« 今年初の高尾山 | トップページ | 雪の高尾山 »

2012年2月13日 (月)

熱海・MOA美術館

20120213atami1

今日は会社を休みまして(今月交代で1日ずつ休み)、日帰りで熱海に行ってきました。

かなり昔から行きたかったのですが、2月のみにしか公開されないMOA美術館の「紅白梅図屏風(尾形光琳)」を見に行ったのです。MOA美術館に行くのも初めて。熱海駅の辺りから車で急坂をずっと登って行くと美術館があります。そして美術館に入ってからさらに延々とエスカレータを乗り継ぎ、
やっと最上階の展示室にたどり着く。さすが宗教団体。アプローチにも手が込んでます。


20120213atami2

登って来ただけあって、ここからの海の眺めは最高。


20120213atami3

展示室にまずあるのは能楽堂。定期的に能の講演も開かれているようです。


20120213atami4

そして黄金の茶室。豊臣秀吉のそれを復元したものだそうです。


20120213atami5

そして、琳派の作品がたくさんあり、その中に「紅白梅図屏風」があります。先日のNHKで中央の川を表現した銀の文様をどのような技法で製作したか、デジタル顕微鏡で再現していました。その時の画像を印刷した復元品がおかれており、これは撮影可でした(もちろん実物は撮影不可)。
現物を見たのは今回初めてで、やはり印刷やテレビで見るのと違ってホンモノの描写を間近で細かに見るのはいいですね。わざわざ熱海へやってきた甲斐もありました。

|

« 今年初の高尾山 | トップページ | 雪の高尾山 »

コメント

素敵ですよね。。。
私も言ってみたい場所ではございます。はい。

以前「宗教団体の・・・」と知った時には私、驚きました

投稿: みっこ | 2012年2月14日 (火) 10時45分

>みっこさん
世界救世教でしたっけ。すごい建物ですよ。

投稿: ぼーちゃん | 2012年2月14日 (火) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年初の高尾山 | トップページ | 雪の高尾山 »