« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

冬はこたつ

2catsatliving冬はこたつと言いたいところですが、我が家にはこたつが久しくありません。猫さんたちはファンヒーターの前に集結です。でもそんな近くにいたら、乾燥するって!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

ダニエラという女

325875_002
325875_006今日はお昼で会社も終わり。夕方から今年最後の映画を見に行った。
2館で上映中の「ダニエラという女」。フランス映画で、主演はイタリアの宝石モニカ・ベルッチ。
いやぁ、筋書きはしょうもないけど、モニカ・ベルッチ様のためにあるような映画。男の妄想をどこまで映像化できるか突き詰めたような内容です。この方の美しさはたまりませんね。ボリューム感、最高です。横顔もビューティフル。
豊満と肥満の境目って何だろうって思いましたが、この映画の前に出産していたようですね、モニカ様。なら仕方ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

あー、退屈。

Hanaakubiふぁ〜、暖かいし、ヒマだにゃー。by猫


おいおい、外の猫はみんな凍えてるぞー。by飼い主

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

ベスパP200E来る

Vespap2002
Vespap200ベスパP200Eが来た!そしてとうとうイタリア車6輪生活。
SRXを失ってから、次のバイクをずっと検討していました。ベスパを買おうといろいろショップの情報を見たりしていたのですが、どこにもない! 50ccならあるんですけど、150とか200とかはまず出て来ない。
そんな中、会社の人と飲みに行った時に「おれベスパ乗ってるんだよ。最近もう乗ってないからどう?」って、言われたんです。もちろん即OK。買い取るわけではなく、無期限レンタルで借りてきました。
年式は何と84年式。ボディもそうとう錆びてます。でもエンジンはキック一発でなかなか快調。2ストのいい音がしてます。今日は埼玉から私の自宅に乗って帰っただけですが、ベスパ特有のグリップシフトにはまだ慣れず、途中何度もエンストしては、キックでエンジンかけなおすことに。ブレーキはリアしか効かないし、慣れるのはまだちょっと時間がかかりそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

ついに寝場所無くなる

Hanaandtelevision
Hanabakuうちの猫達が毎日くつろいで寝てる場所「テレビの上」がついになくなりました。我が家では薄型液晶テレビを買ってしまったのです。古いブラウンン管テレビはさっさと持って行かれてしまいました。そうと気づかず、みんなテレビの周りに来ますが、なんか不審な感じを察しています。きょろきょろ見回しますが、載れる場所がありません。背中にもいじけた感じがします…。若干かわいそう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

引退した車たち

Photo
Photo_1先日のデルタOFF会のあと、蕎麦屋に行く道すがら発見していた車を目指して道を引き返した(いきなり曲がったので特務曹長さんには勘違いをさせてしまいましたね)。廃車発見隊の私としては見過ごせない車があったのです。
その車はと言えば、まず上の「日産(プリンス)クリッパー」。もはや絶滅種ですが、私の小さい頃はバキュームカー他特殊車両として活躍していました。この楕円4つのグリルが印象深いトラックです。この佇まいからして、まだ動いてそうな気配です。農家の何かの作業に役立っていそうな感じ。
続いて、「マツダキャロル」。これは完全に土に還ろうとしていますが、周りの草むら加減がフォトジェニックな感じです。いい雰囲気で朽ちています。
この日1日で2台の収穫でした。デルタカップより熱くなってしまった私です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

イームズDSW

EameschairイームズチェアのDSW。樹脂製の座面と、木製の足。異なる素材を見事に融合して、シンプルながら、可愛らしさと存在感をもつ椅子の傑作です。
以前から欲しかったのですが、これはハーマンミラー社のものではなく、某ネット通販サイトで買ったパッチもんです。でもデザインはまったくのホンモノ同様。しかもお安く買えました。
白色が希望だったんですけどね。売り切れちゃって、グレーを買いました。
椅子っていろいろ欲しくなっちゃいますけど、場所とりますし、滅多に壊れないし、決断が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

007カジノロワイヤル

007casinoroyale昨日、007の新作「カジノロワイヤル」を見に行った。
007を見始めたのは前任者ピアーズ・ブロスナンの時。彼の時代で007は格段に面白くなりましたね。まあ、それまでも面白かったのは面白かったんですが、古くささを禁じ得ませんでした。でも、最近はオープニングをはじめ、洗練されてきてかっこいい作品になってきました。
主役がダニエル・クレイグになって、どんなもんかなあと思っていましたが、TV出演する彼を見る限り、とっても気さくな人。劇中でも、いい体を披露して、ダブルオーに命名された頃の若かりし007を好演していました。(若いといってもそんなに若くないと思うんですけど。)
今回は007的ギミックに富んだボンドカーとかが出てくるわけでなく、敵とのカードゲームやボンドガールとの恋愛に焦点をおいた、ちょっと人間的ストーリーが中心になっています。これまでのからくり仕掛けな趣向に限界が来たのかもしれませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »