« 表紙に想う | トップページ | リーバイス501 »

2007年9月 3日 (月)

金毘羅宮〜書院の美展

Oukyo日曜日は東京芸大美術館に「金毘羅宮・書院の美」展を見に行った。応挙・若冲はじめふすま絵の世界が3次元的に展示されている。
Jyakuchu
特に円山応挙の作品は、ふすまを多面に使った大胆な構図のもので、それを単純に美術館の壁に平面で並べるのではなく、実際の金毘羅宮の部屋で並んでいる向きに配置されているため、その世界観がよく再現されている。
今回の目玉はさらに、伊藤若冲やその他の画家のふすま絵をインクジェットプリンタで印刷して、実際の部屋空間のように忠実再現しているところ(下写真)。とにかく言われなければレプリカなんてわからない。多少金色の光沢感が本物と違うものの、とてもよくできている。若冲のふすま絵は植物図鑑を開いて見ているみたいで、ふすま絵らしくないが、一つひとつの絵が緻密で面白い。

さらに今回のおまけはこれ。B2Fの別展示室で金毘羅さんの謂れがいろいろ紹介されている中で、「こんぴら狗(いぬ)」というもの。
土人形で作られているお土産品ですが。実際むかし金毘羅宮にお参りに行けない人が、自分の飼い犬を人に託してお参りさせたというもの。それも一人の人に託したのではなく、多くの人に順に預けられながら戻って来たというんです。ほんとかなぁと疑わしいですが、それを縁起物としてお土産になっていたので買ってみました。

Konpirainu

|

« 表紙に想う | トップページ | リーバイス501 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110510/16325905

この記事へのトラックバック一覧です: 金毘羅宮〜書院の美展:

« 表紙に想う | トップページ | リーバイス501 »