« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月21日 (日)

秋晴れの奥多摩

20101121gozenyama

今週もまたまた奥多摩です。本日は奥多摩三山の御前山。

わが家〜武蔵五日市〜奥多摩周遊道路へと約2時間デルタで走り、都民の森駐車場でトイレを済ませ、月夜見山駐車場へ車を停め登山口へ。
先週よりも晩秋化は進み、紅葉しているのはもう麓の方で山の上の方はほとんど葉も落ちている。登山口から約2時間。この登山道の登り下りはけっこう激しい。11時半に山頂へ着く。
今日は天気もよく、山頂から奥多摩湖対岸にそびえる雲取山がよく見える。雲取山へのアプローチが長いのがこの場所からだとよくわかる。


20101121gozenyama2_2


今日は車なので、ピストンで元来た道を戻る。尾根伝いの道はけっこう狭く、怖いというほどではないけど油断して転んだらしたまで転落してしまうので慎重に。ひたすら続く落ち葉のじゅうたん。気持ちはいいけど下りは滑りそうで歩きにくい。

山頂近くの雑木林に小鳥がたくさんいましたよ。

今日見た鳥:コガラ、コゲラ、マヒワ、ツグミ、オオタカ
今日の山食:チキンラーメン、いなり寿司

| | コメント (4)

2010年11月17日 (水)

なぜか雅楽

20101117gagakuビートルズの次はなぜか雅楽です。

いつも山に行く先輩から雅楽公演に誘われいってきました。

ご友人が雅楽をやっておられ、招待券をもらったそうです。

私の中で想像していた雅楽は平安絵巻風の雅な世界でしたが、かなり大陸文化の色濃いものだということが分かり、認識を新たにしました。特に舞楽という踊りの方は中国とさらに西のインドから伝わったものらしく、能や狂言といったものとはまったく時代の違う、渡来人たちによる日本文化醸成前の原型という感じがしましたね。いやいや、目から鱗でした。

| | コメント (2)

ビートルズ

20101117beatles


いつもSafariの新規ウィンドウのトップ画面設定をAppleにしているので、新製品が出た時とかビックリすることがあるんですが、今回もけっこう驚いた。

だってBeatlesはアップルコンピュータと「アップル」の商標でもめてましたからね。iTunesで売るとは。他にもiTunesで売ってほしいアーティストいっぱいいますけど、ビートルズが購入できるのはちょっと嬉しいかも。

またこの写真がいいね。モノクロで。

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

撮ってないのに撮った写真

別に心霊写真という意味ではありません。

奥多摩で温泉に入る前に写真を撮り、iPhoneを手に持って歩いていたら、知らぬ間に何枚かシャッターを押してしまったようです。ロードスターが意図して写したかのように撮れていた。

サーキットを走ってるみたい。単に風呂屋の入り口なのに。


20101114roadster_2


| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

晩秋の奥多摩縦走

20101114oodakesan

登山は初めてという元同じ会社のご家族といっしょに奥多摩へ行ってきた。道具ももっていないので一番手頃な山、日の出山に。御岳山ケーブルカーから往復で1時間くらいなのでスニーカーでも登れる超かんたんな山だ。
わが家の近くに住むファミリーなので、スタートは7時。御岳山に向かいケーブルカーを降りたのが9時ちょっと前。日の出山頂で朝食兼お昼を食べ、11時に御岳山に戻る。

私は日の出山だけではつまらないので、その家族と別れ一人大岳山へ。ここからロックガーデン〜大岳山〜鋸山〜奥多摩駅と約15.8kmとけっこう長丁場なコースだ。
日の出山も少し紅葉していたが、そこから先はさらに紅葉まっさかりでいい色になっていた。


20101114hinodeyama20101114oodakesan2
20101114nokogirione20101114nokogiriyama

一日に3つ山を越えるのはなかなかハードだ。奥多摩駅着いたのは夕方5時。近くの「もえぎの湯」で一風呂浴びる。風呂はあまり好きじゃないけど、さすがに気持ちええなぁ。


20101114okutama


今日歩いた距離:約20km
今日見た鳥:イカル、ヤマガラ
今日の山食:おにぎり、カップラーメン、ワンカップ(澤の井)、ドーナツ

| | コメント (4)

2010年11月11日 (木)

あきまへんわ(開きません)

20101111delta

どっちもあきまへん。

助手席の窓が開かなくなったのはもう1年か2年前。そして運転席側も開かなくなったデルタの窓。

これまでに左・右・左と直して、また右も左も。通算5度目だ。何度壊れたら気が済むのだろう。まぁ、開いたままになるよりはいいのだが。これなら初めから手動にしてくれればまだ壊れる頻度も少なく済むのに…。またコストがかかります。

| | コメント (4)

