« 雪の陣馬山 | トップページ | 神保町ゴールデンコース »

2010年2月 7日 (日)

柴田是真の漆×絵展

20100207shibatazeshin今日が最終日だった三井記念美術館で「特別展 江戸の粋・明治の技 柴田是真の漆×絵」を見に行った。
最初はテレビ番組「美の巨人たち」で知った柴田是真。漆を使った超絶技法で、紙でありながらあたかも木や金属かと思わせるような工芸品を作る。
美の巨人たち「柴田是真『花瓶梅図漆絵』」
展示されていたのはテレビ番組でも紹介された『花瓶梅図漆絵』をはじめ、海外にコレクションされている硯箱や印籠など、一般的に知られるうるしの世界を超越した作品が数多く展示されていた。さらに驚くのはその技の細やかさ。驚くべき超微細な文様の細工が表面になされている。明治初期でありながら、技とセンスが融合して現代にも通ずる作品ばかりでした。


|

« 雪の陣馬山 | トップページ | 神保町ゴールデンコース »

コメント

この間、母がポスターをみて
「素敵ねぇー」と立ち止まって見てました。

漆の作品や蒔絵などの工芸品(芸術品)は
日本伝統の素晴らしいものだと思います。
生活の中で使われる汁椀に一つにしても
とても心地よい。
持ってよし、口当たり良し、見てよし。

女性にはかんざし、帯どめ、なども蒔絵の
小さな楽しみもあります。
職人さんの遊び心が楽しみの一つ。


残念ながら「見てるだけ」でございます。


投稿: みっこ | 2010年2月 7日 (日) 19時51分

>みっこさん
うるしは安定しているだけに製作過程では非常に扱いづらいものだと思うんですけど、この人はまるで絵の具のように漆をつかってありとあらゆるものを制作しています。図録を買おうか見てみたんですが、印刷と現物との質感があまりにかけ離れているのでやめました。

投稿: ぼーちゃん | 2010年2月 8日 (月) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110510/47503732

この記事へのトラックバック一覧です: 柴田是真の漆×絵展:

« 雪の陣馬山 | トップページ | 神保町ゴールデンコース »