« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月27日 (火)

夜景で紅葉

山の方はもう終わりですが、都内では紅葉が見頃になっていますね。

私は紅葉のない屋久島から、一気に雪の立山へと移動していたので、紅葉写真は撮らずじまい。近所の高幡不動尊にて、ライトアップのもみじと五重塔を撮りました。もちろんデジカメです。
20121126takahatafudo
普段点いてない五重塔の行灯がいまなら灯っていて綺麗です。
20121126takahatafudo2
By OLYMPUS E-5

| | コメント (2)

2012年11月26日 (月)

ニコンFM2

久々にフィルムカメラの仲間が1台増えました。

ニコンNewFM2。マニュアル露出、機械シャッターの1台です。電池がなくともシャッター切れます。気象条件に関係なく撮れるので山のお供には頼もしい1台。
最近めっきり安くなっていて、かつての名機がお手軽に買えてしまいます。
20121125nikonfm2

| | コメント (8)

伊豆ケ岳

これまた1週間以上前の話です。

11月16日(金)、この日は当然平日なんですが会社で所定の休みを取る必要があったので、12月になる前に休む方がよいと思い、一日山へ行ってきました。目的はずばりジンギスカン。山中でジンギスカンを食べられる店があるとの情報で、はじめての奥武蔵・伊豆ケ岳へ行ったのでした。
出発は秩父鉄道正丸駅。ここへ車をおいてスタートです。天気はご覧の通りの晴天。立山からついていますね。
20121116izugatake1
登山道へ入るのは駅から20分ほど歩いた馬頭さまという祠の前。この岩が馬の頭のような形だからでしょうか。謂われまでは書いていませんでした。
20121116izugatake2
まぁ、普通の山なんですが、階段がけっこう多いのでトレーニングにはなります。
20121116izugatake3
しばらく30分くらい行くと、この看板が出てきます。これを見たらちょっとビビりますよね。普通の人は避けるでしょうね。
20121116izugatake4
でもこの日はほとんど登っている人もいないので、石が落ちてくるとか、自分が落とすということもないので、「自己責任」で登ります。だって自己責任で登ってくださいと書かれていますから。単にけがをする人が多いから、避けて欲しいのだと思います。鎖があって、多少危ない感じもしますが、どうってことはない岩場です。
20121116izugatake6
おそらくここを登らなければ伊豆ケ岳に登る意味はあまりないと思われます。展望もこの岩の上が一番よかったです。(山頂はそれほどでもなし)
上から見た感じはこんなんです。
20121116izugatake5
駅から1時間少しで山頂へ着きました。非常にハイキング気分の気軽な山でありながら、岩場がそこそこあってダイナミックな楽しさを満喫できるコースでした。この日登っておられたのは皆さん中高年の方々でしたが、おじさんグループの方が親切に撮ってくれました。
20121116izugatake7
そして、下山後は楽しみにしていたジンギスカンです。正丸峠という峠道のてっぺんにある奥村茶屋さんです。はるか昔、昭和三十年代には昭和天皇や、いまの天皇陛下・美智子妃殿下ご夫妻などもここからの眺望を見にやってきたそうです(店内に写真あり)。
20121116izugatake8
そして今日のランチは待望のジンギスカン!車なのでノンアルコールビールとともにいただきました。ジンギスカン1500円、ご飯セット350円。オリジナルたれでお味もGOOD!
20121116izugatake9
約45分ほどで下って、ふたたび車にて約2時間かけてわが家へ戻る。
今日見た鳥:シジュウカラ、ヤマガラ
今日の山食:ジンギスカン

| | コメント (4)

2012年11月25日 (日)

立山登山(二日目)

前日とうって変わり、二日目(11/4)は快晴。今日の立山登攀も期待できます。朝食の前にすでに空が明るくなり始めていたので、外へ出てみました。

劔岳の頂に朝日が赤く照り始めています。
Pb040053
眼前の立山はこんな感じ。パノラマ写真に加工しています。今日目指すのは下の写真、右側のくぼみ(一ノ越)から登り、その左側の台形になった形の立山のうち、一番右側の雄山に登ります。
Photo
今日も昨日と同じ、4名+ガイドさん2名。前日まったく見えなかった風景はご覧の通り、真っ白に化粧された立山三山の山々です。時間は異なりますが、上のパノラマ写真に写っている山をそれぞれ個別に撮るとこんな風ですね。
Pb040073
20121104tateyama
Pb040142
宿で朝食を食べ、スタートは少し遅めの7時半。山頂までは約2時間。それほど大変な訳ではないですが、この日は日差しが強く、相当に焼けてしまいました。(なめてて日焼け止めもしてなかったため)
Pb040089
立山雄山山頂(3003m)での記念写真。ほんとに眺めが最高です。日本海、白山、槍ヶ岳、鹿島槍はじめ、北アルプスの山々、富士山、いろいろな山が見えました。
Pb040118
山頂にはこの山の特徴である信仰登山の本殿、雄山神社のお社があります。
Pb040116
あの劔岳も目の前。
Pb040121
あいにく氷河を見られる場所までは降りて行けませんでしたが、昨日の天候を一気に挽回する大好天で、最高の登山の日となりました。パノラマの風景の中、下山にスキーがあったらもっと楽しい!
Pb040125
今日見た鳥:なし(ライチョウは見られず、足跡のみ)
今日の山食:なし(下山後昼食)

| | コメント (2)

