« 屋久島(二日目) | トップページ | 立山登山(一日目) »

2012年11月19日 (月)

屋久島(三日目)

屋久島三日目。10月26日、今日も快晴です。いよいよメインイベントの宮之浦岳登山。往復は16km。登山道からのピストンです。

まずは7時に淀川登山口へ。何やらたくさんの人がいます。この日はJR山岳会の大会があるらしく、200名が登っているとのこと。ひぇ〜。
でも先行して登られている団体さんを除いてはほとんど登山客はなし。
20121026yakushima2
淀川登山口の名前の淀川です。美しい川。
20121026yakushima3
登山口から4kmほど進むと、花之江河(はなのえごう)という湿地があります。南国・屋久島にある高地湿原。季節が違うので寂しい感じですが、夏にはおそらく高山植物がたくさん咲いているのだと思います。
20121026yakushima4
花之江河から見える高盤岳にはトーフ岩という岩が山頂にあり、あたかも豆腐を包丁で切ったように見えます。屋久島は島全体が花崗岩の隆起によって出来上がった島なので、このような奇怪な巨石がゴロゴロしてます。
20121026yakushima5
やっとこ、ここで中間地点付近。ちなみに今日は片道8kmですが、昨日のトロッコ道と異なり延々と登山道なので、アップダウンもきつく大変厳しい道のりです。JRの団体さんともたくさんすれ違うので、思ったように進めません。
20121026yakushima52
屋久島奥岳の核心部はこんな感じの岩&山です。みんな決まって山頂に岩、岩、岩。
20121026yakushima6
そうして、約5時間。タイムリミットに考えていた昼12時の間際、11時51分に山頂へ到着しました。
ここまでたいして食べ物も食べていません。時間がないのと、疲れていて食べる気がしないのです。今日も宿でお弁当を買っていたのですが、けっきょく食べずじまい。あんぱん1個で済ませました。
宮之浦岳の標高は1935m。九州全体の最高峰です。
20121026yakushima7
山頂に佇む姿はスターウォーズっぽい、ですね。
20121026yakushima8
宮之浦岳の隣は永田岳。縦走する人達は続いてこちらに行く人もいます。私たちは登ってくる人の中で日帰り組の中では最も遅い組でした。縦走の人はこの先に避難小屋がありますので、もう少しゆっくり登ってきます。山頂で折り返す人は日が暮れてしまうので、写真を撮ったらさっさと引き返します。
20121026yakushima9
とにかくこの日は暑かったので、500mlしか持ってこなかった水では足りず、湧き水を探して歩きました。屋久島はたくさん水があるイメージだったのですが、さすがに稜線に出てしまうとそれほど水場がなく、喉がからからに。やっと見つけた水場がありがたかったー。やはり水は最低1リットル持つべきだということを痛感。
最後に鹿さんが現れました。ひたすら草を食っていて人間にはまったくおかまいなしの様子。屋久島は冬は雪が積もるので秋には一生懸命食べるそうです。
20121026yakushima10
前日の縄文杉ツアーに続き、この日はさらにアップダウンの激しい岩場の道。まさに疲労困ぱいの宮之浦岳往復となりました。でも終始天気がよく、最高の山行となりました。
今日見た鳥:おぼえてない
今日の山食:あんぱん

|

« 屋久島(二日目) | トップページ | 立山登山(一日目) »

コメント

食欲がなくなるほど疲れる・・・
ひぇ~。。。
ハードな休日をお過ごしですね

水といえば・・・
旦那さまも下見で訪れたどこかの山。
友人は「たいしたことないし」と軽い気持ちで訪れ
水がなく死ぬ思いをした・・・と。

私もふだんカバンの中に水を入れております。
都内でも電車内などトラブルのことを考え・・・

お水って大切ですよね。

投稿: みっこ | 2012年11月20日 (火) 06時08分

ちなみに嫁もこの2日間の行程を乗り切りましたよ。水は山に登る際は荷物になり、最近2回ほど失敗したのですが、備えあれば憂いなしですね。電車に乗る時もお持ちなら万全です!

投稿: ぼーちゃん | 2012年11月20日 (火) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屋久島(二日目) | トップページ | 立山登山(一日目) »