳥観察(3/24浅川周辺)

わが家の近くにはけっこう大物もいるものです。

最近ずっと河原でバードウォッチングしてたのはキジがいるからなんですが、やっとカメラに収めることができました。キジって大きいですけど、やっぱり野生生物ってうまく隠れますよね。薮の中に入るとぜんぜんわかりません。こんな派手なのに。
20130324kiji

一方、メスは地味です。近くにいても見えません。保護色すぎて…。
20130324kiji2

キジの仲間でコジュケイという鳥です。私ははじめて見て感動しました。でも図鑑を見たら狩猟の対象で、年間100万羽くらい撃たれてるって。そんなに? 
20130324kojukei

今年の初顔。コチドリです。小さくて顔もかわいい水鳥。
20130324kochidori

そしていつものジョウビタキとホオジロ。いつもいる鳥は決まってその辺り(ナワバリ)にいるから面白い。
20130324jobitaki 20130324hoojiro

| | コメント (2)

2013年3月21日 (木)

野鳥観察(3/17,20浅川周辺)

鳥ネタばかりですみません。

家の裏が川でして、そこで鳥観察ばかりしています。

やっぱり水鳥が多いですが、河原は鳥の休憩場所でもあり、けっこういろんな鳥がいます。

上野公園にたくさんいるウですが、いまうちの近所にも1羽いてたくさん魚を獲っています。
20130317kawau

よくツルと思う人もいるようですが、アオサギです。けっこうデカイです。
20130320aosagi

水鳥ではないですが、水辺に住む鳥のセグロセキレイです。さえずり声がきれいですね。
20130317segurosekirei

トビも魚を食べるので、川の上空によく舞っています。カラスに追いかけられていじめられていることもあります。
20130320tobi

ホオジロは高い声がよく通る鳥で、一番目立つ木のてっぺんにいることが多いので遠くからでも居場所がわかる鳥です。鳴く瞬間に上を向いてさえずります。
20130320hoojiro

冬はうちの近所でよく見かけるジョウビタキのメスです。背中の2カ所の白い部分が目印ですね。つぶらな瞳がかわいい鳥です。
20130320jobitaki

地面にいることの多いアオジです。お腹が青っぽいのでアオジ。黒っぽいのはクロジです。スズメのように太くて短いくちばしです。
20130320aoji

今日はもう河原の桜が三部咲きくらいまでいってました。早いですねぇ。まだお彼岸なのにもう桜とは。こりゃ4月まで持たないですね。
20130320sakura

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

野鳥観察(3/2,9.10高幡周辺)

最近の私の興味は山よりも鳥ばかりになっております。
冬はとにかくうちの近所に鳥が多くて、居ながらにしていろいろな鳥の種類を楽しめます。

3月2日(土) 高幡山
山から下りてきている鳥がたくさんいます。
ホオジロ科のクロジです。あまり黒くないので若鳥かもしれません。地面にいてえさを探しています。
20130302kuroji
エナガです。小さい鳥で群れて移動することが多いです。写真はお腹から写しているのでわかりませんが、背中は少しピンク色が入っているのでけっこう目立ちます。
20130302enaga
里にもたくさんいるメジロです。メジロも群れてます。
20130302mejiro

3月9日(土) 高幡山

この日は暖かくて、山の鳥は見つけられませんでした。もう山に帰ってしまったかも。
シジュウカラ。スズメに次いでどこにでもいるかもしれません。背中のうぐいす色と胸の黒いネクタイが目立ちます。
20130309shijukara2 20130309shijukara
少し大きめの鳥、ヒヨドリ。ギャーギャーうるさいです。
20130309hiyodori
3月10日(日) 浅川
黄砂の吹き荒れたこの日、うちの裏の浅川で水辺の鳥は元気に活動していました。
水辺の鳥、カワセミです。見えにくいですが、くちばしの下半分が赤いのでメスですね。
20130310kawasemi
こちらはオス。メスに小魚をプレゼントしようとがんばってます。写真は魚を狙って水面を見つめているところ。目立つ色ですが小さいので見つけづらく、水辺に映る影や、水に飛び込むジャポンて音で発見することが多いです。
20130310kawasemi2
不忍池にたくさんいるカワウです。大きい水鳥ですが、浅川にも時々います。時々群れています。
20130310kawau
セグロセキレイ。セキレイでもハクセキレイはたくさん見かけますが、これはあまり見ませんね。さえずりもきれいな声で、歌うように鳴いてます。
20130310segurosekirei
一番小さいキツツキ、コゲラです。必至に木を突いてました。30分くらい?人が近づいてもあまりに夢中すぎて逃げようとはしません。
20130310kogera
中国から来たガビチョウ。声が大きくて、よく鳴きます。もともと鳴き声を楽しむために中国で買われてる鳥です。この鳥も日本侵略しようとしてます。
20130310gabicho
日本にたくさんいた鳥、ツグミです。大量捕獲されてかつて激減しました。地面をあるいてえさを探します。
20130310tsugumi
おなじみスズメです。たまにはこういうのも。見れば可愛い鳥です。
20130310suzume

| | コメント (0)

丹沢・塔ノ岳(3/3山行)

この日は山の仲間達と日帰り山行。近いのに行ったことがない丹沢に行きました。

私と嫁と、何度か山行を共にした女子2名。4名で小田急線の秦野駅へ。秦野からバスで40分。ヤビツ峠というバス停から入ります。9時頃スタート。車道を20分程歩き、登山道へ。ここまではよかったのです。何が良かったのかは…また後ほど。

20130303tanzawa1

向かいに見えるのは初心者でも登れる山、大山(おおやま)。途中までケーブルカーで行けます。

20130303tanzawa2

我々が目指すのは大山ではなく、塔ノ岳。大山と反対方面、約7kmあります。しかも丹沢って少しなめてかかってましたが、アップダウンけっこうすごい!途中、ハシゴ、くさり等あり、意外に難所の連続。写真左奥の方にみえるピークが塔ノ岳。けっこう遠いですよ。

20130303tanzawa3

でも最大の難所は鎖場でもアップダウンでもなく、実はぬかるみ。この時期の丹沢は積雪があって、実際前の週でもけっこう積もっていたはずでした。…が、しかし2/末の暖かさで一気に解け、ひどいぬかるみに。転ばないように注意するだけでものすごく神経と筋力を使います。とにかく転んだら一巻の終わりのようなぬかるみですから…。靴はもう汚れを気にするとか気にしないのレベルではありません。
20130303tanzawa4

私は山頂の間ぎわ、あと500mくらいのところで足がつり始め、山頂直下ではもしやもう動けないのでは…とビビるほど痛くなってきてしまいました。普段とらないような頻度での休憩を取りながら、どうにか山頂へ。顔は笑ってますが、たどり着けたものの降りれるのか不安な気持ちで写っています。そして少し見えてますが、雪も降ってました。朝出た時はたしか晴れてたんだけどなぁ。

20130303tanzawa5

この日は本当に体調の難しさを思い知らされた日でした。山中での足の痙攣はほんとまずいですから。女子は意外にみんな元気そうでしたが…。下りは痛み止めの薬を飲んで慎重に降り、何とか最悪の状態にはならずに17時半頃下山。のべ9時間の行動。
そして小田急線・渋沢駅までバスでいき、食堂「いろは食堂」で打ち上げとなったのでした。(写真ないけど、ここのご飯がチョーうまかった)

| | コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »