« 一押しのドラマ | トップページ | 南アフリカワイン »

2006年9月 9日 (土)

ついに復活…

Newspaper今日日経を読んだ方はこの記事に目を引かれたと思いますが、私も久々に日経に興奮しました。ランチアの正規ディーラーが東京・大阪にできるそうです。ま、いまさらランチアで新車を購入することもないでしょうが、ディーラーがあるメーカーと思えるだけで嬉しいですね。Newデルタは08年発売らしいですが、右ハンも用意されるらしいです。かなりの力の入れようです。景気上向きで高級路線が行けると踏んでいるのでしょう。でもいまのランチアが売れるかなあ…?。

|

« 一押しのドラマ | トップページ | 南アフリカワイン »

コメント

おお。頑張れ!ディーラーと応援したくなります。
と同時に、景気回復も実感してしまいます。

投稿: temomi-ken | 2006年9月 9日 (土) 00時31分

確かに景気の浮き沈みに左右されやすい車ですね。バブル崩壊と共に消え、そして復活。でも日本人はやっぱり「ランチア」はスポーツのイメージを持っているでしょうから、たくさん売るにはNewデルタがいい車でないとね。

投稿: ぼーちゃん | 2006年9月 9日 (土) 01時23分

はじめまして piccolo といいます。
とはいえ、神野さんの所でちょくちょくお見かけしているので、
あまり「はじめまして」な気はしないんですけどね(失礼&笑)
確かに一般的な日本人にランチアが受け入れられるのかは「?」ですよね~。
世間を見てると思うんですよ。
日本人の高級感って、上質を味わいたいんじゃ無くて、見栄を張りたいだけなんじゃないかって。
そうだとすると、名前があまり売れていないランチアには厳しいですよね。
やはり、もう一度フェラーリエンジンを載せて、
それを大々的に宣伝するくらいはやらないと・・・。

投稿: piccolo | 2006年9月 9日 (土) 22時32分

コメントとはいえ人のブログで自分の名前を見つけると照れくさいけど嬉しいものですね。
本国イタリアならいざ知らず、日本でランチア=高級車という感覚は希薄ですよね。
ディーラーが出来て知名度や販売台数が上がるのは勿論嬉しいのですが
それよりWRCに本格参戦するべく最強のラリー市販車を開発して欲しいものです。

投稿: 神野 | 2006年9月 9日 (土) 23時34分

>piccoloさん
いつもお目にかかってます(笑)。
>日本人の高級感って、上質を味わいたいんじゃ無くて、見栄を張りたいだけなんじゃないかって。
そうなんですよ。それでレクサスも苦戦してるんですよね。
同じ路線のブランドじゃ、ドイツ勢に負けちゃいますよ。高級+走りとか、高級+αの何かがないと厳しいのが目に見えますね。

>神野さん
>本国イタリアならいざ知らず、日本でランチア=高級車という感覚は希薄ですよね。
本国でもどうなんでしょうね。みんなラリー界の雄を期待してるような気がしてなりません。高級路線ならマセラッティもありますしね。
フィアット車じゃなくて、ランチアブランドで参戦すればいいのにと思います。
フィアットグループのマーケティング、頑張ってくれよ!

投稿: ぼーちゃん | 2006年9月10日 (日) 00時44分

今現在だと、マセラティの方が断然スポーツ色強いですよね~(笑い?泣き?)
昨今は、ランエボ/インプが人気なので、
WRCに復帰すれば確かに日本での知名度は上がるでしょうね。
でもその結果で、おそらく主力となるであろう上級車種が売れるかどうかは「・・・?」
WRカーというカテゴリーの下で、ヨーロッパのメーカーが
最強のラリー市販車を作れるかどうかも「???」ですしね~。
あと、下手に過去の栄光が有るので、ハードル高いですよー!(笑)
半端な成績じゃ納得せんでしょ!ファンは。

投稿: piccolo | 2006年9月10日 (日) 20時21分

う〜ん、確かに。ランチアで参戦した車がボロボロだったら、格好悪い。そんな姿はファンもメーカーも望まないですしね。フィアットでちょっと下地作りしてもらってその後…って虫のいいことを考えたりしました。

投稿: ぼーちゃん | 2006年9月10日 (日) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110510/11814813

この記事へのトラックバック一覧です: ついに復活…:

« 一押しのドラマ | トップページ | 南アフリカワイン »