« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月22日 (火)

こだわりホーダイな人達

20110219seminarいつも山ネタばかりなので、たまに違う情報を。

2/19(土)に会社関連のイベントに行ってきました。その名も「ステーショナリープログラム」。
要は文具好きの集まりなんです。会社が場所を提供したこともあり、有料の講演会を見させてもらうことができました。有料なのに3日でチケット完売。文具もなかなかコアなファンが多いようです。
http://sprg.jp/2011/02/04/210/

司会とパネリストの方々はそれぞれグッズの評論やブログ等でも人気の方。私は皆さん初めて知ったのですが、このお三方のモノに対するこだわりようといったら、とてつもないものがあります。

ほんとこういうの好きな人がいるんですねー。まぁ私はカメラとか文具とか好きですが、自分用にリメイクしたりとか自作のたぐいは面倒で、買ったまま使うのですが、世の中にはこだわり抜く人っているものです。
まぁ、それぞれの方が作ったものを販売したり、出版しておられたりするのプロといえばプロなんですが、メーカー顔負けの発想にはほんと関心してしまいました。


特にびっくりしたのはiPhoneの二眼レフ化。もちろん二眼になるわけはなく、なんちゃってなんですが。iPhoneカバーに二眼レフのフェイクプリントをし、カメラ本体は段ボールやレザー風のクロスなどで自作するという凝りよう。詳しくは大谷和利さんのブログで
http://wiredvision.jp/blog/ootani/201102/201102091400.html


電子豆本の発想もすばらしい。
http://wiredvision.jp/blog/ootani/201011/201011111000.html


あと笑ったのは、このドーナツのための専用ケース。「ドーナツ・ツー・ゴー」。
バナナケースってのは前からありますが、ドーナツ専用で、しかも南京錠を掛けられる仕組み。ドーナツのセキュリティも万全というジョークのきいた商品です。
http://www.reudo.co.jp/doughnut/


このイベントの司会、和田哲哉さんのお店、信頼文具舗
http://www.wada-denki.co.jp/bunguho/shop00.html

疑似二眼レフの作者、大谷和利さんがアドバイザーのお店 アシストオン
http://www.assiston.co.jp/

納富廉邦さん編集長の雑誌 ぱなし
http://panassy.p1.bindsite.jp/

| | コメント (2)

2011年2月20日 (日)

大菩薩・丸川峠

20110220marukawaso

大菩薩嶺に向かう途中の丸川峠。昨年の夏休みに泊まった山小屋・丸川荘があります。この前BSフジの「絶景百名山」という番組でも紹介されたんです。小屋主の只木さんにお会いしに行ってきました。
冬は積雪のある大菩薩。アイゼンも少し必要な箇所があります。でも全般的に雪があるわけでなく、比較的楽に登れる山です。

2110220marukawaso220110220marukawaso3

前回も8月に行ったにも関わらず、台風の中だったのでとても寒くて小屋の薪ストーブに当たった覚えがあります。今日も着いた時は汗をかいていたのですが、すぐ寒くなってきたのでストーブにあたらせてもらいました。オーナーとTVの撮影の話や鳥の話等を1時間ばかりして下山。めずらしく頂上にもいかない登山でした。


今日見た鳥:アオゲラ(キツツキ)、コガラ
今日の山食:おにぎり、丸川荘のコーヒー、ワンカップ×2

| | コメント (2)

2011年2月13日 (日)

奥多摩は手頃な雪山

20110213oodakesan

おととい、昨日と悪天候でしたが、今日は一転、100%快晴です。
わが家から片道1時間半で行ける雪山へ。奥多摩の大岳山。雪道はやわらかくて石の道より歩きやすい。夏場は岩がごつごつしているところも雪の階段になってたりする。

20110213oodakesan2

青空の下、広葉樹林のあかるい小径を登ります。今日は日差しが暖かいので木は霧氷にはなっていません。


20110213mitakesan220110213mitakesan3

いつも小鳥の多い大岳山ですが、今日もたくさんいました。
左は初めて見た鳥ですが、「ガビチョウ」。中国から来ていま大増殖してる鳥です。中国から来たと聞いただけで何だか腹立たしいのは私だけでしょうか。
右はいつもいる「コガラ」。人からもらったお菓子をつまんでいます。


20110213oodakesan4今日見た鳥:ガビチョウ、コガラ、シジュウカラ、ジョウビタキ
今日の山食:おにぎり、カップヌードル


| | コメント (2)

御岳山ケーブルカー

20110213mitakesan

天気の回復した今日。雪を求めて奥多摩へ。

天気がいいのでケーブルカーも満員。
運転士さんのアナウンスも舌好調です。

「今日は久しぶりに満員で涙が出るほど嬉しいです。」

「高尾山に行かずに御岳山にお越し頂いてありがとうございます。」

「私は昼からお土産店の勤務です。お帰りの際はお土産をよろしくお願いします。」

なかなかユーモアのある年配の運転士さんでした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

建物探訪

20110212201102122


いやぁ、素敵なおうちですねぇ。(渡辺篤史風)

今日は千葉某所にある会社の先輩の新居に行ってきました。仕事でも設計施工をされている方なので、当然ながら充分こだわりのある家づくりをされています。
私とのつながりは仕事ではなく車でして、今日写真は撮れませんでしたが、この写真のガレージの中にはランチアデルタとロータスエランが格納されています。私の会社には4名のデルタ乗りがいるのですが(おそらく日本一デルタ所有台数の多い会社ではないかと思われます)、そのお一人。ガレージには車だけでなくバイクや、自転車もあるのでした。
二台分の格納スペースを取ると建物の工法もかなり限られるようですね。純粋な木造建築では無理なようです。でもガレージライフなどに取り上げられてもおかしくないお宅。うらやましいです。

| | コメント (2)

2011年2月 6日 (日)

地図読み講座〜天覧山・多峰主山

20110206tenranzan

今日の登山は、山旅のツアー会社・アルパインツアーサービスの企画で地図読み講座という日帰りツアーに参加しました。
地図はいつも登山用のマップを買ったりしていたんですが、登山道のコースを紹介するのが一般的で、そこから一歩離れた時に自分がどこへ向かったらいいのかがわからなくなってしまう。国土地理院の地形図では等高線が刻まれていて、平面図から地形を想像することができる。今日は地形図を見ながら登山をするということを実践する講座でした。

西武線・飯能駅から歩いて15分くらいのところに天覧山という山の登山口があります。標高わずか200m弱なので走って登ればすぐなんですが、ポイントポイントで等高線や地図記号を教わりながら登ります。

途中講師の方が事前に地図上に振った番号を目指したり、グループでオリエンテーリングのようにフィールドワークをしたりと自分で考える時間も多く、小振りな山ながらもなかなか勉強になりました。


20110206tenranzan220110206tounosuyama

コンパスは方位磁針にプラスチックの台座のついたタイプのものを使用します。地図上で自分の位置から目指す方向を計ると自分が目指す場所を自ずとコンパスが差してくれるのです。それはやってみると感動的です。

天覧山のあとは多峰主山(とうのすやま)という山を目指し埼玉の里山を歩きました。単純な往復ならほんの1時間足らずで往復できる距離をフィールドワークしながら約6時間かけての散策。ちょっとした地図上のポイントを見つけるのがなかなか楽しい講座でした。

| | コメント (2)

2011年2月 5日 (土)

早起きは…

20110204shijukara


平日はもちろん早起きなんだけれども、休日も早起きするといろいろ発見があります。
今日はもともと6時半に起きるつもりでいたら、ちょうどその時間に猫が起こしてくれました。
何をするつもりだったかというと、家と駅のあいだでカワセミという鳥を時々見るので、写真を撮ろうと思って用水路に見に行ったんです。でも今日は残念ながらいませんでした。
早起きついでに河原を走るつもりたったので、そのまま近くの浅川へ行き少し走りました。すると河原にキジがいるではないですか。となりにいたバードウォッチングをしてたご夫婦が双眼鏡を貸してくれたので見ると、赤い顔をしたオスでした。やはり家の方は田舎なんですね。でも走っている途中だったので写真撮れなかったのが残念です。

その後、一度家に帰りカメラを取って再度河原に行ってみるともうキジはいませんでしたが、じっとしていると非常にいろいろな鳥がいます。さっき見られなかったカワセミも河原で水に飛び込み、魚を捕っていました。
20110205kawasemi


モズもいます。
20110205mozu


一番上の写真はシジュウカラです。野鳥はかわいい。

今日見た鳥:キジ、カワセミ、ジョウビタキ、キジバト、モズ、シジュウカラ、コサギ、メジロその他いろいろ。

| | コメント (4)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »