« セルフ・キャットブラシ | トップページ | ベトナム日記(その1) »

2007年9月17日 (月)

久々の入庫

Celica070917今日はタイベル交換のため、久々の入庫。いつものロッソコルサさんに向かい20号線を走ります。
前方にはかつてのライバル、セリカGT-FOURの姿が。セリカを見ると何となく背後につきたくなります。
するとよ〜く見るとナンバープレートの数字が私のそれと近い! 4桁数字の下2桁以外すべて同じ。私の10数台前に登録された車なんですね。きっと同じ登録日に。同じナンバーエリアで走っていても、それはなかなかないですよね。
そんな車を見つつデルタをガレージに預け、来週の仕上がりを待つばかりです。そして、9/29(土)は会社の人に誘われたCG(カーグラ)のイベントへ。まだご紹介していない「新車同様のデルタ」に初めてお目にかかります。さてさて、どんなものか…。またレポートさせていただきます。

|

« セルフ・キャットブラシ | トップページ | ベトナム日記(その1) »

コメント

ナンバー関連でひとつ・・・・

以前わが店で全然違う時期に違う店舗で違う人に同じ車を売った。
同じ色、同じグレード、登録は同時だったのでナンバーは一番違い。

ところが、その持ち主二人はお隣さん同志だったのだ!

最初に買った人をAさん、あとで買ったほうをBさんとしよう。
Aさんは新車ディーラーで、登録後すぐご購入。
Bさんは中古車展示場で、登録後半年経過してからご購入。

Aさんが、Bさんよりも早く家を出、遅く帰る生活だったためか、
最初BさんはAさんの車に気付いていなかった模様。ところが、
Aさんがたまたまお休みの日にBさんが洗車に出かけようとして発覚。
普通なら「偶然ですね!」で済んでしまうことだと思うのだけれど、
BさんはどうやらAさんにコンプレックスを持っていたようで、
納車二週間後にプリプリしながら中古車展示場へ返品にやってきた。
「全く同じ車が一番違いで隣にある!しかもこちらの番号のほうが遅い!
けしからん!」という主張。
まあ紆余曲折(車を交換しろとか、返品するぞだとか)あったわけだが、
結局は説得の末Bさんが希望ナンバーを申請することで決着した。
その申請手数料でBさんが車にかけた金はAさんを上回ってしまったw

何が言いたかったかと言うと、コンプレックスを持つことは人間を卑しく
するということだ。ましてそれを他人に転嫁し口に出すなど言語道断。

それにしても、たまに自分のナンバーに近いナンバーを見かけるだけで
なんだか連帯感があって嬉しかったりするオイラはいわゆる「おめでたい」
人間なのだが、それがやっぱり精神的にはいいことなんだろうな、と。

・・・・なんの話だったか忘れるのも、悪い癖ですね><

投稿: 特務曹長 | 2007年9月25日 (火) 12時13分

へぇ、それってホントの話なんですよね!?
まあ、コンプレックスを抱いて云々というはいかがなものかと
思いますが、でも同じ車種が隣んちにあっただけであんまり
いい気はしませんね。まして同じ色では。
私なら即、乗り換えます(国産車だったらの話)。
でもデルタ同士だったら全然そんな気はおきませんね。不思議なものです。

投稿: ぼーちゃん | 2007年9月26日 (水) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110510/16479115

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の入庫:

« セルフ・キャットブラシ | トップページ | ベトナム日記(その1) »