2016年11月 7日 (月)

10年ぶりの蕎麦屋オフ会








10年前の11月、私の記憶では9台が初めて集まったオフ会が開かれた。メンバーは神野さん、ぱぉ〜んさん、特務曹長さん、たらいさん、uehara課長、走象さん、荒井さん、nakamuraさん、私。世にブログというものが出始め、ネットで知り合ったデルタ乗りが初めて顔を合わせた日だ。私はその数年前にデルタを買っていたが、リアルな仲間を作ったのはその時が初めてだった。

そして、2016年11月、再び同じ店に集まった我々。なんと執念深いのか、そのうち3人はまだ乗っているのだ。何人かメンバーも増え(来なかった人もいるが)、懐かしく、そして今だに乗っている人たちの愛着が羨ましい日でもあった。

蕎麦屋は繁盛店に変わり、人間は10歳歳を重ね、家族構成が変わった者もいるが、デルタは輝きを失わなかった。

そんな秋の一日。

| | コメント (6)

2014年2月22日 (土)

新たな家族

今日はニャンコの日ですね。うちにもこないだ青い目のちっちゃい子が来ました。名前はルルです。時々プルルルって鳴いてるのでルル。シャムっぽい雑種です。久々に遊び盛りな子が来て、毎日忙しいです。(遊んだり、追っ払ったり、叱ったり。)

20140222ruru2

20140211cat

20140222ruru1

| | コメント (5)

蔵王(2/9,10山行)

そして今年3度目の山行は蔵王。前日2/8は大雪の日で、新幹線がどうなるか心配だったのですが、予約してた便は運休にならずに無事に行けました。

蔵王といえばスキーですが、今回はスノーシューでの登山。スキーもしたかったですけど、宮城蔵王の樹氷群を見るのが目的だったので、時間の制約もあり登山のみとなりました。

初日(2/9)は宮城蔵王えぼしスキー場の周辺を歩くスノーシューコース。スキーヤーの乗るゴンドラに乗って、山の上部へ。踏みあとがないところでもスノーシューなら入って行けます。足が沈むのは膝くらいまで。軽い雪を踏みつけながら坂を下って進みます。
20140209zao1_2
熊の登った跡。もちろん冬は冬眠中ですが。

20140209zao2

この日のゴールは氷結の滝。小さい滝ですが、凍っているとそれなりに迫力があります。

20140209zao3

20140209zao4
今日見た鳥:コガラ
今日の山食:スキー場のハンバーグ定食


そして2日目(2/10)はすみかわスノーパーク。このゲレンデの上部に樹氷群があります。雪上車がたくさん並んでいますが、我々は乗りません。

20140210zao1

リフトを3本乗り継ぎ、途中から林道へ。こんな道を進みます。

20140210zao2

雪上はどこを歩いても基本的に同じですので、ショートカットして雪の斜面を登ります。今日もスノーシューです。樹氷は1月は大きく育っていたようですが、2月に入ってからの暖かさで一度溶けてしまったようです。残念。

20140210zao3
樹氷群を過ぎると、樹林がなくなり、暴風の稜線に出ます。ほんの100m程度の高度差ですが、樹氷のある辺りとはまるで違う世界です。そして蔵王連峰の刈田岳山頂へ。蔵王はたくさんの山が連なる連峰で、  刈田岳はその1つです。下の何だかわからない固まりは山頂の熊野神社のお社です。

20140210zao4_2
20140210zao5_2

厳寒の山頂はさっさと離れ、再び樹林帯へ。こんな子供のモンスターが。

20140210zao6

最後は再びゲレンデに出て、スキーのコースを歩いて下って行きます。約6時間の行程でした。

20140210zao7

今日見た鳥:なし
今日の山食:オーガニックバーなど

| | コメント (0)

霧ヶ峰(2/1山行)

2014年2度目の山行は霧ヶ峰。スノーシューハイキングです。霧ヶ峰は一度夏に行って、今回二度目。夏と冬の景色の違いを楽しみにしていました。違いはこんな感じ。

夏の景色
P7221648
今回
P2010116
夏はニッコウキスゲの咲く高原が、冬はまったく何も無いただの雪原と化します。

今回は長野県山岳総合センターのイベント。30名ほどで霧ヶ峰山頂の車山まで歩きました。この日も雪が最後に降ってから晴天がつづいていたので、表面が硬く、中がスカスカのもなか雪。トレース以外を歩くと膝くらいまでもぐる状態の雪質でした。

P2010072
P2010095

天気はよいですが稜線に出るとものすごい風です。冬山の厳しさを少し味わう事ができます。

P2010114

山頂にて。

P2010141_2

風の強い場所にはシュカブラ(雪の風紋)がきれいに出来ています。

P2010145
きつねの足跡と糞。 
P2010094

霧ヶ峰にきたらココ。真澄で有名な諏訪の宮坂酒造。ここに寄らずに帰る手はありません。とってもおしゃれな直営店舗です。もちろん買って帰りましたよ。

20140201masumi

今日見た鳥:なし
今日の山食:菓子パン、下山後ラーメン

| | コメント (0)

伊豆ヶ岳(1/19山行)

今年一度も更新せぬまま2月後半となってしまいました。

今年初の登山は1/19の伊豆ヶ岳。いまは雪に埋もれていると思いますが、この時はほんのわずかな雪です。前日に少し雪が舞ったようですが、天気は快晴。ただ、すごく寒い日でした。

この日は年末に八ヶ岳でご一緒した方達と再び山に行く事になり、同行させていただきました。

スタートは正丸駅で、まずは伊豆ヶ岳山頂へ。

20140119izugatake
ここから秩父の峰々を西吾野駅に向けて縦走します。お昼は古御岳で同行した方のお手製によるチーズフォンデュをいただきました。寒い日だったし、うまかった!

20140119izugatake2
伊豆ヶ岳からずっと歩いた山々です。

20140119izugatake6
伊豆ヶ岳の名物と言えば、以前私の行ったジンギスカンとうどんなんですが、今回はルートの都合上、うどんを食べに行きました。山を少し下りたところにある浅見茶屋というお店です。雰囲気のよい古風な感じの店でした。

20140119izugatake7
20140119izugatake8
そしてうどんは評判通りの絶品!なかなか食べられないお味でしたよ。
20140119izugatake10
帰りは秩父鉄道の西吾野駅から正丸駅へ戻り、車で帰りました。

| | コメント (2)

2013年12月29日 (日)

最近の山(12/1三ツ峠山、12/14八ヶ岳)

今月出かけた山は2つ。

12/1に行ったのは山梨県の三ツ峠山。富士山の眺望が素晴らしい山ですが、この日に天気は最高!富士山もよく見渡せました。

20131201mitsutoge7

20131201fujisan


そして最近行ったのは12/14-15に1泊で行った八ヶ岳。山小屋のクリスマスイベントに向けて出かけました。もちろん山はもう雪です。高見石小屋という、比較的アプローチも楽な山小屋ではありますが、なにせ冬。-10℃くらいの中を2時間ほど歩いてゆきます…。
20131214yatsugatake2
20131214yatsugatake1
20131215yatsugatake3

小屋には70人近くのお客さんが集まり、まずは生もみの木にローソクの明かり点灯!そして普段の食事が終わって、さらにご覧のようなパーティーメニューが。いつもなら20時頃消灯になる山小屋もこの日は23時まで盛り上がりました。
20131214takamiishi
20131214takamiishi2

| | コメント (4)

さよならディフェンダー

このブログももう1ヶ月以上放置のままでしたが、その間、車が変わりました。

けっきょく2年に満たない月日で終わってしまいましたが、あまりメインテナンスの費用をかけなかったので徐々に修理箇所が蓄積してしまい、いま支払える限度を超えてしまったので、いったん手放す事にしたのです。主に壊れたところは水漏れ関連でしたが、思った以上に買い取り価格が高かったので助かりました。

ま、いずれまたディフェンダーなりランドローバーなり乗りたいなぁと思ってはいるので、またお世話になるかもしれない専門店に売ることに…。お別れの写真。
20131117defender

乗ったのは1年10ヶ月、約12,000kmでした。あまりオフロードも走らせてやれず、ごめん!
20131117difender

で、新しい車はこちらです。初の日本車、レギュラーガソリンです。だーいぶふつーな車ですが、もともと家族が乗っていた車を譲ってもらったのです。ま、雪山も行けるし、しばらくこれに乗る事といたしました。それにしてもヒーター、クーラーが普通に使える車ってのはありがたいですなぁ。

20131229forester

| | コメント (6)

2013年11月10日 (日)

高尾山(11/9山行)

久々の高尾山です。紅葉目当てでかなりの人出がありました。私は来週、友人やご家族連れの方々を案内するので、道の様子やトイレなどを下見に行ってきました。

山は少し紅葉していますが、もともと広葉樹がそれほどない山ですので、皆が思う程の紅葉はありません。
20131109takaosan1
山頂はこんな感じです。前の週の三連休はすごい人だったようですが、まだ朝も早いせいかそれほどでもなかったですね。(9:20頃)
20131109takaosan2
やっぱ楽しみはこれですよね。もみじまつりってことで地酒の屋台が出てました。
20131109takaosan3
これがうまいんですね。
20131109takaosan4
今回はお昼を食べる予定の広場だけ確認してすぐ下りました。下山中、四つ足の動物がすぐ先を走り去ったんですが、何だか確認できませんでした。残念…。

今日見た鳥:アカゲラ、キビタキ、シジュウカラ、
今日の山食:お昼なし(お酒のみ一杯)

| | コメント (0)

武甲山(11/2山行)

更新が途切れ途切れになってしまいますが、11/2は秩父の名峰、武甲山へ。紅葉の季節ではありますが、ちょっと早かったようで、それほどでもありませんでした(> <)

武甲山は石灰石の山。山肌は削られ、痛々しい姿となっているのですがこの日は山頂付近がガス。全容はちょっと見えていません。
20131102bukousan
登山道まで向かう道はセメント会社の工場が立ち並んでいます。
20131102bukousan1
残念ながら山頂は真っ白いガスの中。本来なら秩父市内が一望できる展望台からは真っ白なものしか見えなかったのでした。
20131102bukousan2
ふもとには雨水で石灰石が削られた鍾乳洞があり、縦穴のけっこう深い穴で、なかなか楽しませてもらいました。
20131102bukousan5

今日見た鳥:アトリ(の群れ)
今日の山食:ラーメン

| | コメント (0)

バードカービングコンクール

さる10月22日〜27日、バードカービングの全日本コンクールがありました。クラスはビギナーからマスターズまで5階級あり、初出品の私は初級クラスに参加いたしました。

会場は東京都美術館です。

Pa278504

私が作ったのは高山の鳥、雷鳥です。2年半くらいかかって製作しました。 
20130912raicho

私は初級クラスのCグループ(キジとかカワセミの仲間)に出品しまして、17作品中の3位でした。どちらかというと小さい鳥(スズメの仲間)を製作する方が多く、このグループはちょっと少なめではありましたが、3位に入れてよかったです! ちなみにコンクール全作品中で、雷鳥は私のだけでした。
Pa278442

全体での総合1位は私の先生である水上さんのキクイタダキです。
Pa278472_2

大きい作品の並みいるなか、日本最小の鳥、キクイタダキでの優勝です。
Pa278469

他の作品は著作権もありますので紹介いたしませんが、どれも力作ばかり。いまより上のクラスに行くのもなかなか厳しいですね。

| | コメント (2)

2013年9月29日 (日)

あの日の夕焼け

9月16日、台風一過。この日、いい夕焼けが出ましたね。

P9167928
P9167929
P9167931
P9167932
P9167933
P9167935

| | コメント (0)

乗鞍岳(9/26山行)

9月26日は平日ですが、会社を1日休み、日帰りで乗鞍岳へ。
なぜかというと、この日長野県山岳総合センター主催の雷鳥観察会があったためです。講師は信州大学名誉教授の中村浩志先生。雷鳥研究の第一人者の方です。私は著書もたくさん読んでいるので、この日の講座を楽しみにしていました。

この日、関東は曇り空でしたが、乗鞍岳は3000m。雲上の世界で、完璧なまでの快晴でした。
真ん中で挨拶をするのが中村先生。手にしている棒は雷鳥に識別票を付けるときに捕まえるための道具です。(この日は使いませんでしたが)

P9267961

先生に案内されて雷鳥の住む地帯へ行きます。普段は登山道の外で入っては行けない場所も今日だけはOKです。
P9267975
P9268142
この日は2羽ほど雷鳥がいたので、参加者で取り囲んで撮影会。周りにたくさんの人がいてやや困惑気味です。
P9268154

雷鳥の観察後は山頂へ。スタート地点が2700mくらいなのでたいして登る訳ではないですが、乗鞍岳は3000m級の立派な山です。
P9268016

元火山ですので、火口湖がいくつかあり、これは山頂近くの権現池です。
P9268048

そして山頂(3026m)にて。百名山の1峰です。最高な天気だったのはほんとこの時間まで。このあと一気にガスが登ってきました。
P9268027

遠くには槍ヶ岳も望めます。
P9268169

バス停の畳平まで降りてきたらもうこんなんです。あっという間の天候変化。しかもすっごく寒い。
P9268058

雷鳥と展望を楽しんだ一日でした。

今日見た鳥:雷鳥、イワヒバリ
今日の山食:パン、おにぎり

| | コメント (2)

2013年9月28日 (土)

鹿島槍ヶ岳(9/14-15山行)

台風の近づいていた9/14〜15に北アルプス・鹿島槍ヶ岳へ行きました。

メンバーはいつもの山仲間女子2名とそのお知り合いの男性2名、私含め計5名のパーティーです。ルートは扇沢→爺ケ岳→冷池山荘(1泊)→鹿島槍ヶ岳です。本当は鹿島槍から五竜岳を越え、唐松岳まで行く予定でしたが、台風接近に伴い16日の天候はかなり悪いと予想されたので、15日のうちに降りる事にしました。

縦走で最初に登るのは爺ケ岳。100名山ではありませんが展望が素晴らしい山です。雷鳥もたくさんいます。
P9147809
P9147854

ここからは明日の登頂予定の鹿島槍ヶ岳もよく見えます。鹿島槍は二つのピークを持つ双耳峰。
すでに高山では紅葉が始まっていて、カエデの仲間が赤く色づいてました。
P9147812

別の方角には劔岳も望めますね。荒々しい岩山です。
P9147813

宿泊はここ、冷池(つめたいけ)山荘。
P9147865

そして夕飯までの5時間の間は他のグループも混ざっての宴会でした。昼間から…。
P9142325
翌朝は天候を見ながら出発しましたが、風は強いものの雨はさほど降らず、鹿島槍ヶ岳まで向かいました。
P9157833

山頂(2889m)にて。残念ながら展望はなかったです。
P9157844

そして帰路へ。この悪天なので、実は雷鳥日和。この日だけで10羽くらい見ました。
P9157872
P9157890
P9157906
P9157908

最後に種池山荘にてラーメンを食べ、登山口へともどりました。
P9152395
P9152397
この日下山を選択したのは正解で、翌朝には中部・近畿を中心に台風18号でずいぶん被害がありましたね。

今日見た鳥:雷鳥、イワヒバリ、ホシガラス
今日の山食:朝 インスタントパスタ
      昼 ラーメン

| | コメント (0)

«前穂高・奥穂高(8/25-27山行)後半