« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月17日 (月)

尾瀬テント泊(後編)

テント泊の翌朝は日の出前の写真撮影からスタート。
テント場からほど近い尾瀬ケ原の湿原にて、朝焼けを撮ろうとヘッドランプを付け出かけました。歩いて20分くらいのところに、そこそこ大きな池塘がありまずはそこで撮影。

20120915oze1


もう少し行くと逆さ燧(水面に映る燧ヶ岳)が見られる池があるのでそこへ行くと年配の先客がお一人。今日は朝焼けの焼け方がぜんぜん物足りないそうで、がっかりして宿へ帰って行かれました。私は初の尾瀬探索なので、空の焼けがどうというのは気になりません。たしかに赤みは少ないですが自分でもいい風景が撮れたと思いました。

20120915oze2


テントに戻り、朝食(インスタント雑炊)を食べ、今日のメインイベント至仏山へ。至仏山は蛇紋岩という濡れると非常に滑りやすい岩石が多いので、尾瀬ケ原からの登山方向は登りのみの一方通行。たしかに下向きに降りて来たら怖そうな箇所がありました。
写真:蛇紋岩の岩肌と、イワヒバリ。

20120915oze7


また尾瀬はいまリンドウのシーズン。夏に比べて花の種類は多くないですがきれいな青い花を見ることができました。リンドウはつぼみのように見えますが、これで咲いています。

20120915oze4_2


今回いっしょに登った方が非常に登りに弱い方なので、標準タイムから大幅に遅れて山頂へ着きました。標高は2228m。ゆっくり登りすぎたせいか、私まで非常に疲れた状態。ここからまた4時間ほどかけて下山。無事になんとか駐車場へもどり、温泉経由で帰宅の途につきました。至仏山なんぞでこんなに疲労するとは…。

20120915oze5


| | コメント (0)

2012年9月16日 (日)

尾瀬テント泊(前編)

20120914oze1

9/14〜15と初秋の尾瀬に行ってきました。
山によく登っているのに尾瀬に行ったことがないと人に言うのが恥ずかしかったのですが、今回機会があって山仲間の男3人でキャンプをしてきました。
テント場は山ノ鼻というところにあり、駐車場のある鳩待峠から歩いて1時間ほどです。鳩待峠は休日にはマイカー規制があるのですが、金曜日3人とも会社のお休みをいただいたので、車で直行できてラッキーでした。


初秋とは言え、この夏の暑さ続きですから、紅葉などしているわけもなく、広葉樹の緑はまだ青々としています。テントで寝たこの晩も全然寒くなくて、寝るには快適でした。

20120914oze2


着いたこの日は尾瀬ケ原散策ということで、ご覧の写真にあるようなよくある木道を歩いて、1周約4時間ほどのコースを歩いてきました。もちろん平地ですし、下は木なので歩きやすくて快適です。湿原は思ったより広くて、ぐるっと廻るのに10km近く歩いた気がします。天気は快晴、人の出は平日だけあって少なく、とてものんびりしていました。

20120914oze3


湿原にはところどころに池塘(ちとう)と呼ばれる水たまりのような池が点在していて、そこには羊草という蓮が咲いていました。ひつじと呼ばれるのは花が咲くのが昼過ぎだからだそうで、たしかに翌朝見た時にはぜんぜん咲いていませんでした。
ここの湿地帯はむかしダムを造ろうとした計画があって、自然を守る運動をした一人の人の活動の成果で守られたそうです。ここにはいろんな生き物が住んでいるらしく、半日歩いただけでも、バッタ類、トンボ類、イモリ、アブラハヤ、ツバメ、その他水鳥、ワシタカ類などいろいろな生物を見ました。クマも現れることがあるそうですね。

20120914oze4


今回登る予定はない燧ヶ岳(ひうちがたけ)が前方に見えます。(写真上)
そして翌日登る予定の至仏山(しぶつさん)が反対正面にあり(写真下)、両百名山に挟まれたかっこうで、この尾瀬ケ原があります。形てきには少し荒々しい姿をしたのが燧ヶ岳で、東北的な柔らかい形をしたのが至仏山ですが、実際は燧ヶ岳が福島県、至仏山は群馬県に位置しています。この2つの山があることで、尾瀬ケ原の景観をより印象的なものにしているのですね。

20120914oze5
20120914oze6


| | コメント (2)

2012年9月 3日 (月)

鳥取・島根の旅(後編)

8/25朝、大山に登ったあとは出雲へ移動。車で出雲大社へと向かいました。出雲大社は何十年かに一度の修理の最中で、本殿は工事用フェンスの中。残念ながら見られませんでした。とにかくこの日は暑くて、参拝だけでも大変。日陰あんまりないし。

20120825izumo1


参拝後は古代出雲歴史博物館へ移動。
写真は古代出雲大社の本殿と想像されるものです。柱の遺構はありましたが、建造物がどんなだったかは想像の域のようですね。でも当時は東大寺の大仏殿などと並び称されるほど大きな建造物だったようです。

20120825izumo2


古代出雲歴史博物館は、展示がなかなか斬新でかっこいいし、カメラの撮影もOKでした。出雲周辺の遺跡で発掘された国宝級の剣や銅鐸などがライトアップされて展示されています。

20120825izumo3

20120825izumo4


博物館見学後は出雲を出て、松江に移動。宍道湖の湖畔を東へ走るのですが、並行してローカル電車の一畑電鉄が走っています。

20120825izumo5


松江で島根県立美術館を見学して、宍道湖に沈む夕日を眺めました。ここは美術館の外側なんですが夕日の有名なスポットで、この日もたくさんの人が夕暮れに集まって来ていました。ほんとに綺麗な夕日です。

20120825izumo6


| | コメント (2)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »