« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月25日 (日)

滝の名所・川苔山

20110925kawanoriyama1


奥多摩で唯一これまで目指してなかった山、川苔山へ行った。今日は一人の登山。
いきなり写真に見えるのは百尋滝(ひゃくひろだき)。東京都内と思えないド迫力の滝。真夏に来たら涼しいだろうなぁ。奥多摩駅から、川乗橋までバスで13分。そしてこの滝までが約1時間です。

20110925kawanoriyama2


百尋滝に至るまで実は大小数十の滝があります。滝を見ながら沢を右へ左へと移りながら登って行きます。

20110925kawanoriyama3


こんな橋もたくさんあります。


20110925kawanoriyama420110925kawanoriyama5


滝を見てからさらに1時間半以上。急坂も登りながらやっと山頂へ。バス停から2時間半。もし都心から来ていたら5時間はゆうにかかります。東京恐るべし。


20110925kawanoriyama7


山頂までの前半がほとんど沢沿いだったのに対して、鳩ノ巣駅へ向かって行く下りはほとんどが森の中。なかでも前半は広葉樹林の森を抜けて下って行く道で、11月の紅葉になったらきれいそう。ブナやコナラ、カエデなどの樹が両際に立ち並ぶ。そしてこの道を延々とさらに2時間ほど下ってようやく鳩ノ巣駅へ。

20110925kawanoriyama6


駅舎は歴史があり、こじんまりとした駅。

20110925kawanoriyama820110925kawanoriyama9


締めはやっぱりこれですかね。
前にも入ったことのある、鳩ノ巣駅近くのおそば屋にて。家を出て約10時間のショートトリップでした。

| | コメント (4)

2011年9月23日 (金)

もうすぐお別れ

20110923pao


車検切れまであと1ヶ月ちょっと。4年乗りましたが、走行は1000kmにも満たないありさま。あまりに乗らないのもかわいそう、というかコストがもったいないので手放します。デルタが壊れた時にはあってよかったぁと思うのですが、ま、そのためだけに所有しとくのも無駄遣いと言えば無駄遣い。

嫁ぎ先は決めておりませんが、車が車なだけにそこいらのお店に売ってもどうせ二束三文。パイクカー専門店で売るか、知ってる誰かに譲るか。でも、今の人にはパオさえ「何ですかそれ?」と言われる状態。知り合い筋じゃ買い手は難しそうです…。

まだまだエンジンも元気なこのパオ、お好きな方に乗ってもらって長生きしてもらいたいものです。売るとこ探さなきゃ。

| | コメント (8)

2011年9月19日 (月)

八ヶ岳1泊2日

20110918tengudake


デルタのエアコンが効く今年は車での山行も多くなりました。
今回は嫁から誕生日プレゼントで山小屋1泊権をもらったので、2人で八ヶ岳へ行きました。八ヶ岳は山小屋も多く、お風呂のある小屋も多いです。そして今回はオーレン小屋という人気の小屋へと行きました。
車を本沢温泉入り口Pにおき、登山スタート。残念ながら土曜日は天気が悪く、雨時々くもり。雨具着用という程ではなかったですが、ちょっと寒かったのでピークも目指さずに早めの山小屋到着。小屋の中でのんびりと過ごしました。


20110917yatsugatake3


この写真はやらせです…。
こんな感じで本を読んだり、部屋で寝たり。それもまぁ楽しいひとときです。ちなみにこの小屋もお風呂があり、石けんは使えませんが湯船につかるだけでも気持ちいいものです。

20110917yatsutugatake420110917yatsugatake5


ちなみに食事は5時半から。この小屋の名物長野特産、馬肉の桜鍋。馬刺も好きですが、鍋もおいしい。柔らかくてご飯もすすみます。


20110918tengudake3


翌日曜日は6時発で天狗岳へ。天狗岳は1月の積雪期にも行きましたが、夏は初めて。北八ヶ岳方面はたおやかな山容で、登りもさほどハードではありません。ゆっくりって約2時間で山頂へ。昨日と打って変わった好天で、360度の大パノラマ。景色も最高です!

20110918tengudake220110918tengudake4


山頂はなごり惜しいですが、連休で渋滞も激しいため、さっさと下山。ふもとで風呂に入り3時には帰宅しました。

今日見た鳥:ヒガラ、黒い鳥(見たこともない鳥・確認中)

| | コメント (2)

2011年9月12日 (月)

中秋の名月

20110912moon


満月って明るいですね。今日はまったく星が見えません。

| | コメント (4)

2011年9月11日 (日)

朝の高尾

20110910takaosan


9/10(土)、朝の高尾山。

この日は昼から用事があるので、早朝に登ってきました。朝7時の高尾山口。まだ人影はまばらです。と、言いながらもう降りてくる人もいるんですけど、いったい何時に来てるんでしょう。

7時から登り始め、山頂は7時45分。写真を一枚だけ撮って8時30分には電車に乗って帰るという、ただ速さのみのトレーニングです。9時には家に帰りました。近所を走るよりは楽しいですし、お金もそんなにかかりません(電車賃380円のみ)。

一日が有意義に使えて、こんな楽しみもあります。

| | コメント (2)

2011年9月 4日 (日)

台風過ぎて

20110904sky


台風一過の晴天とまでは言えませんが、ダイナミックな雲の動きになっています。


by OLIMPUS E-5

| | コメント (2)

山のカメラはオリンパス

20110904olympus


長年、フィルム、デジタルとニコンの一眼レフを使ってきた私ですが、この夏から一眼レフもオリンパスになりました。オリンパスのE-5とTOUGH TG-810を使っています。

E-5はオリンパスの最上位機種なので少し大きいですが、他メーカーの上位機種よりもコンパクトで私の手にはしっくりくる大きさ。ちょっと重いけど先日の槍ヶ岳にも持って行きました。山に登るには一眼レフは大きいけど、思った時にすぐ撮れるし反応がいいのでやっぱりいいなと思います。この機種のいいところは防塵防滴なので、多少の雨でも気にせず撮れるところ。小雨ならちょっとビニールのようなものをかけておけばいいし、気兼ねなく使えるのはやっぱり便利です。
本体は防滴だけど、レンズがそうでなければ意味がない。ちょっと高いですが12-60mm(35mm換算で24-120mm)というやはり防滴機能のあるレンズを買いました。このレンズ、チョー速いのでカメラのせいで撮り逃がすことはまずありません。撮り損ねたらきっとそれは使ってる人の鈍くささです。

TG-810はコンパクトカメラだけど、こちらは完全な防水カメラ。水中でも大丈夫なので、やはり山に行く時もむき出しで持ち歩ける。寒さもマイナス10℃まで対応するので、ケースからいちいち出したりしなくても撮影に入れるところがGOOD。しかもGPS付きなので、屋外なら緯度経度が測定できます。山用のGPSとかも出ているけど使いこなせない気がするし、緯度経度さえ分かれば地形図に照らし合わせられるので頼りになります。

そんなわけど以前はニコン、コンタックスなど使っていましたが、すっかりオリンパス派になりました。もともとオリンパスは最小サイズでモノ作りするのが得意な会社なので、持ち歩くことを考えたらいい製品がたくさんあります。ブランド的にはちょっと忘れられがちなところが何だかさびしい。

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »