« スパイ・バウンド | トップページ | ニコンD40 »

2007年1月20日 (土)

さよならデルタ…

Delta070120久々の書き込みですが、そんなことを最近ずっと考えてました。

年明けにも書きましたがデフの具合が良くない。どうすべきか、このデルタ。
昨年も相当な箇所を治してきたが、私の財布ももう底をつき始めている。いよいよ手放すべき時がきたか。そう思って、中古車雑誌を見てみたが、手頃な価格で乗りたい車はなし。
いや、乗りたい車って何だ。私の乗りたい車は、この次もデルタだ。やっぱりデルタしかない。まだ修理が必要であろうとも、ボーナスのほとんどがデルタで消えていっても、まだ乗ってやる。こんな楽しい車は他にない。

自問自答の末、再び修理工場へ行きました。まだ確証はないですが、30万円くらいあれば何とか修復可能とのこと。もちろん、ばらしてみるまで何があるか分かりませんが、あとは神頼みしかない。
何とか安く治ってください…。

|

« スパイ・バウンド | トップページ | ニコンD40 »

コメント

開いて見たらいきなりこのタイトル!
ちょっと「ビクン!」としちゃいましたよ。
思わず目を向けると、隣のボタンちゃんのイラストが
心持ち悲しげな表情に見えたりして・・・。
本文を読んでほっとしました。(苦笑)
でも確かにデルタって車は、夢を見させてくれる代わりに
ふと現実に戻った時に「何やってるんだろう?」
って思う時は有りますね。
それでも、なんかもう側に居る事が自然に成りすぎて、
他の事は考えれられなく成ってしまっています。
私も手放せそうには有りませんね。

投稿: piccolo | 2007年1月21日 (日) 11時23分

piccoloさん、こんにちは。
久々に記事を書いたので、ちょっと目につくタイトルにと思い、
驚かせてしまいましたね。すみません。
でも本当にその気で考えてみたんですけどね、ダメでした。
もう少しお金が掛からなければ最高なんですけど。

投稿: ぼーちゃん | 2007年1月21日 (日) 14時57分

少々驚きつつ最後まで読んで安心するやら心配になるやら。
乗りたい車がないからということは逆に言えば
魅力的な車が見つかれば乗り換えるかもしれない
ということでもありますよね。
(あるいはこれ以上金額的負担が増えそうならとか)
デルタに代わる車は(歴代のラリー・ランチア同様)
これからも現れないでしょうから、経済的理由により
乗り換える可能性のほうが遥かに高いでしょうね。
(037は乗りたいけど金銭的に無理なのと似た理由で)
これは自分のことでもあるのですけど。

投稿: 神野 | 2007年1月21日 (日) 21時04分

神野さん、こんばんは。
デルタを上回る車は当分ないだろうと思います。
ただ、経済的にも関連しそうですが、部品供給の面で乗り続けることが
困難になることが、確率的に高いかもしれませんね。部品の不足→部品
価格の高騰→入手困難→あきらめるという図式がありそうです。
ぶつけない、壊さない、が唯一の予防策?
そうは言っても勝手に壊れるしなあ…。

投稿: ぼーちゃん | 2007年1月21日 (日) 22時00分

タイトルを見て非常にびっくりしたのは僕もいっしょです。
内容を読まずに一度ブラウザ閉じたくらいですから。
でも、部品なんて流用すればいいんです。加工して、流用。
それがだめなら作るしかないでしょうけど。
大丈夫!デルタの部品、供給は途切れませんよ。きっと。
だって、こんなにたくさんの人がデルタを愛しているんだから。
たとえフィアットの傘下であっても、ランチアはまだ生きているんだし。
修理代に消えるだけの棒茄子があるだけうらやましいとくむでした。

投稿: 特務曹長 | 2007年1月21日 (日) 23時39分

特務さん、こんばんは。
そうですよね。何とかなると思えば、そうなります。
何かあれば特務さんのストックカーからもらえばいいし…。へへ。

投稿: ぼーちゃん | 2007年1月22日 (月) 00時22分

ぼーちゃんさま。
いゃ〜、おいらもタイトルを見た瞬間、ドキドキしちゃいましたよぉ。
最後まで読んで「ふぅっ」って安心しましたが。
とは言え、モチベーションの波の浮き沈みってわかります。
手離さない、手離したくない、手離したくないけど…。
現実問題と直面した時に、自分だけの都合を通せない場合もありますもんね。。。
むやみに「あきらめないで」とは言えないけど、
できれば、サヨナラするのはできる限り、ずぅっと先の話になりますように。
願わくは、そんなことにならないように
まぁ、久々のデルタネタを書いてしまったんですから
みんなを驚かせてしまったんですから(笑)、
もぅ覚悟して受け入れちゃいましょう(笑)。
なんとか少しでも安い治療費で済みますよう。

投稿: ぱぉ〜ん | 2007年1月22日 (月) 20時10分

やぶへびっ!?Σ(゚Д゚三゚Д゚)
でも、16Vの部品だとデチューンにしかならない希ガス。
それも、15年の年を経た熟成済みパーツですから。

でもホント。
デフは高価だから(ビスカス・ヘリカル・トルセンなどの高性能デフ)、壊れたらOHするより新品買って入れた方が安上がりだったりするかも。いや、自分でやりゃ工賃タダですぜ(ケース開けて入れ替えるだけ、の状態にするのが面倒ですけどね)。とくむも部品取り車の足回り総OHして自分のデルタに付け替えようと思っていたのですが、時間ないっす!!エンジンも外さないといかんのにー・・・・がっくし。

でも、こんなんでも維持できてますから。大丈夫大丈夫!
ハブベアリングが逝ったかと思ってた異音に至っては「ホイールナットの緩みからくる音」でした(3本/4本が指で回せるくらい緩んでた!)。
今年は整備士資格をまず目標にしよう。とりあえず三級シャシから!

投稿: 特務曹長 | 2007年1月22日 (月) 22時02分

ぱぉ〜んさん、こんばんは。
もう、こうなったら受け入れますよー。男ですから(笑)。
私の郵便貯金の許す範囲で(笑)。
ちょっとでも安くなるよう、神田明神行ってきます!

投稿: ぼーちゃん | 2007年1月23日 (火) 01時40分

特務さん!
取りましょうよ!整備資格っっって、持ってないの?
デルタデフはOHできないらしいっすよ、普通は。
しかも新品この世にないらしい…。合掌。
あとは16Vのがウチのにはまるかどうか………。
大丈夫。エボ1と16Vはきっと、いっしょ。
熟成品いいっすねー。味が出て。

安く上がって、全て治って、3年は持ってくれー。
俺をパンダに乗り換えさせないでくれー。

投稿: ぼーちゃん | 2007年1月23日 (火) 01時47分

僕はタダの車好きあんちゃんだから整備士じゃないのですw
整備は趣味の範囲。場数そこそこ踏んでるけど素人ってことです。
だから仕事としては「整備」はやってないですよー。違法になるしw

いまの仕事は社長に見初められて(?)働き出しただけのこと。
それも、件の部品取り車を積載車で取りに行って、帰り道でコンビニに寄ったところ携帯が鳴り・・・・(当時店で2台中古車買ってたし、よく顔出してた)「人手が足りないのでよかったらうちで働かないか」という。
携帯マナーモードだったから(普段いっつもそう)そのときコンビニに入ってなかったら気づいたかどうか。ちょっと「事実は小説より奇なり」ですね。ま、すっぴんから整備士取るのは意外と面倒なので、今年中に整備士資格を一部だけでもとって、今後につなげたいかな。この仕事天職だと思うし(車弄りができて、基本スーツで、なおかつヒトと喋る仕事)。親からは最近溜息をつかれるようになったけどねw

投稿: 特務曹長 | 2007年1月23日 (火) 04時15分

我が家も『さよならデルタ』になっちゃいそうです。
所有し始めた頃と状況が変わりました。
金銭的にも大変というのは、よく分かります。
置いておくだけで、ガレージ代が3万かかっちゃう。
しかも配偶者が上手く操れないデルタですしね。

配偶者の医療費が予想以上に大きな出費で、
しかも治療開始1年以降は健康保険が使えないと聞き、
かなりビビっています。
現在の健康保険が使える医療費で月10万ですから。
これではデルタの足回りまで手が回らない。

お金がないと心は豊かになれないと、私は思います。
お金に余裕ができたら、またデルタに乗ればいいと思っています。
もし私が独身だったらこうは言わないかもしれません。
車に執着していましたし、いくらでもお金をかけていましたから。
配偶者を持つと変わるものですね。
そのへんは女の方がドライかもしれません。

投稿: mrs.delta | 2007年1月23日 (火) 08時36分

特務さん、
あらあら、けっこう新米さんだったんですね。
でも人生の転機ってそんなもんです。
しかも天職って思うならいいじゃないですかー。
なかなかそう思えることはないですよ。うらやましー。

投稿: ぼーちゃん | 2007年1月23日 (火) 23時31分

mrs.deltaさん
ご主人、心配ですね。長引きそうですか?
大事なご家族の健康と、デルタなんて比べるべくもないですね。
ぜひ良くなって、そのときはデルタに再びもどってきてください!

投稿: ぼーちゃん | 2007年1月24日 (水) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110510/13593755

この記事へのトラックバック一覧です: さよならデルタ…:

« スパイ・バウンド | トップページ | ニコンD40 »