« 丸川峠〜大菩薩峠〜石丸峠 1泊山行 | トップページ | 富士登山(ザ・ご来光) »

2010年8月22日 (日)

金峰山〜おまけ魔子の山

20100821kinpusan

金峰山は別名「奥秩父の盟主」。山梨県韮崎から入っていった秩父多摩甲斐国立公園にあります。
わが家からは車で約3時間。奥まってはいますが手頃な距離の山です。土曜日の早朝に家を出て(5時半)、8時半に宿泊予定の瑞牆山荘に着きました。何せ土日限定のETC割引、利用者には安く済んで助かりますが6時から渋滞が始まります。渋滞に先んじて5時台に出なくてはなりません。
瑞牆山荘から金峰山の往復は7時間〜8時間。体力勝負のピストンとなり、雨の心配はないですが水と食料は欠かせない物資です。
前半は深い森林の中を2時間弱進みます。薄暗い森の中、鳥もあまりいません。何となくこの行程は退屈。視界も開けてませんし、すれ違う人も誰もいません。木の根と小さな石に気をつけて進む。後半約1時間は一転、切り立った崖の上のやせ尾根を進みます。高所恐怖症の方には少し怖いかもしれませんね。でも左側は植物が生えてますし、眺望のよくていい道です。ただ、この尾根上の岩がなかなかくせもので、頂上は見えているのに体力を使ってしまいなかなか近づきません。(写真でちょこっと飛び出した岩(五丈岩)の少し左が頂上)

20100821kinpusan220100821kinpusan320100821kinpusan4

休憩のときにちょっと足下を撮りました、真横を撮っているように見えますが、真下を撮っています。風が吹いたら少し怖いかもしれません。
頂上到着1時。4時間と少しかかりました。これまでほとんど人に会っていないのに頂上にはたくさん人がいます。なぜなら私の通って来た道はもともと金峰山へ行く本道でしたが、反対側の大弛峠(おおだるみとうげ)からは難なく来れるので今はそちらから来る人が多いからです。でもこの2599m、秩父の奥地にあるこの山に簡単に登ってしまうのも何だかもったいない話で、せっかく百名山に登るのなら瑞牆山荘から登りたいと思ってこの道をきました。山頂付近には五丈岩というまるで誰かが積み上げたかのような岩があります。私は家から持って来たスモモを一つ食べすぐ下山。おにぎりは道中食べてしまったんです。
帰り道はほんとしんどくて、何度もくじけそうになりましたが、宿で待っているビールと食事のことだけを考えて、約3時間で下りました。水が途中でなくなり、のどがからからでしたが、途中富士見平の水場の水の美味いこと美味いこと。がぶ飲みしてしまいました。

今日見た鳥 何もなし(何もいない)
今日こけた回数 2回(足を滑らす)


20100822mizugakisan

20100822mako20100822mako220100822miyage

瑞牆山荘で一泊し(いい宿でした。風呂もあるし)、翌日は瑞牆山(みずがきやま)に登る予定でしたが、昨日の疲労がひどいので瑞牆はやめにし、ただで帰るのももったいないので近所の小さな山、魔子(まこ)へ登る。瑞牆山の眺望のいい山で、朝の逆光でしたがよく見えました。山は秋が近づいていて、赤とんぼもたくさん飛んでいます。今回のお土産は金峰山と瑞牆山のバッヂ。瑞牆には登っていませんが昨年来た時に買わなかったので、両方GETです。


|

« 丸川峠〜大菩薩峠〜石丸峠 1泊山行 | トップページ | 富士登山(ザ・ご来光) »

コメント

八ヶ岳にもトンボがおりましたよ!

足元のお写真は怖いですね。。。
やはり山登りはそれなりの準備と体力が必要
ということが一目瞭然。


自分との戦いもある山登り・・・凄いですね。
ぼーちゃん、少しスマートに?なったでしょうか??
何だか更に男前になったように思いますが。

ふふふ。

投稿: | 2010年8月22日 (日) 18時49分

>みっこさん(ですよね)
装備、体力、アンド根性でしょうか(笑)。
登るも登らぬも自分の自由ですから、途中でもやめようと思えばいつでもやめられるんです。やめなかった人だけが頂上に立てるのは、割にあってていいですね。

>少しスマートに?なったでしょうか??
>>毎週ハードにカロリー消費してますからね。普通に食べても足りないくらいです。

>何だか更に男前になったように思いますが。
>>ってことは以前も男前ってことかな ( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: ぼーちゃん | 2010年8月22日 (日) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸川峠〜大菩薩峠〜石丸峠 1泊山行 | トップページ | 富士登山(ザ・ご来光) »