立山登山(一日目)

これまた日にちが経ってしまいましたが、11月3日〜4日と雪の立山へ行ってきました。前回立山へ行ったのもちょうど2年前。その時は山には登っていないので、今回は初登山です。メンバーは男2人、女2人、ガイドさん2人の計6人の少人数パーティー。富山県に見つかった日本で氷河を見に行くというツアーです。

立山駅までは夜行バスで直行。立山からケーブルカーとバスを乗り継ぎ、室堂へ。

Img_3476
泊まったのは立山室堂にあるみくりが池温泉。ご覧の通りの雪、11月初めですが室堂付近も50cmくらいは積もっています。
Pb030022
朝、到着してまずは軽く室堂周辺を散策。みくりが池もよーくご覧のよう。凍ってはいませんが。
Pb030020
一ノ越まで登りましたが、強風でこれ以上は進めませんでした。ご覧のようなありさまです。
Pb030037
明日また登る予定の一ノ越で記念撮影。背景は山ですが何も見えませんね。
Pb030036

あまりの寒さにこの日は宿に戻るので、斜面を滑って降ります。滑るって言ってもお尻で、です。わずかな距離ですが、なかなか楽しい。
Pb030039
宿に戻って、しばらく一服。やっぱり立山で飲む酒は「立山」ですね!
Img_3477
みくりが池温泉は山小屋であり旅館でもあるので、食事は立派なものが出ます。この時期、一般宿泊客は少ないですが。ご覧の通り、普段の山小屋では考えられない食事です。富山湾のお刺身やほたるいか沖漬けも出ました。Img_3478
今日見た鳥:なし
今日の山食:パン、干しマンゴー

| | コメント (2)

2012年11月19日 (月)

屋久島(三日目)

屋久島三日目。10月26日、今日も快晴です。いよいよメインイベントの宮之浦岳登山。往復は16km。登山道からのピストンです。

まずは7時に淀川登山口へ。何やらたくさんの人がいます。この日はJR山岳会の大会があるらしく、200名が登っているとのこと。ひぇ〜。
でも先行して登られている団体さんを除いてはほとんど登山客はなし。
20121026yakushima2
淀川登山口の名前の淀川です。美しい川。
20121026yakushima3
登山口から4kmほど進むと、花之江河(はなのえごう)という湿地があります。南国・屋久島にある高地湿原。季節が違うので寂しい感じですが、夏にはおそらく高山植物がたくさん咲いているのだと思います。
20121026yakushima4
花之江河から見える高盤岳にはトーフ岩という岩が山頂にあり、あたかも豆腐を包丁で切ったように見えます。屋久島は島全体が花崗岩の隆起によって出来上がった島なので、このような奇怪な巨石がゴロゴロしてます。
20121026yakushima5
やっとこ、ここで中間地点付近。ちなみに今日は片道8kmですが、昨日のトロッコ道と異なり延々と登山道なので、アップダウンもきつく大変厳しい道のりです。JRの団体さんともたくさんすれ違うので、思ったように進めません。
20121026yakushima52
屋久島奥岳の核心部はこんな感じの岩&山です。みんな決まって山頂に岩、岩、岩。
20121026yakushima6
そうして、約5時間。タイムリミットに考えていた昼12時の間際、11時51分に山頂へ到着しました。
ここまでたいして食べ物も食べていません。時間がないのと、疲れていて食べる気がしないのです。今日も宿でお弁当を買っていたのですが、けっきょく食べずじまい。あんぱん1個で済ませました。
宮之浦岳の標高は1935m。九州全体の最高峰です。
20121026yakushima7
山頂に佇む姿はスターウォーズっぽい、ですね。
20121026yakushima8
宮之浦岳の隣は永田岳。縦走する人達は続いてこちらに行く人もいます。私たちは登ってくる人の中で日帰り組の中では最も遅い組でした。縦走の人はこの先に避難小屋がありますので、もう少しゆっくり登ってきます。山頂で折り返す人は日が暮れてしまうので、写真を撮ったらさっさと引き返します。
20121026yakushima9
とにかくこの日は暑かったので、500mlしか持ってこなかった水では足りず、湧き水を探して歩きました。屋久島はたくさん水があるイメージだったのですが、さすがに稜線に出てしまうとそれほど水場がなく、喉がからからに。やっと見つけた水場がありがたかったー。やはり水は最低1リットル持つべきだということを痛感。
最後に鹿さんが現れました。ひたすら草を食っていて人間にはまったくおかまいなしの様子。屋久島は冬は雪が積もるので秋には一生懸命食べるそうです。
20121026yakushima10
前日の縄文杉ツアーに続き、この日はさらにアップダウンの激しい岩場の道。まさに疲労困ぱいの宮之浦岳往復となりました。でも終始天気がよく、最高の山行となりました。
今日見た鳥:おぼえてない
今日の山食:あんぱん

| | コメント (2)

2012年11月18日 (日)

屋久島(二日目)

屋久島のアップがなかなかできなかったのは写真がたくさんありすぎたからなんですが、一日分の記事にまとめるのもなかなか骨がおれます。

二日目は屋久島一番の名所、縄文杉への日帰りツアーでした。
道は単純なので自分たちで行ってもいいのですが、何しろ往復11時間。ひたすら二人だけで歩くのもつまらないので、屋久島ガイド協会さんの企画ツアーに参加しました。参加者は私たち夫婦二人と、福岡から来た美人姉妹、そして男性ガイドSさんとの5名でした。
出発はホテルを4時半、そこからバスで登山口まで行き、歩き始めたのは6時半頃だったかな。ここからトロッコ道約8km、登山道3km、計片道11kmの行程が始まります!
Pa252801
トロッコの線路の上を歩いて行きますが、枕木の間隔がバラバラなので歩きにくい! 木の上に足をおくのがいいのか、間におくのがいいのか迷います。でもこんなトンネルとかあったりして楽しめる。
Pa252808
また途中にはこんな朽ち果てたディーゼル機関車が捨てられてたりして。
Pa252812
橋もありますよー。足を踏み外したら落ちそうです。
Pa252842
むかし屋久杉を切り出す林業によって村落だった場所を通り過ぎたら、うしろからトロッコ列車がやってきました!グリーンのかわいい機関車です。いまは上からトイレのし尿を下ろすのに列車が使われていて、作業される方達が乗って行きます。一般人はけが人でもない限り乗れません。
Pa252852
トロッコ道の終着点がトイレ&休憩スペース。ここからいよいよ約3kmの山道が始まります。他に歩いてる人達は若い人が多くて、学生さんのような感じでした。平日でしたしね。
Pa252878_2
ここから傾斜が急になるんですが、大きな屋久杉が見られるエリアになります。有名なのがウィルソン株。切り口がハートの形ってことで。でも切り株の中でハートの形に見えるのはピンポイントの1カ所で、ここから撮るために混んでる時はすごい行列するそうです。でもこの日は平日で数人しかいませんでした。切り倒す前はすごくまっすぐな大きい杉だったそうですよ。
20121025yakushima3
20121025yakushima2
つづいて出てくるのは大王杉。縄文杉が発見されるまでは最大の屋久杉という位置づけだったそう。
20121025yakushima5
そして、歩き始めて早6時間近く。いよいよ縄文杉の登場です。ひと際異彩を放つ風貌と、大きさ。わざわざ皆さんが見に来るのもわかります。発見は意外と最近で昭和40年代。それまで人知れず森の奥に佇んでいたんですね。
20121025yakushima4
縄文杉ツアーはここが終点。ここからUターンしてもときた道を帰ります。往復11時間半。17時のバスに乗って街へ戻りました。そして明日はいよいよ登山の日。
今日見た鳥:ズアカアオバト、カケス
今日の山食:宿のお弁当

| | コメント (2)

2012年11月17日 (土)

二度目の屋久島(1日目)

1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。この間いろいろと忙しくて。

10月24〜27日で屋久島に行ってきました。屋久島はちょうど2年前の10月に言ったんですが、台風の直撃を受け、山には登れずじまい。今回はそのリベンジなのでした。
まずは桜島から。この写真を見ただけでも天気がよかったことがうかがえますね。いい青空でした。
移動は鹿児島から高速船で屋久島へ行きます。
20121024yakushima1
船旅は約2時間。途中船の窓から開聞岳がきれに見えました。ここも登ってみたいなぁ。
20121024yakushima2
到着した日は特に予定なし。翌日からハードな二日間が待っているのでまずはのんびりした一日をすごしました。まずは屋久島で一番「高級な」岩崎ホテルで、お茶だけ。私たちは温泉宿に泊まってます。
岩崎ホテルのロビーには屋久杉の巨大な模造品があるんです。これを見に行きました。映画のセットとかを作る人が造ったそうですよ。すごくリアル。
20121024yakushima3
そしてこのロビーから吹き抜けの天井まである大きなガラス越しに見えるのがモッチョム岳。前回も登れなかったけど、今回も予定はなし。名前の響きに惹かれるんですが、登ってみたい山。形も荒々しいです。
20121024yakushima4
宿の夕飯まで時間があったので、島には数少ない雑貨・おみやげのお店へ。屋久島は観光客が沢山来ると思うんですが、あまりおしゃれな店とかはないんですよね。ここにはかわいい猫ちゃんがいました。女の子によると名前はジョーだそうです。フワフワの毛のかわいい男の子でした (^ ^)/
20121024yakushima5

| | コメント (4)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »