« 墨攻(ぼっこう) | トップページ | 金毘羅宮〜書院の美展 »

2007年9月 2日 (日)

表紙に想う

Navi久々の書き込みとなってしまいました。
皆さんもお気づき、または購入されたかと思いますが、NAVIの10月号表紙はこれ。本屋の車雑誌コーナーを通りかかったら、どこかで見たような車が…。残念ながら手に取ってみると、デルタに関する記事の掲載はなかったんですが、このシチューエーション、絵になります。

雑誌の表紙なんて、やっぱりそのときの旬なものが登場するもの。女性雑誌ならエビ&もえ、ちょっと大人向けなら黒田知永子さんみたいな人がつかわれる訳であって、決して90年代に人気があった人がいま出てくることはなかなかないのです。KYON2みたいな人もいますけどね。長くブランド価値を保っている人はそう居ない。そういう意味では、この車は今でも人を惹きつける魅力があるって訳です。80年代に登場した車で、いまだに表紙になるようなのってなかなかないんじゃないですかねぇ。DSみたいに博物館級になっている車は別として。

ところでNAVIの中身、デルタはないですけど、マルティニ・レーシングを振り返る記事がなかなか興味深い。さらにこのエンスーって言葉もなんだか惹かれますね。「エンスー」って車好きにしか使わない表現だなって思って、Wikipediaで調べたら、渡辺和博氏が自動車マニアに対してつけた言葉だったんですね。たしかにオーディオやカメラなんてものにはエンスーって使わない。「マニア」よりは心地よい気がする。気のせいかな。

|

« 墨攻(ぼっこう) | トップページ | 金毘羅宮〜書院の美展 »

コメント

実は私も最近wikiでエンスーを検索したんですが、車に関してはエンスーって尊敬的な意味合いかと思ってたのに蔑視的に使われると知って驚きました。それでもエンスーって響きはいいから呼ばれてみたい。一番呼ばれたいのはイタ車馬鹿ですが、デルタ馬鹿でもいいです。

投稿: 神野 | 2007年9月 2日 (日) 22時37分

たしかに蔑視的とも書かれていましたが、そうでもないんじゃないですかね。
イタ車馬鹿でもいいですか。何かイタ車のことしか考えてないみたいですけど。
まあ、実際そうか。

投稿: ぼーちゃん | 2007年9月 3日 (月) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110510/16314368

この記事へのトラックバック一覧です: 表紙に想う:

« 墨攻(ぼっこう) | トップページ | 金毘羅宮〜書院の美展 »