« 私の陰影礼讃 | トップページ | 北アルプス・常念岳〜蝶ケ岳 その2 »

2010年9月20日 (月)

北アルプス・常念岳〜蝶ケ岳 その1

20100918jonendake_4


9月18〜19にかけて1泊で北アルプス南部の常念岳(じょうねんだけ)に行ってきました。
常念岳は麓からみると三角形、みごとなピラミッド型をした美しい山で古くから地元の人に親しまれた山。私の泊まった常念小屋も古く大正8年に立てられた小屋だそうです。今は槍穂高が一望できる展望の山としても有名。
今回は友人と2人、特急「あずさ」に乗って穂高駅で降り、タクシー同乗の方2名を見つけて4名で登山口まで向かいました。一の沢の登山口から小屋までは約4時間。沢沿いの緩い斜面を登った後、胸突八丁という急斜面に途中から変わります。いっしょに行った方はスローペースな方なので、途中おいしい沢の水を飲みながらけっきょく約5時間で小屋に着くことができました。

20100918jonendake520100918jonendake620100918jonendake3

当日は9月三連休の初日、登山口の林道は駐車した車がものすごくて、当然山小屋も大変な状態になっていました。聞くところによると、布団は二人で一枚分のスペース、かなりのすし詰め状態が考えられましたが、私は実は初のテント泊。小屋の前でテントを張ったのでした。装備はテントの分重くなって10kgほどにはなりますが、テントの中は一人の世界。部屋と違って悠々と寝ることができます。また今日はさほど風もなく暖かい日でしたのでテントは最高です。初のわが家の前で記念写真。ちなみに夕食は小屋でいただきました。


20100918jonendake2_2

夜は月が出ていて、明日登る常念岳を薄明るく照らしています。明日は晴れるでしょう。

20100919jonendake1

翌日は天気もよく、日の出もきれいでした。街の灯が見えるのは安曇野市です。

小屋で5時にあたたかいご飯とお味噌汁の朝食をいただき、いよいよメインイベント、常念岳山頂に向けて出発です。


20100919jonendake220100919jonendake320100919jonendake4_2

小屋の目の前から登れるのですが、いきなりの急登。かなり体力は使います。でもご覧の通り三角形のきれいな山なので休息ポイントはこれといってありません。ところどころで足を止めながら休憩を取って約1時間半で山頂へ。そして山頂はすばらしい展望が待っています。(つづく)


|

« 私の陰影礼讃 | トップページ | 北アルプス・常念岳〜蝶ケ岳 その2 »

コメント

お元気そうですね。

カラフルなテントたち!
可愛いですね・・・。

でも10キロとなる荷物は大変。
お米で考えると怖いわぁ~。。。あれを何時間も
背負って登るなんて。。。山を登るのは根性がいりますね。

投稿: みっこ | 2010年9月20日 (月) 20時21分

>みっこさん
はい。元気で登っております。
10kgと聞くと思いと思われるでしょうが、いまのリュックはよくできてるもんで、まるで背負ってるのを忘れてしまうこともあります。何時間も背負ってると重くなってきますけど。

投稿: ぼーちゃん | 2010年9月20日 (月) 22時09分

ぼーちゃんさん
山登りはシンドいから、
そういうソロテントをバイクに結んで、
一人でどっか行ってみたいな~。
と、思いました。

その2が楽しみだな。

投稿: nanseida | 2010年9月20日 (月) 23時21分

>nanseidaさん
私が乗っていたときにはやりませんでしたが、バイクでいくキャンプも楽しいでしょうね。でも、山もいいですよー。

投稿: ぼーちゃん | 2010年9月21日 (火) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の陰影礼讃 | トップページ | 北アルプス・常念岳〜蝶ケ岳 その2 »