秋の日差し

20101110kokusaiforum_2


11月の暖かい日はいいですね。

営業で上着を着て歩くのにもちょうどいい日。有楽町を歩いていると秋らしい影の長い日差しがありました。

by iPhone

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

原酒屋久杉

20101108yakunoshima20101108imo

屋久島で工場見学をした酒蔵、本坊酒造の「原酒屋久杉」。屋久の島という芋焼酎の原酒だ。
焼酎というのは一般的に蒸留された酒を水で薄められて市販するらしい。水で薄めないから原酒。アルコール度数は37°である。

いまでこそ、みんなこぞって芋焼酎を飲むけど昔は芋なんて飲まなかった。焼酎と言えば麦か米。たまに蕎麦。芋は苦手で飲めなかったけどみんな飲むようになると自然に飲むもんだな。慣れってものか。

ちなみに芋の写真は工場で撮った原材料の芋。白い。鹿児島の芋焼酎といってもサツマイモじゃかなったんだね。でんぷん質が多いのがいい原材料らしい。食べてうまいかどうかは別。

| | コメント (2)

2010年11月 5日 (金)

屋久島行(後編)

20101029yakushima

屋久島到着2日目は台風接近。激しい風と雨。
屋久島には屋久杉を見られる散策エリアが2つあって、その1つヤクスギランドに行きました。雨の装備は万全。上下レインスーツにレインハットという出で立ち。樹齢2000年や3000年ってのはざらにあります。

20101028yakushima2

午後から焼酎工場見学。米麹から手作りで焼酎作りをしている工場。麹と芋を混ぜて発酵させ最後に蒸留する機械がこれです。ここからできたてのイモ焼酎が流れ出てきます。工場の中は芋を炊く匂いがただよっています。芋は焼酎専用で普通のサツマイモではないんですけどね。
当然ながら焼酎とワインをお土産に買い、この日の予定は終了。

20101030yakushima2

3日目は雨も上がり、白谷雲水峡へ。ここも屋久杉や苔むした木々が見られるハイキングコースになっています。見所はこの写真のもののけ姫の舞台となったと言われる森です。木々が鬱蒼ととし、さらに苔が一面を覆っている森。苔むした森は他にもあれど、ここは木が何しろ大きいのがすごいところです。


20101030yakushima3_3


この木もたしかそうだったと思いますが、木の切り株の上から生えた木が巨木になっていることがよくあります。二代杉というそうです。杉の木に他の種類の木をたくさん宿していることもよくあり、何本の木が交錯しているようにも見えます。

| | コメント (2)

2010年11月 4日 (木)

屋久島行(前編)

20101028yakushima1

10/28〜31まで屋久島に行って来た。
癒しとか、パワースポットとか言われてますけど、私の一番の期待値は登山。実は屋久島、九州の最高峰なんです。1周100kmちょっとの島に海から突然せり上がる2000m弱の山々。雨が多いのもうなずけますが、何と先週は台風接近の天気。残念ながら登山はなりませんでした。
初日、鹿児島から高速船で屋久島に向かう。台風はこの時点で沖縄周辺だったのでまだ波もない。高速船で約2時間で屋久島に到着します。島ではレンタカーで移動。ついた日は何かする時間もないのでとりあえず一周。


20101028yakushima


20101028yakushima3

島の西側を走ると動物達がたくさん。走っていると、平気でシカとサルが歩いているのでびっくりします。ヤクシカは何やら増えすぎていて大変なようですね。13000〜16000頭いて、島民の数より多いらしいです。シカを保護して獲らないようにしていたのに木や希少な植物を食べてしまって自然破壊がおこっているらしい。何とも皮肉な。


20101028yakushima4_2


もう一つの名物は滝。大きな山から直接海まで下りますから、そりゃ滝になりますよね。ゆったりした川なんてほとんどない。有名な滝が3つほどありますが、その一つ大川の滝。間近まで行けるので迫力あり。滝ってなんか惹かれますね。じっと見ていても飽きないです。


20101031senpirotaki

千尋滝(せんぴろたき)。写真じゃ何だか小さく見えますけど、デカイです。となりの一枚岩がとてつもなくでかい。その迫力に圧倒されます。


20101031torokitaki

トローキの滝。高さは6mしかないそうですが、海に直接流れ込んでいる珍しい滝だそうな。近寄れないので、遠くの岸壁から見ます。後ろの山は登りたかったモッチョム岳。どれも個性的な滝の風景。


| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »