« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月23日 (月)

ハナの旅立ち

わが家で約17年間連れ添った猫のハナが7月22日夕方亡くなりました。

20120722hana


大阪に住んでいた頃に飼い始め、東京に引っ越し、さらにいまの家と、2回の引っ越しを共にしていた猫です。マンションなんで、外に出ることもなくいつもいっしょにいたわけで、既にいないのがなんか不思議でもあります。

うちに来たのは1995年の10月。私が家に帰った時、そのとき家のあったちゃぶ台の下で神妙な顔をして座っていたのをいまでもはっきり憶えています。嫁が昼間に連れてきてたわけですが、顔がかわいくって、すぐに好きになりました。

小さい頃は運動神経抜群で、ジャンプ力なんか他の猫よりも飛び抜けていました。ふすまと壁を囲んでくるっと回れる形の家だったので、かくれんぼしながらよく遊んであげたものです。その分、家を破壊することも多かったので、ふすまや壁やソファ、どれだけお金を使ったか…、なんていうのももう思い出になってしまいましたね。

2ヶ月くらい前までは普通に元気だったのですが、最近は食が細くなったり、痩せてきていたので、もう年なのかなくらいにしか思ってなかったのですが、昨日出かけて家に帰ってみるとお風呂場で倒れていて、体も少しぬれた状態で、もはや息も絶え絶えの状態に。あわてて座布団に寝かせてあげて呼びかけてあげたのですが、けっきょくお医者に連れて行ってあげる間もなく息を引き取ってしまいました。

これほどまでにあっけなく、そして急なお別れをしなくてはならないとは思いもよらず、最初は呆然としてしまいました。何せこれまで医者に行ったのはうちにきた直後の最初の年と、つい1年くらい前に膀胱炎で1回だけ薬を飲んだ、2回だけだったんです。それくらい病気には無縁の猫だったので20年以上生きるだろうくらいに考えていました。なのに、こんな突然な別れになってしまうとは…。でも、最後に瀕死の状態でしたが、何とか生きていたのは、家族が帰ってくるのを待ってたんではないかと思うとほんとに偉かったねぇと言ってあげたいです。平日だったらもっと帰りが遅くて間に合わなかったかもしれません。それが日曜日だったのもきっと神様がそうさせてくれたに違いありません。


今日、午後火葬してあげました。焼くときには大好きだった海苔と缶のご飯(ふだんはカリカリだった)を入れてあげました。骨も真っ白でいかに健康だったかがうかがえました。

これを読んでいただいた方には実際にお会いいただいた方もいらっしゃると思いますが、ほんとに他人のお客様には姿を見せない臆病な子でした。反面、私がソファに座ると必ずひざに乗ったり、食事をしていると隣の椅子に座って来たり、家族とはいつも生活を共にしていたハナ。別れて先に旅立ってしまいましたが、私と家族の胸の中に生き続けてくれることと思います。


さようなら。

| | コメント (4)

2012年7月16日 (月)

筑波山

20120715tsukubasan

連休の中日、きのう15日(日)に行ったのは筑波山。関東平野にある身近な山ですが、わが家からはちょっと遠いので行ったことがありませんでした。
着いてみるとあいにく山頂はこの雲。せっかく来たのに展望はなしかな、と思う。間違ってバスの走るような車道ではなく、旧道から入ってしまいましたがとてものどかな雰囲気。

20120715tsukubasan2

山頂は男体山(なんたいさん)と女体山(にょたいさん)があり、女体山の方がわずかに高い877m。ロープウェイやケーブルカーでも山頂少し手前まで上がれるので、普段着の人も多い山。高尾山と似たような感じです。

でもそこが落とし穴で、登るとけっこう岩も多くきっと手こずります。しかも昨日は非常に道がぬかっていて、登山靴でない人はかなり辛かったはず。私もなんですが…。

山頂に着いた頃には雲も少し晴れて来ていて、一面に広がる田んぼと関東平野が臨めました。平野に突然そそり立つこの山ならではの展望。


20120715tsukubasan3

岩山の風合いを持つ女体山の山頂には大きな「日本百名山 筑波山」の石碑が。人がすごくてなかなか写真が撮れません…。


20120715tsukubasan4

こちらは男体山山頂。女体山よりひっそりしています。登ってくる人も少なめ。とにかく両山頂以外にも特徴的な各岩々に祠があって祀られています。昔から信仰を受けていた山なんですね。

| | コメント (0)

2012年7月 9日 (月)

雨上がりは陣馬山

20140708jimbasan1

朝方は天気の悪かった日曜日ですが、昼から明るくなって来たのですかさず山へトレーニングで登ってきました。雨上がりなので、途中ぬかっている場所もありましたが、それほど靴も汚さずに山頂へ約1時間。

20120708jimbasan2

山頂ではいつものかき氷が待っています。夏はやっぱりこれが美味い!体も冷やされるし、ほっとしますね。


20120708jimbasan3

降りてくると、これまたいつもの楽しみの山下屋さん。今日はバスまで1時間あったので、遅めの昼と、ビールとついでに日本酒もいただきました!そしてご主人との会話も楽しませていただきました。今年、裏の家屋もお店に直されて、お店が拡大したようです。

私はいつも高尾駅からバスですが、車だったら圏央道の八王子西ICからも近いし、登りにくるには本当に便利な場所です。何より高尾山のように混んでないのもいいし。私にはトレーニングにちょうどいい急登もあるし。半日を過ごすのにはとっても楽しい山ですよ。

| | コメント (4)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »