« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月22日 (日)

金峰山〜おまけ魔子の山

20100821kinpusan

金峰山は別名「奥秩父の盟主」。山梨県韮崎から入っていった秩父多摩甲斐国立公園にあります。
わが家からは車で約3時間。奥まってはいますが手頃な距離の山です。土曜日の早朝に家を出て(5時半)、8時半に宿泊予定の瑞牆山荘に着きました。何せ土日限定のETC割引、利用者には安く済んで助かりますが6時から渋滞が始まります。渋滞に先んじて5時台に出なくてはなりません。
瑞牆山荘から金峰山の往復は7時間〜8時間。体力勝負のピストンとなり、雨の心配はないですが水と食料は欠かせない物資です。
前半は深い森林の中を2時間弱進みます。薄暗い森の中、鳥もあまりいません。何となくこの行程は退屈。視界も開けてませんし、すれ違う人も誰もいません。木の根と小さな石に気をつけて進む。後半約1時間は一転、切り立った崖の上のやせ尾根を進みます。高所恐怖症の方には少し怖いかもしれませんね。でも左側は植物が生えてますし、眺望のよくていい道です。ただ、この尾根上の岩がなかなかくせもので、頂上は見えているのに体力を使ってしまいなかなか近づきません。(写真でちょこっと飛び出した岩(五丈岩)の少し左が頂上)

20100821kinpusan220100821kinpusan320100821kinpusan4

休憩のときにちょっと足下を撮りました、真横を撮っているように見えますが、真下を撮っています。風が吹いたら少し怖いかもしれません。
頂上到着1時。4時間と少しかかりました。これまでほとんど人に会っていないのに頂上にはたくさん人がいます。なぜなら私の通って来た道はもともと金峰山へ行く本道でしたが、反対側の大弛峠(おおだるみとうげ)からは難なく来れるので今はそちらから来る人が多いからです。でもこの2599m、秩父の奥地にあるこの山に簡単に登ってしまうのも何だかもったいない話で、せっかく百名山に登るのなら瑞牆山荘から登りたいと思ってこの道をきました。山頂付近には五丈岩というまるで誰かが積み上げたかのような岩があります。私は家から持って来たスモモを一つ食べすぐ下山。おにぎりは道中食べてしまったんです。
帰り道はほんとしんどくて、何度もくじけそうになりましたが、宿で待っているビールと食事のことだけを考えて、約3時間で下りました。水が途中でなくなり、のどがからからでしたが、途中富士見平の水場の水の美味いこと美味いこと。がぶ飲みしてしまいました。

今日見た鳥 何もなし(何もいない)
今日こけた回数 2回(足を滑らす)


20100822mizugakisan

20100822mako20100822mako220100822miyage

瑞牆山荘で一泊し(いい宿でした。風呂もあるし)、翌日は瑞牆山(みずがきやま)に登る予定でしたが、昨日の疲労がひどいので瑞牆はやめにし、ただで帰るのももったいないので近所の小さな山、魔子(まこ)へ登る。瑞牆山の眺望のいい山で、朝の逆光でしたがよく見えました。山は秋が近づいていて、赤とんぼもたくさん飛んでいます。今回のお土産は金峰山と瑞牆山のバッヂ。瑞牆には登っていませんが昨年来た時に買わなかったので、両方GETです。


| | コメント (2)

2010年8月14日 (土)

丸川峠〜大菩薩峠〜石丸峠 1泊山行

20100812marukawa

来月行く富士山へのテンションを上げに8/12,13と大菩薩へ。
うちからはめっちゃ近いんで(約2時間)泊まることもないんですが、今回は目指す山小屋があったんでわざわざ1泊で行ってきました。
8/12は台風が日本海側にいたので、けっこうな悪天候。塩山駅から9:25のバスで登山口まで行き、その時点で雨が降り始めていました。丸山峠までの登山道はずっと林の中なので雨はある程度葉っぱに防がれるのですが、それでもパンツまでずぶ濡れでした。でもたまには雨に打たれるのも気持ちいいか。


20100812marukawa2_220100812marukawa3_2

20100812marukawa4_2小屋はこの場所で40年以上あるという丸川荘。電気もない昔ながらのレトロな山小屋です。今日の宿泊は私含め4名。みんな常連さんのようです。
私の同じバスに乗ってきたベテラン風女性2名も私から2時間半遅れで着きました。あの雨の中でゆっくり休憩取ってこられることには逆に関心してしまいました。皆さん雨も楽しんでおられるのですね。

夕食はランプの明かりで食べます。これが実にいい。ランプから離れるときにはヘッドランプが必須です。もちろんトイレも。
この小屋は腕自慢のご主人のお料理が売り(ご本人がそう思っておられるか?ですが)、夕食もとってもおいしいご飯でした。おかずはきのことなすのホイル焼きに、イワシの煮たのと刺身こんにゃくです。みそ汁好きの私には何杯もいただけるみそ汁も魅力的。たらふく食べた後は他の常連さんとの飲み会でした。(私以外は皆さん自炊)
夜は、この日が何とか流星群のピークとのことで外に出て星空鑑賞会でした。あいにく雲もまだちらほらあって一部分しか星空はなかったですが、久々に天の川も流星も見られました(写真はさすがに無理でしたけど)。富士山を見ると夜中に登山する人たちのために登山道が明かりで照らされているのがここからも見えます。すごい発電量。24時間営業の富士山恐るべし。
流星は12時がピークとの情報でしたが、全員睡魔に勝てず10時半就寝。夜はピー、ピーというシカの鳴き声があたりに響いています。

20100813daibosatsu20100813ishimaru

翌日は青空はないですが、雨も上がり、真夏としては涼しい日となりました。もともと1700mくらいあるので涼しいですが。
丸川峠〜大菩薩嶺〜大菩薩峠〜石丸峠と、百名山・大菩薩嶺に連なる3つの峠を歩く。春先来た時も気持ちよかったですが、その時足を伸ばさなかった石丸峠も広々したいい場所でした。
そこから麓へ下り、上日川峠を経て最初にバスを降りた裂石へもどる。2日間の疲れを温泉で流し帰途へ。ほうとうも食べて楽しい山梨山行でした。

今日見た鳥:ウグイスだけ(少ないな)
鹿は見れず。蝶はいっぱいいました。


| | コメント (2)

2010年8月11日 (水)

最近の迷い

20100811

車検の時期が近づいて来た。
いままでは迷いなく車検を継続してきたのだが、今回はそうでもないところがある。
それはデルタに乗り続けるかどうか、だ。もちろん、デルタは好きだし、ずっと乗っていたい気持ちはある。でも、と思う。これから先もデルタに乗るためのテンションを持ち続けられるかどうかが問題なのだ。車検を通す→メンテ費が上積みになる→また手放すのがもったいなくなる→どっか壊れる→メンテ費がかかる…と低いテンションでは経済面の悪循環から抜け出せなくなるのだ。金銭的にもったいないなら、いますぐ手放すのが一番の得策っすよね。
もう1点はデルタのリスク。最近もっぱら山ばかり行っているので、デルタでもたまに登山口まで行くのだが、「ここでエンジンがかからなかったら…」と帰り道の乗り際がけっこう怖い。林道をけっこう走っていく場合も多いからだ。安心感のある車に乗りたい気もする。何よりうちのデルタ暑いし。

そんなこんなで、車検に出す確率100%でない今日このごろである。(といっても50%はゆうに超えていますが)

| | コメント (16)

2010年8月10日 (火)

来月は富士登山

20100810fujisan

いままで想像していなかった富士山への登山。
同期の友人から誘われて、1ヶ月後に登ることになりました。
登山は好きなものの、富士山にはあまり興味がなく、どちらかというと富士山がよく見える山に行く方が好きだったんですが、誘われてみると不思議なものでだんだん楽しみになってきた。
まぁ1回くらい登っておかないとという気持ちと、3776mがどんなもんなんか自分を試してみたい気持ちとが、その楽しみの内訳でないかと思う。登山をやったことがない人ですら登る(というかむしろそんな人が多いように思う)富士山だから、たぶん体力的には登れるんだと思うけど、よく高山病になるというので、そればっかりは行ってみないとわからない。
9月というのは既にシーズンオフで山小屋は大半閉まっているそうだが、いっしょに行くメンバーにシーズン中ガイドをしている人もいるようなので、それなら楽しいだろうというのが今回行くことになったきっかけです。

あと1ヶ月、モチベーションを高めておかなければ。

| | コメント (2)

2010年8月 1日 (日)

アオサギ

20100801aosagi

家の近所には浅川という川が流れています。
川幅もけっこうある川ですが、カワセミなどの野鳥もいて水辺の鳥には事欠きません。
私はいい望遠レンズがないので、アップの写真はなかなか撮れないのですけどね。
今日はカワセミを探しにいくと、大きなアオサギがいました。サギの仲間では最大の鳥です。じっと川の中州で魚を待っています。

ずっと動かないアオサギ、いったい何を考えているんだろう。魚が自分のテリトリーに来るのをじっと待つ。待ちくたびれるとか、ないのかな。時間が経つスピードが、人のそれとは違うのだろうか。待つことに集中していて一日なんてあっという間、とか。一日のスピードがどんなもんなのか、聞いてみたい。

| | コメント (2)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »