« 奥穂高岳(前編) | トップページ | 白馬岳(前編) »

2012年8月 7日 (火)

奥穂高岳(後編)

登頂までは雲も多く天気がいま1つでしたが、最終日は最高の晴れ!朝からいい青空が出ていました。
朝は早い人でだいたい4時くらいから支度を始めます。食事は5時から。その頃ちょうど朝日が出て、ご来光の写真を撮る人も。

20120730okuhodaka0


6時には下山を始めました。何せ下りは8時間くらいかかるので、この時間に出発しても昼をゆうに過ぎてしまいます。

昨日登ったピークはこのてっぺんのもうちょっと奥の見えない場所にあります。

20120730okuhodakadake


チングルマの咲く斜面と北穂高の南稜。他にもたくさんの小さな高山植物が咲き乱れています。まさに花畑!

20120730okuhodaka3


行きにも通った涸沢小屋。ここで飲むコーラはうまかったぁ!1本300円はしますけど。そして、このころには私の足はもう大変なこことに。

20120730okuhodaka2


小屋で一休みしたら、雪渓を渡ります。普段よりうんと雪が多いので、まるでスキー場にいるかのようです。とにかく紫外線がきつい! 傾斜はないのでアイゼンは要りません。時折、雪渓を抜ける風の通り道でめっちゃ涼しい箇所があって気持ちいい!

20120730okuhodaka


涸沢のすばらしい青空と、雪渓の白さと、高原植物のグリーンをバックに赤いシャツで記念写真。ちなみに足は非常に焼けていて、しかも初日山小屋での虫さされも加わって、もはやシャツ同様に大変な赤さになっています。(写真ではあまり確認できませんが)

20120730karasawa


この場所からさらに4〜5時間下って、ようやく上高地へ戻り、バス停についたのは予約していたバスの5分前でした。あぶないあぶない。途中写真などを楽しみすぎました。

|

« 奥穂高岳(前編) | トップページ | 白馬岳(前編) »

コメント

「サマーレスキュー」ドラマ放映中。
山を知らない私はとても勉強になります。

前回のお話は・・・
山でのお写真に夢中になり滑落・・・
ぼーちゃんさんはそのような事はないと思いますが
お気をつけてくださいね。

ぼーちゃんさんの日記は、
自分が知らない世界を知る事ができるのでとても楽しい。
まだ雪があるなんて・・・

投稿: みっこ | 2012年8月 9日 (木) 06時02分

>みっこさん
サマーレスキュー、見たことないんですよね。面白いですか?
写真に気を取られて転落、ありそうな話です。
私も気をつけます。

投稿: ぼーちゃん | 2012年8月 9日 (木) 19時17分

少し天候が今一歩だったようですね。私は7/31~8/2で奥穂と涸沢岳に登りました。快晴に恵まれ幸運でした。

一点、涸沢小屋から雪渓を渡られたとありますが、この意味がわかりません。涸沢小屋からは、まっすぐ雪渓の北斜面を降りれば、下山道に続きますが・・・。ちょっと不思議に思っただけですから、気にしないでください。(^.*)

投稿: senda3 | 2012年8月27日 (月) 20時35分

>senda3さん
初めまして?ですかね。以前にもコメントございましたらすみません。
私の日程では最終日のみが快晴でしたが、やはり夏の3000mは
曇り空でもたいへんな紫外線でしたので、相当焼けてしまいました。

ご指摘の雪渓ですが、あえて雪渓を渡ってから下りましたので、
もちろん真下に降りることもできました。みんなで雪の上を歩こうと
いうことでのコース選択だったのです。

投稿: ぼーちゃん | 2012年8月27日 (月) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥穂高岳(前編) | トップページ | 白馬岳(前編) »