« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月30日 (日)

さらばパオ

20111030pao


いよいよパオとお別れの日です。

近くの中古車屋さんへ売っても廃車になって終わりでは申し訳ないので、せっかくなので横浜にあるパイクカー専門店へ売却にいきました。
途中嫁はやっぱり売りたくないと言ったものの、けっきょく査定してもらったら床の錆がひどく、キャンバストップも布生地が縮んでいて全開しないなど、不具合箇所も多く金額が二束三文だということがわかりました。このまま乗るとしても、きちんと乗るには手直しが必要だし、デルタに乗っていながらセカンドカーにそんな金銭はかけられないということで、ほんのわずかな額でしたが売ることにしました。
しかも私が購入する以前にメーター改ざんされている可能性があるとのことで、うちの愛着度合いほどいい個体ではなかったらしく、そのあたりも手放す動機に追い打ちをかけることになりました。本当に毎日乗る足として必要だったら乗るんですが、休日にデルタとの代わりばんこでは、維持費だけでももったいないという結論で。

ま、とはいうものの、4年間ともに暮らしたパオに感謝をし、次の新たなオーナーさんが現れてくれることを楽しみにしてお別れしました。

4年間の修理箇所
・燃料ポンプ
・ヒーター
・タイヤ交換
・バッテリー交換


20111030pao2


| | コメント (9)

2011年10月28日 (金)

パオのラストドライブ

20111028okutama


今日は先日の出張の振替休日。
パオは今週末でお別れなので、たまにはこれで奥多摩でも行こうと思って乗ってきた。
お茶をしたのは古い民家をお店にした喫茶店。こちらで有機栽培コーヒーをいただきました。さっぱりした味。散歩の達人に載ってたので寄ってみたのですが、何だか紹介されてた部屋と違って残念。

20111028oodakesan


御岳山ケーブルカーで御岳山へ登り、そこから大岳山へ。登る途中、カケスを見ました。けっこう大きいカラスのなかま。
今日は雲もほとんどないいい天気でしたが富士山の方は靄1。富士山、まだ黒々してますね。もう11月になるのに。

今日の山食:みそラーメン
今日見た鳥:カケス

| | コメント (4)

2011年10月23日 (日)

上海出張

20111021shanghai1

そうえいば、Blogの更新するのもすっかり忘れてた。
10/20〜22まで上海に出張に行ってました。
上海へ行くのは2度目。仕事では初めてです。

用件は、カタログの制作をやってくれている会社の人(日本人と上海人)との打ち合わせと、他の物件で工場に立ち会いに行くのとの2件でした。打ち合わせの方も問題なく終わり、物件の立ち会いの方もそれほどひどい仕上がりのものはなく合格レベルでした。もう1軒、別の担当者の物件で、別の工場へ。ここも一般的な中国国内の縫製加工とビニールの溶着加工の工場です。どこの工場へ行っても見た目はだいたいこんな雰囲気です。あとは人数が多いか少ないかくらい。ただ、まぁ仕上がり具合はその工場の技術レベルと監督の仕方次第ですので、それは千差万別。


20111021shanghai2


印刷している現場もいつもこのような感じです。今回はあるキャラクターの印刷をしていますが…。広いのは中国ならではですね。日本ではこんなに広い面積を使って印刷はできません…。


今回は2泊3日でしたが、我々の現地事務所にいる上海人の人達とも会うのが初めてだったので、みんなが好きな焼き肉屋へとGO。上海は日本人が何万人もいるので日本料理の店も多いですが、焼き肉は向こうの人にも人気があるらしくて、満員です。その前日も本当は新疆(ウイグル)料理を食べたかったのですが、何十人も待っていてあえなく日本料理に変更。だから3日居たのに中華料理を1つも食べないという事態となってしまいました。ま、向こうの人はせっかく日本人が来てごちそう食べれるチャンスだから中華料理にはあまり興味はないですよね。

20111022shanghai_2


よく上海は万博以降すごく変わったとみんな言うのですが、私は今回観光地にまったく行ってないので以前との違いがよくわかりません。ホテルの窓から見える風景も、よくある中国のそれでした。変わったなぁと思ったのは以前は日本車か欧州車がほとんどだったのが、いまは中国車になったこと。形は日本車によく似てるんですが、国産車の比率がすごく高まりました。自家用車を持ってるという人は社長さんくらいですけどね。でもそのうちみんな乗るようになるのでしょう。

| | コメント (2)

2011年10月12日 (水)

連休は景信山

20111009kagenobu2


三連休は高尾山へ行く人の群れがすごかったです。
高尾山口往きの電車は満員。山頂はさぞやすごかったことでしょう。私の周りにも普段山なんか登らない人も連休に山へ行ったという人が何人かいました。

私は高尾山と尾根つづきの景信山へ2日連続で行きました。どちらも初心者を引率しての日帰りツアー。

20111009kagenobu20111010kagenobu


記念写真も同じ場所。景信山は高尾山から1時間程度ながら、高尾山からここまで来る人はほとんどいないので、お昼に行ってもゆっくり食事ができます。というか、落ち着いちゃってついつい居眠りも。

20111009kagenobu3


お昼は今回、缶詰。コンビーフなんかを網で焼いたり、イワシの蒲焼きをバーナーで温めたり。意外とこんなもんが美味かったりするんだな。

1日目のコース:小仏バス停→景信山山頂→小仏峠→小仏バス停
2日目のコース:小仏バス停→景信山山頂→底沢峠→陣馬高原下バス停

| | コメント (2)

2011年10月 2日 (日)

鰻博覧会

20111002eelexpo


東大博物館での「鰻博覧会」。
うなぎ好きの私にとって非常に興味深い企画展。

うなぎって人類の科学の歴史の中でもいまだにその生態がよくわからない不思議生物の1つ。これまでもうなぎの誕生場所の探索に巨額が投じられていて、つい最近初めて卵が採取されたという生き物なのだ。ちなみに鰻の養殖というのは稚魚を捕獲して育てているので孵化させている訳ではない。

20111002eelexpo2


こんな風に何十年もかけて捜索がだんだん産卵場所に近づいて行き、2009年に深海から卵が見つかったのです。昔は泥の中から産まれていると思われていたとか。身近でたくさん食べられているのに不思議ですね。

近頃はシラス(うなぎの稚魚)が減っていてうなぎの捕獲高が激減しているらしい。うなぎ屋さんも売り切れ御免で店じまいするところが多いですよね。なくなったら悲しいなぁ。

| | コメント (7)

夕方の陣馬山

20111001jimbasan1

今日はお決まりのコースなんですが、ちょっと遅めのスタートで陣馬山。

いつものように陣馬山バス停から山頂を目指しますが登り始めがすでに2時半でした。3時過ぎに山頂へ付き、さてコーヒーでも沸かして飲もうかと思ったら、ありゃ、コップがない。やかんだけ持って来て、飲むものを忘れました。でもせっかくバーナーも持って来たので賞味期限が2ヶ月前に切れていたミニカップラーメンだけ食べてと。あとは本をしばらく読んで涼しくなって来たので帰りました。
もう夕方なので人影はほとんどなし。下るときに1人だけすれ違いましたが、夕焼けでも見に来たのかな?あと、けっこう大きめのキツツキがいましたね。アカゲラかな。


20111001jimbasan

降りてきたらやっぱりこれです。
今日は山下屋さんで、枝豆、竹の子、たくあん、きのこそばをいただきました。前にも書きましたがここのお蕎麦はほんと美味い。そして2杯目はやはりお酒をいただいて、帰宅の途につきました。もう真っ暗。日が暮れるのがだいぶ早くなりましたね。

今日の山食:カップラーメン
今日見た鳥:シジュウカラ、アカゲラ


20111001jimbasan2


| | コメント (4)

2011年10月 1日 (土)

ボルダリングジム

20110929bouldering


木曜の会社帰り、ボルダリングジムへ初トライ。
ボランティアツアーに行ったメンバーの人が知り合いがやってるというので、何人かでいったんです。たまたま自分の会社からもバスで10分の場所。品川の埠頭の方にあるロッキーです。
最初はインストラクターの方に初歩的な動きを教えてもらいました。でもあとは壁に岩に似せたホールドという突起に手と足をかけ自由に登っていいんです。何時間いても固定料金。もちろん体力が持てばの話ですが。
ホールドを登るルートは級によって難易度が決められていて、それぞれ色や印で使うところが決められています。手だけ決められていて足は自由に使っていいところとか、手と足も印のついているところしか使ってはいけないなど。
来ているのは半分近く女性がいたかな。いっしょに行ったメンバーも男女で2:2でしたのでけっこう女性比率が高いです。腕力で登るイメージがありますが、実際は人間が手だけで体を支えるなんて限界があるので、足が基本で手を添えながらというのが理想のようです。とは聞いてるもののやっぱり腕を使ってしまうので1時間くらいやったらもう疲労。あまり突起をつかめなくなってきたところで終了としました。上級者になると全身を使って登るので腕よりも足とか他の部分がパンパンになるそうです。

この日は店の雰囲気がわかったので、また時々来てみようと思います。外の岩場とは違いますけどやっぱり練習にはなるので。

| | コメント (4)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »