« 二度目の屋久島(1日目) | トップページ | 屋久島(三日目) »

2012年11月18日 (日)

屋久島(二日目)

屋久島のアップがなかなかできなかったのは写真がたくさんありすぎたからなんですが、一日分の記事にまとめるのもなかなか骨がおれます。

二日目は屋久島一番の名所、縄文杉への日帰りツアーでした。
道は単純なので自分たちで行ってもいいのですが、何しろ往復11時間。ひたすら二人だけで歩くのもつまらないので、屋久島ガイド協会さんの企画ツアーに参加しました。参加者は私たち夫婦二人と、福岡から来た美人姉妹、そして男性ガイドSさんとの5名でした。
出発はホテルを4時半、そこからバスで登山口まで行き、歩き始めたのは6時半頃だったかな。ここからトロッコ道約8km、登山道3km、計片道11kmの行程が始まります!
Pa252801
トロッコの線路の上を歩いて行きますが、枕木の間隔がバラバラなので歩きにくい! 木の上に足をおくのがいいのか、間におくのがいいのか迷います。でもこんなトンネルとかあったりして楽しめる。
Pa252808
また途中にはこんな朽ち果てたディーゼル機関車が捨てられてたりして。
Pa252812
橋もありますよー。足を踏み外したら落ちそうです。
Pa252842
むかし屋久杉を切り出す林業によって村落だった場所を通り過ぎたら、うしろからトロッコ列車がやってきました!グリーンのかわいい機関車です。いまは上からトイレのし尿を下ろすのに列車が使われていて、作業される方達が乗って行きます。一般人はけが人でもない限り乗れません。
Pa252852
トロッコ道の終着点がトイレ&休憩スペース。ここからいよいよ約3kmの山道が始まります。他に歩いてる人達は若い人が多くて、学生さんのような感じでした。平日でしたしね。
Pa252878_2
ここから傾斜が急になるんですが、大きな屋久杉が見られるエリアになります。有名なのがウィルソン株。切り口がハートの形ってことで。でも切り株の中でハートの形に見えるのはピンポイントの1カ所で、ここから撮るために混んでる時はすごい行列するそうです。でもこの日は平日で数人しかいませんでした。切り倒す前はすごくまっすぐな大きい杉だったそうですよ。
20121025yakushima3
20121025yakushima2
つづいて出てくるのは大王杉。縄文杉が発見されるまでは最大の屋久杉という位置づけだったそう。
20121025yakushima5
そして、歩き始めて早6時間近く。いよいよ縄文杉の登場です。ひと際異彩を放つ風貌と、大きさ。わざわざ皆さんが見に来るのもわかります。発見は意外と最近で昭和40年代。それまで人知れず森の奥に佇んでいたんですね。
20121025yakushima4
縄文杉ツアーはここが終点。ここからUターンしてもときた道を帰ります。往復11時間半。17時のバスに乗って街へ戻りました。そして明日はいよいよ登山の日。
今日見た鳥:ズアカアオバト、カケス
今日の山食:宿のお弁当

|

« 二度目の屋久島(1日目) | トップページ | 屋久島(三日目) »

コメント

往復11時間・・・
気が遠くなりそうですが、それ以上のものがありますね。

来年までに体力作りして、
10月にゆきたいなぁ~。。。

このようなツアーでは参加者は条件など
あるものでしょうか?

投稿: みっこ | 2012年11月19日 (月) 06時04分

>みっこさん
11時間と聞くとすごいですけど、半分以上はほぼ平坦なので普段から足を使っていれば行けるでしょうね。縄文杉に行く人は山歩きとかしたことない人も多いです。テクニックとか何もないので条件とかは別にありませんよ。でも途中でだめだったらガイドさんに判断されて置いてかれると思います…。ここでみんなが戻ってくるまで待っててって。

投稿: ぼーちゃん | 2012年11月19日 (月) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二度目の屋久島(1日目) | トップページ | 屋久島(三日目) »