« 奥穂高岳(後編) | トップページ | 白馬岳(後編) »

2012年8月13日 (月)

白馬岳(前編)

8/10〜11と会社を1日お休みいただいて、長野・富山県境にある白馬岳へ登ってきました。今回は旅行会社のツアーではなく、知り合いのガイドさん企画の個人ツアーのような形です。ガイドさん含め、パーティーは5名。団体でぞろぞろ登るようなツアー登山と違って、少人数で楽しく登ることができます。年も性別も違いますが参加者4名はもちろん山好き。高山植物にも興味のある人ばかりなので、ガイドさんから花の名前を聞いたりしながら登って行きます。なぜなら白馬岳はこの時期、花の名所でもあるからです。

登り口は猿倉という場所で、そこから1時間ほど入ると大雪渓というところに出ます。夏でも雪をたくさん残す白馬岳登山の名所です。その大雪渓の裾にあるのが白馬尻小屋。この辺りで、足にアイゼンを付け、雪渓を約3時間登って行きます。

20120810hakuba1


雪渓は涼しくて登りやすい場所ですが、落石も転がってき易い危険地帯。雪による地盤の崩壊で崩れたりしたときに、非常に大きな石も転がってくる可能性があります。実際数年前に大事故もあった場所です。なので、あまり休憩は取らずにとにかく安全が確保される場所まで、少しずつ一気に登るのがリスクを低める歩き方。だからメンバーはけっこう疲れていたようです。(私はそうでもなかった)

20120810hakuba2


こんな感じで、人気のある山なのでたくさんの登山者が一列をなしてこの雪渓を登ってきます。この人達が上に2軒しかない山小屋に泊まるかと思うと、少しぞっとします。この時のメンバーの話題は、今晩いったい1畳に何人だろうという話でもちきりでした…。(実際、この5人で6畳の和室だったのでぜんぜん問題なかったのですが)

20120810hakuba3

20120810hakuba4


先ほど書きましたように、白馬は花の山。先日の奥穂高岳とはまた微妙に種類の違う高山の花々が見事に咲いています。数は何十種類かもしれません。花と緑と、白い雪、青い空、そして岩が本当に美しいです。

20120810hakuba5


雪渓を登り終えると、岩の斜面が続き、ようやく稜線に出ました。奥に見えるのがこの日泊まった白馬山荘です。古い山小屋で、日本最大と言われています(収容人員約1200人)。まぁ、そんなに泊まったあかつきには布団がどんな風か考えたくもないですけど…。

20120810hakuba6


小屋に荷物をおいて、山頂へ。白馬岳山頂は2932m。けっこうな高さですよね。今日1日で6時間くらいかけて1700mの高低差を登りました。みんなヘトヘトです。(私もそれなりに、というか空腹でふらふらだった)
実は今回は嫁もいっしょでした。

20120810hakuba7


この後、山小屋で生ビールを何杯かとワインで今日の登頂を祝ったわけですが、幸いだったのはお盆休みの1日前に来ていて、しかもこの後の日程があまり天気がよくない情報があったためか、けっこう空いていたことです。途中1畳に2人以上ではないかとの憶測でみんな戦々恐々としていましたが、何のこたなくぐっすりと8時間以上寝られましたzzz。

今日見た鳥:イワヒバリ(残念ながらライチョウは観察できず)
今日の山食:昼 チーズパン、あんぱん少し
      夜 小屋の晩ご飯&ビール&ワイン&もつ煮込み&枝豆(山頂の宴会)


2日目につづく。


|

« 奥穂高岳(後編) | トップページ | 白馬岳(後編) »

コメント

奥様もご一緒だったのですね!
お元気ですか?
(最近、ベアーの首の調子が気になるのですが。。。)

5枚目の写真は外国のようですね。。。
とっても綺麗。

近頃のぼーちゃんさんは、更にたくましくなられたような?

投稿: みっこ | 2012年8月15日 (水) 20時59分

>みっこさん
そうなんです、今回は嫁同伴でした。
おかげさまで元気でやっています。
>近頃のぼーちゃんさんは、更にたくましくなられたような?
太ったってことですかね?太ってはいませんよ(笑)!

投稿: ぼーちゃん | 2012年8月15日 (水) 23時30分

違いますよ!(笑)

日焼けし、爽やかな笑顔!
鍛えられた「筋肉!」といいたかったのですよぉ・・・

ふふふ。。。

投稿: みっこ | 2012年8月17日 (金) 14時17分

>みっこさん
あははっ。そうでしたか。

投稿: ぼーちゃん | 2012年8月18日 (土) 03時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥穂高岳(後編) | トップページ | 白馬岳(後編) »