« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月23日 (水)

アバター

Avatar_1本日公開の「アバター」だが、公開前夜祭というのがあったので1日早く見てきた。
3D映画というのもさることながら、壮大なストーリーと聞いていたので楽しみにしていました。
3Dはかなり臨場感があってよかったです。ただ3Dメガネが重くて顔のサイズに合わない人は疲れるでしょうね。映画も長いのけっこう目が疲れます。
ストーリーはまったく空想の話なんですけど、かなり引き込まれます。なんだか最初は気持ち悪いパンドラという惑星の原住民なんですけど、ストーリーが進むにつれ、原住民ナヴィに肩入れが増してきて最後はかなり応援してました。スターウォーズよりもずっとヒューマンドラマ(ヒューマンじゃないですけど)な感じで感動的ですらあります。当然ながらCGの作り込みもすごいのでまるで実写を見ているかのよう。話題を裏切らない映画だったと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

iPhone

20091213iphone10年くらい使ったドコモとお分かれしてiPhoneになりました。
先週から本体実質0円になりましたからね。こりゃぁもう変えるしかないです。嫁がドコモに解約の電話をしたときには引き留めをされたみたいですけど、iPhoneを新規に購入しても月々は今までのドコモより安くなるんですから仕方ないですね。
まだアプリを入れてないので詳しくは分かりませんが、とにかく周りの人のiPhoneを見る限りスゲェ!ですよ。ありとあらゆるアプリケーションがあります。楽しそー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

劔岳・点の記

20091201tsurugidake下高井戸シネマにて「劔岳・点の記」を見た。下高井戸シネマはいわゆる名画座で世田谷の下高井戸駅前にある立派な映画館。一昔前はもっと味わい深い建物でしたが、いまはビルの2Fでこぎれいな映画館になっている。
この映画はロードショー公開時から見たかったのだが見れずじまいだった。私は原作の新田次郎「劔岳」を読んでいる。小説を映画化した場合、どうしても原作との比較から入ってしまうのだが、この作品についてはそれだけではすまない気がする。それは困難な撮影場所での製作に妥協をしていないからである。
ただ、自分ならこう演出したいという箇所はいくつもあった。それを差し引いても秀逸な作品だと思う。原作も生真面目だし、映画も生真面目。残念だったのは音楽かな。もう少しセンスが…と思った。
小説も映画も良いが、しかしこの明治の時代に本当に登頂を成し遂げた人(柴崎芳太郎やその仲間)が真のヒーローだと思う。だって草鞋で登ってるんですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »